虫ん坊

手塚マンガあの日あの時+(プラス)『鉄腕アトム』の代筆作家を調査せよ!! 第1回:あの大マンガ家もアトムを描いていた!!

2020/12/18

『鉄腕アトム』の代筆作家を調査せよ!! 第1回:あの大マンガ家もアトムを描いていた!!

写真と文/黒沢哲哉

 手塚治虫の代表作のひとつである『鉄腕アトム』。このマンガが大ヒットしたのは1950年代から60年代にかけてのことだ。そのころ手塚は雑誌連載を複数抱え、超多忙をきわめていた。だが多くの読者が心待ちにしている人気作品『鉄腕アトム』の連載を止めるわけにはいかない。そこで有名無名数多くのマンガ家がピンチヒッターとして『鉄腕アトム』の執筆を手伝った。今回から3回にわたり、そんな『鉄腕アトム』の代筆作家を深堀りしてみることにした! 子どもたちが『鉄腕アトム』に夢中になっていたあのころ、舞台裏でどんな人々が手塚治虫を助けていたのか、こっそりと覗いてみよう!!


◎『鉄腕アトム』を手伝った大物作家とは!?

『鉄腕アトム』といえば少年ロボット・アトムが大活躍する手塚マンガの代表作である。その最初の連載は光文社の雑誌『少年』1952年4月にから始まり同誌の休刊号である1968年3月号まで続いた。

『鉄腕アトム』の連載が始まったのは、手塚が東京の雑誌で本格的に活動を始めてまだ数年しかたっていない時期である。常勤のアシスタントはおらず作品の執筆は手塚がすべてひとりでやっていた。そしていよいよ締め切りが厳しくなってくると、若手のマンガ家やマンガ家の卵に臨時で応援を依頼していたのだ。

 そうして手塚マンガの執筆を手伝った人の中には、その後超大物作家となった人も少なくない。

◎その紅顔の少年は東北宮城からやってきた!

 そんな時代に『鉄腕アトム』の助っ人として駆り出された代筆作家のひとり目を紹介しよう。その人物は当時まだプロのマンガ家ではなく、マンガ家目指して雑誌にせっせと投稿を続けている高校生の少年だった。その少年の名前は小野寺章太郎、後の石森章太郎(石ノ森章太郎)である。

 電話も普及していなかった当時、手塚は宮城県在住の小野寺少年に電報でアシスタントを依頼、ほどなくして詰め襟の学生服を着たニキビ顔の少年が上京してきた。

 その時、手塚が彼に依頼したのは、『少年』55年1月号に別冊付録として付けられる予定の「電光人間の巻」で背景を描いてもらう仕事だった。ここからの経緯は後年の石ノ森のエッセイから引用しよう。

09_atom_daihitsu_01-01a.jpg

09_atom_daihitsu_01-01b.jpg

後年出版された単行本の前書きマンガより。手塚は当時まだ高校生だった石ノ森章太郎少年に別冊付録「電光人間の巻」のアシスタントを依頼したのだが......画像は立東舎刊『鉄腕アトム プロローグ集成』より(初出はサンコミックス版『鉄腕アトム』第15巻)

09_atom_daihitsu_01-01c.jpg

『鉄腕アトム プロローグ集成』(2019年、立東舎、B5320ページ、定価3,200円+税)。サンコミックス版『鉄腕アトム』で描きおろされた手塚自身による解説マンガを全収録。その他『鉄腕アトム』の貴重な未発表原稿などを多数収録。

◎アトムの原稿を故郷へ持ち帰った小野寺少年は...!!

「二年の春。

 突如、手塚先生から電報が舞い込む。シゴ トヲテツダ ツテホシイという。尊敬する人気マンガ家からのアシスタント依頼! 驚喜して直ぐさま(学校を休み)上京。(中略)

 手伝うのは[鉄腕アトム]の附録"電光人間の巻"だという。

 しかし、待機するも──肝心の原稿が中々届かない。担当編集者の話から推察すると、どうやら他社の別の原稿と並行で描いているらしい」

 小野寺少年は学校を休んでまで上京しているのに、こうしてほとんど仕事を手伝えないまま時間だけが過ぎていった。そして数日が経過したところで学校のことが不安になってきた小野寺少年は編集者にこう切り出した。

...何枚か下描きを纏めてもらって、それを持って家へ帰りたいんですが......。家でやって、出来次第すぐに返事しますから...。実は──明後日から中間テストがあるんです」(石森章太郎著『章説・トキワ荘・春』(1981年、スコラ/講談社刊)

09_atom_daihitsu_01-02.jpg
石ノ森章太郎の自伝エッセイ『章説・トキワ荘・春』(1981年、スコラ/講談社刊)。『鉄腕アトム』代筆の顛末が詳しく書かれている)

09_atom_daihitsu_01-03.jpg

石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』。画像は『冒険王』19688月号の別冊付録

◎期せずして手塚・石森の合作となった『鉄腕アトム』!

