虫ん坊

手塚マンガあの日あの時+(プラス) 不思議生物"ママー"の世界!! 第3回:ママーのルーツは咳止め薬だった!?

2020/05/22

不思議生物"ママー"の世界!! 第3回:ママーのルーツは咳止め薬だった!?

 手塚治虫のマンガの片隅にちょくちょくと顔を出す謎生物"ママー"。その正体をあれこれと探ってきたシリーズもついに完結。今回はいよいよママーの正体に迫る! そもそもママーとは何者なのか、手塚治虫はどこからこの奇妙な生物を発想したのか!? さらにはママーが登場する手塚マンガを総ざらいします。あんなところやこんなところに顔を出していたママーにあらためて注目していただこう!! それでは皆さん、心の準備はいいですかー!? 「ハハウイ ウハハイ ウハハイ ウイ」(ママー語で「ハイ」の意味)。


◎ママーのルーツは虫クダシ!?

 前回の手塚プロ資料室・田中創さんからもたらされた情報で、謎生物ママーには国家があって国語もあることが判明した。

 だがそもそも"ママー"という謎生物を手塚はいつどこで発想したのだろうか。じつはその誕生について、手塚のエッセイにこんな記述がある。中学生時代の思い出を記した一節である。

「そのころ、虫クダシかなんかのクスリの名前にママーというのがあって、そのマークがフクロウみたいなチンマリした小鳥であった。ボクはこれを使って、ママーという独特の生物(?)を発明した。とにかく、ほかの人が見ると、なにがなんだかワケのわからないような生物だったので、どうせ人に見せたっておもしろくないだろうと思って、家でこっそりひとりで描き続けた。この人物(?)は描きやすいとみえて、弟や妹もさかんに描きだした。ママー探偵というのが主役で、わき役に、フーラー博士だの、大僧官だの、ヨッツンだの、クモ男だのを、ゾロゾロと出すマンガのシリーズであった。おもしろいことに、セリフが全部大阪弁であった(これはテレビの関西喜劇なんかのハシリだと思っている)」(講談社版手塚治虫漫画全集『手塚治虫エッセイ集6』より。初出は1965年鈴木出版刊『手塚治虫全集2 0マン1』)

06mamaa03-01.jpg

講談社版手塚治虫漫画全集『手塚治虫エッセイ集6』所収「闇市の温もりから」より。オンボロの宝船に、七福神よろしく当時の手塚オールスターが大集合している。初出は『20歳への提言』(オーシャン・プランニング、1978年刊)

06mamaa03-02.jpg

手塚治虫の未発表の昆虫手帳より。友人たちの名前でママーがクイズを出しているようだ

◎ママーの"本当の"ルーツがついに判明!!

 1993年、この記述を裏付ける「ママー」という商品名の薬の新聞広告が、手塚プロのアニメーター・小林準治さんによって発見され、当時の手塚治虫ファンクラブ会報『手塚ファンmagazineVol.971983年5月10日号)に掲載された。

06mamaa03-03.jpg

『手塚ファンmagazine1983年5月10日号で小林準治さんがスクープ公開した咳止め薬「ママー」の新聞広告。先を越されちゃったけど、悔しくなんかないんだからねっ!

 これによって「ママー」というのがじつは虫下しではなく咳止め薬だったことが明らかとなったのだ。そして確かにその広告にはフクロウのようなデザインの絵が描かれていた。しかしこれを単にフクロウを図案化したものと見ないで、これを元に不思議な生物を考え出してしまう手塚先生の発想力はさすがと言えるだろう。

◎ここで咳止め薬「ママー」の現物をご紹介!!

 一方、じつはぼくも手塚先生のこのエッセイを読んで以来、小林準治さんとは別に、ず~~~っとその元ネタとなった"虫下し"を探していたのだ。同じような手塚ファンはほかにもきっといただろう。ところが悔しいことに、小林さんに先を越されてしまったのである。まさか虫下しではなく咳止め薬だったとは!!

 ともかく、その後、ぼくもその現物(の空き容器)と当時のチラシを入手したのでそれをここで紹介しよう。ぼくが見つけたのは新聞広告ではなくて現物ですよ、現物! エーッヘン!!

06mamaa03-04.jpg

後年、ぼくも「ママー」咳止め薬容器の現物をついに入手! 缶の裏側には錠剤をひと粒ずつ取り出せる小さな丸いフタが付いている

06mamaa03-05a.jpg

06mamaa03-05b.jpg

06mamaa03-05c.jpg

こちらが「ママー」咳止め薬のチラシ。缶のイラストに沿って切り込みが入れてあり、フタが開いて中身が見えるという仕掛けがほどこされている。これを見るとママーは浅田飴のようなドロップだったようですね

06mamaa03-06.jpg

「ママー」が虫下しだと思って探し続けていたころに入手した戦前の虫下し薬「セメンエン」の袋。ここにもママーに似た寄生虫のイラストが描かれていて、いつか「ママー」という虫下しに出会えるに違いないと思っていた(ただしこの絵はむしろブタナギに似ているかも?)

◎ママーが活躍する幻の習作があった!

 こうしてママーという奇妙なキャラクターを生み出した手塚は、このころママーを主役としたマンガをいろいろと描いていたようだ。

 そのうちのひとつが1941年ごろに描かれたと言われている『ママー探偵(タムテイ)モノガタリ』と題された作品だ。鉛筆描きの漫画を自分で綴じて製本したもので現在も手塚プロに保管されている。

06mamaa03-07a.jpg

06mamaa03-07b.jpg

手塚プロに保管されている『ママー探偵モノガタリ』の実物。中学生が作ったとは思えない本格的な製本だ。扉には「4」と書かれていて、1~3があったことをうかがわせる

 これはママーが全編にわたって活躍する大活劇物語であり、手塚のこの当時の習作の中でもかなり力の入った作品だ。『オヤヂの宝島』(1945)、『幽霊男』(1945)など、この時代の習作はいくつかが刊行されているが、この『ママー探偵モノガタリ』もいつかどこかで陽の目を見る機会が待たれる隠れた名作である。

 また題名だけではあるが、今回、この記事のために手塚プロで閲覧させてもらった昆虫手帳のコピーの中にも、ママーが主役と思われる作品の題名が記載されていた。

 それは手塚が1943年~44年にかけて使用していた昆虫手帳で、その中に当時手塚が手がけたマンガや小説、昆虫図鑑などの作品リストが書かれており、そこに『ママーの寶島發見(ママーの宝探し)』と題された漫画のタイトルが記載されている。題名から推測すると恐らくこれも大冒険活劇だったに違いない。

06mamaa03-08.jpg

こちらも未発表の昆虫手帳より。右から4行目に『ママーの宝島發見(ママーの宝探し)』という作品名がある(赤線は黒沢が加筆)

◎これがママーの商業出版デビュー作だ!

 さて、暗い戦争の時代が終わり、戦後間もなくして手塚治虫はプロのマンガ家としてデビューする。ではそれ以後ママーとのつき合いはどうなったのか?

 商業出版された手塚作品で最初にママーが登場するのは1948年に東光堂から刊行された描き下ろし単行本『ターザンの秘密基地』である(講談社版手塚治虫漫画全集など、後年の単行本では『シャリ河の秘密基地』と改題)。

06mamaa03-09.jpg

06mamaa03-10.jpg

1948年東光堂刊『ターザンの秘密基地』表紙(左)と扉絵。表紙は「ターザン」となっており扉では「タアザン」、さらに本編では「タアザ」となっていた。以下、本書の画像はすべて復刻版より

 この作品は、ヒゲオヤジひきいる探検隊がアフリカの奥地へと分け入っていく秘境探検物語としてストーリーが始まる。

 ところが物語の中盤からいきなり流れが変わってSF的な展開となり、月世界人の役でママーが登場してくるのだ。

 なぜいきなり途中から展開が変わったのか。それについては、手塚が講談社版手塚治虫漫画全集のあとがきで次のように書いている。長いので要約すると、おおよそこんないきさつだったようである。

・「ターザン」というのはエドガー=バロウズの原作で、著作権はバロウズと映画会社にある。

・出版社の社長が「ターザン」という名前を使って莫大な著作権料を請求されるのを恐れ、登場人物の名前を"タアザ"に変えてしまった。

・ところが表紙はすでに刷り上がっており、また"タアザ"では売り上げにも影響するということで「ターザン」のまま刊行することにした。

・その結果、表紙だけが"ターザン"で本編は"タアザ"というアンバランスな本になってしまったのである。

 以下、手塚の文章はこう続いている。

「この作品が前半と後半でがらりとムードが違うのはそのためです。後半には『七色いんこ』などに登場するママーという生物(『七色いんこ』ではホンネという名まえ。)がやたらと出てきて、それまでの劇画的な雰囲気をぶちこわしてしまいます。このキャラクターはもともと小学生のころにつくったもので、ほんらいドタバタコメディー用の人物ですから、ジャングルもののバーバリスティックな方向とはおよそ違います」(『シャリ河の秘密基地』所収の講談社版手塚治虫漫画全集『ジャングル魔境』あとがきより)