 こうして小野寺少年は手塚の下描きを持って宮城へ帰っていった。ところが締め切りが迫っても一向に小野寺少年から原稿が届かない。心配しているところへようやく届いた原稿を見て手塚は驚いた。原稿には背景だけでなく人物までしっかりとペン入れがされていたのだ。

 一部の絵は手塚があわてて描きなおしたようだが、小野寺少年の絵になる部分も多々残されており、『鉄腕アトム』「電光人間の巻」は、期せずして手塚治虫と(後の)石ノ森章太郎との合作となってしまったのである。

 石ノ森章太郎は前出のエッセイの中で、後日談をこう記している。

「アトムやヒゲオヤジまでペン入れされた返送原稿を見て、いやァタマゲタ、と言うのを後に聞く。かえって大変だったのだ、とも──。それはそうだろう。クセの強い石森アトム、石森ヒゲオヤジでは、なおさざるを得ないのだから......

09_atom_daihitsu_01-04.jpg

石ノ森章太郎が代筆をした『少年』19551月号別冊付録の『鉄腕アトム』「電光人間の巻」。以下、同別冊付録の画像はジェネオン刊『鉄腕アトム オリジナル版 復刻大全集』より

09_atom_daihitsu_01-05.jpg

09_atom_daihitsu_01-06.jpg

手塚が石ノ森の代筆だと紹介したカット。群衆ひとりひとりの表情までがていねいに描かれている

09_atom_daihitsu_01-07a.jpg

09_atom_daihitsu_01-07b.jpg

上が初出の別冊付録版で、下が講談社版手塚治虫漫画全集版より。影のタッチなどを見ると、この一連のカットは石ノ森によるものではないかと思っている。ただし全集版では電話をかけるヒゲオヤジの表情が描き変えられている

09_atom_daihitsu_01-08a.jpg

09_atom_daihitsu_01-08b.jpg

同じく上が初出の別冊付録版で、下が講談社版手塚治虫漫画全集版。単行本でカットされたコマと生かされたコマがあるが、生かされたコマにも細部に修正がほどこされている

09_atom_daihitsu_01-09a.jpg

09_atom_daihitsu_01-09b.jpg

09_atom_daihitsu_01-09c.jpg

こちらも別冊付録版と講談社版手塚治虫漫画全集版の比較

09_atom_daihitsu_01-10a.jpg

09_atom_daihitsu_01-10b.jpg

黒沢が見て、石ノ森の手になる部分が多く含まれている(と思われる)ページを抜き出してみた。それぞれのコマのタッチに注目していただきたい

09_atom_daihitsu_01-12a.jpg

09_atom_daihitsu_01-12b.jpg

『ボクのまんが記』(『鉄腕アトムクラブ』196611月号)より。石ノ森の代筆や、これから紹介する横山光輝のアシスタントについて紹介している

◎『鉄人28号』の作家がアトムとコラボ!?

 さて、続いてもうひとり、後の大物マンガ家が作画を手伝った『鉄腕アトム』を紹介しよう。その大物マンガ家とは横山光輝である。横山光輝が手伝ったのは1956年8月号から11月号にかけて連載された「ミドロが沼の巻(連載時タイトル:美土路沼事件の巻)」だ。

 横山光輝はこの前年の1955年3月に単行本『音無しの剣』(東光堂)でデビューしたばかりの新人だったが、それ以前にもいくつかの短編を発表しており、手塚もその才能にはすでに注目していた。

 そして同年、手塚が過去に描いた短編『ターザンの洞窟』『海流発電』『黄金都市』の3作品を横山がリメイクして雑誌『少年』に発表するという、手塚としては異例の"合作"も行っていた。

09_atom_daihitsu_01-13.jpg

横山光輝の出世作『鉄人28号』。画像はカッパコミクス版『鉄人28号』第2巻(1964年、光文社刊)

09_atom_daihitsu_01-14a.jpg

09_atom_daihitsu_01-14b.jpg

09_atom_daihitsu_01-14c.jpg

09_atom_daihitsu_01-14d.jpg

新人時代の横山光輝が手塚治虫の旧作をリメイクした幻のコラボ作品群。2010年に小学館クリエイティブから単行本化された。画像はその単行本『黄金都市』より

09_atom_daihitsu_01-15.jpg

『鉄人28号』で大ブレイクする直前の横山光輝がアシスタントを務めた『鉄腕アトム』「美土路沼事件の巻」。1コマ目の霧の描き方が横山タッチによく似ているが、このコマも横山の手によるものだろうか。以下、同作品の画像はすべてジェネオン刊『鉄腕アトム オリジナル版 復刻大全集』より

◎横山タッチを探してみよう!?

 その横山に「ミドロが沼の巻」の応援を依頼したのも彼を十分に信頼していたからだろう。横山はこの依頼をそつなくこなしたようだ。この当時の横山の絵は手塚の影響がかなり強く残っていたから、予備知識なく見ていたら横山が手伝っていることすら気づかないだろう。

 だがそのつもりで各コマを詳細に見ていくと、後の横山タッチに通じる人物や風景が随所に見られて楽しい。横山ファンの方はぜひ各コマを凝視して彼の手になる絵を探してみていただきたい。

 この「ミドロが沼の巻」の仕事ぶりから、恐らく手塚は横山がまだ新人のうちは、今後も『アトム』の作画を手伝ってもらいたいと考えていたに違いない。

 ところが横山は「ミドロが沼」を手伝った翌年『少年』1956年7月号から『鉄人28号』の連載をスタートさせた。するとこの作品がたちまち大ヒットし『鉄腕アトム』と並ぶ『少年』の2大看板作品のひとつとなった。

 そのため横山が『鉄腕アトム』を手伝ったのは、後にも先にもこの「ミドロが沼の巻」ただ1話きりだったのである。

09_atom_daihitsu_01-16.jpg

3段目の左端のコマが、手塚が横山の代筆だとしているコマだ。他のコマのキャラクターも、ぷっくりした腕の描き方が横山タッチのように見える

09_atom_daihitsu_01-17.jpg

09_atom_daihitsu_01-18.jpg

その他、横山光輝の手が入っていると思われるページを抜き出してみた。判定は皆さんにおまかせしたい


黒沢哲哉


1957年東京生まれ。マンガ原作家、フリーライター。
手塚マンガとの出会いは『鉄腕アトム』。以来40数年にわたり昭和のマンガと駄菓子屋おもちゃを収集。昭和レトロ関連の単行本や記事等を多数手がける。手塚治虫ファンクラブ(第1期)会員番号364番


手塚マンガあの日あの時+(プラス)

■バックナンバー

第1回:手塚ファン1,000人が集結! 手塚治虫ファン大会開催!!

第2回:ファン大会再び! 手塚治虫、アトム復活にかける思いを語る!!

第3回:ブレーメン4の夏、九段会館は暑かった!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第1回:手塚治虫を自然科学に目覚めさせた1冊の本!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第2回:手塚治虫が習作時代に影響を受けた幻のマンガ!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第3回:手塚SFに多大な影響を与えた古典ファンタジーの傑作とは!?

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第1回:『鉄腕アトム』に出てきた謎のおじさんの正体は!?

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第2回:地球調査隊が出会った"テレビっ子"少年!!

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第3回:カラーテレビ時代の幕開けに登場した不謹慎番組とは!?

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第1回:世相と流行を知ると2倍楽しめる!!

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第2回:キャラクターの元ネタを探ると4倍楽しめる!!

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第3回:ニュースの真相を知ると8倍楽しめる!!

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第1回:1960-70年代の新宿を闊歩していたフーテンとは!?

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第2回:政治、カネ、そしてストレス!!

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第3回:日本沈没とノストラダムス

不思議生物"ママー"の世界!! 第1回:ママーはあなたの本音を代弁してくれる!?

不思議生物"ママー"の世界!! 第2回:大発見! 「日本の国土ッ」は"ママー語"だった!!

不思議生物"ママー"の世界!! 第3回:ママーのルーツは咳止め薬だった!?

手塚マンガの復刻新時代を斬る!! 第1回:雑誌連載版『アドルフに告ぐ』復刻の意味!!

手塚マンガの復刻新時代を斬る!! 第2回:手塚復刻本、ブックデザインの秘密に迫る!!

手塚マンガの復刻新時代を斬る!! 第3回:手作り感満載の復刻本、刊行の秘密に迫る!!

『ばるぼら』に描かれた幻想の東京をさんぽする!! 第1回:あのころ、新宿は喧騒に包まれていた!!

『ばるぼら』に描かれた幻想の東京をさんぽする!! 第1回:あのころ、新宿は喧騒に包まれていた!!

『ばるぼら』に描かれた幻想の東京をさんぽする!! 第2回:歌舞伎町五丁目にその店はあった!!

『ばるぼら』に描かれた幻想の東京をさんぽする!! 第3回:下水道迷宮の行きつく先は──!?


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ

TAG