06mamaa03-11a.jpg

『ターザンの秘密基地』より。ママーが商業マンガ作品に初めて登場した場面

06mamaa03-11b.jpg

『ターザンの秘密基地』より。ママーたちは「月世界人」であると名乗った! 彼らは敵か味方か、彼らが地球へ来た目的は......!?

◎ママーの本格的な活躍は1970年代以降だった!

 こうして妙ないきさつから1940年代の初期作品で商業誌デビューを果たしたママーであるが、なぜかその後ぱったりと出演がなくなる。ママーと同じころに生まれた謎生物のヒョウタンツギがこの時代から後年まで継続的にさまざまな作品に出演していたのとは対照的である。

 ママーが再び手塚マンガにひんぱんに登場するようになったのは、手塚が人生最大のスランプを脱して奇跡の復活を果たした、『ブラック・ジャック』以降のことなのである。

 ぼくが調査した範囲(主に既刊単行本による)では、1975年に『ブラック・ジャック』でチョイ役として1コマ出演を果たしたのがママーの27年ぶりの出演だった。そしてこれ以後は『ブラック・ジャック』と『三つ目がとおる』の中にたびたび顔を出すようになり、それが『七色いんこ』におけるあの怪演へとつながっていったのである。

 その理由は不明だが、ぼくが推測するところでは『ブラック・ジャック』が手塚のマンガ家生活30周年記念作品として始まった手塚オールスター出演作品だったことと深い関わりがあるのではないかと考えている。

 つまり手塚は、この作品で手塚マンガの常連キャラクターたちを様々な役柄で次々と出演させた。そうした流れの中で長らく出番のなかったママーもまた数十年ぶりの銀幕(マンガ)再登場となったのである。

06mamaa03-13a.jpg

ここからは『ブラック・ジャック』より、ママーの主な出演シーンを一挙に紹介しよう! 以下のマンガ本編の画像はすべて講談社版手塚治虫漫画全集より

06mamaa03-13b.jpg

113話「もう一人のJ」より、ママーがなぜかB・Jのセリフを代弁する

06mamaa03-15.jpg

142話「盗難」より。泥棒に盗まれた義手と義足を探して泥棒市へとやってきたB・J。そこにはママーやブタナギまで売っていた!?

06mamaa03-16.jpg

147話「昭和新山」より。昭和新山誕生の前兆現象として地割れが発生。そこから昆虫たちとともにママーやブタナギも飛び出してきた

06mamaa03-17.jpg

184話「六等星」より。花火大会で事故が発生、野次馬の中に黒コゲになったママーがいる

06mamaa03-18.jpg

219話「カプセルをはく男」より。朝礼台の横に並んでいる教師(?)のひとりとしてちゃっかりとママーが並んでいる

◎締めくくりはママー語でごあいさつ!!

 謎生物ママーの正体に迫る今回のコラム。最後までお付き合いくださった皆さんはきっとこの奇妙なキャラクターにさらなる好感を持っていただいたことだろう。

 あなたが手塚マンガの片隅でいつか彼らに出会ったときは、ぜひママー語で彼らにこのように声をかけてみていただきたい。

「ウワーシイハー、○○○○ダゾヤ」(○○○○には自分の名前を入れる)

 すると彼らは大阪弁なまりのママー語でこう答えてくれるだろう。

「よーきなはったあそびにきなはった。」

 ではまた次回のコラムにもぜひお付き合いください!!

06mamaa03-19a.jpg

06mamaa03-19b.jpg

ママーは『三つ目がとおる』にも何度か登場している。第21話「暗黒街のプリンス」では、素っ裸になった和登さんに対して教育的指導をするため、和登さんの股下に出現!

06mamaa03-20a.jpg

06mamaa03-20b.jpg

昭和新山の記録と保護に生涯をかけた三松正夫氏が実名で登場する読み切り作品『火の山』(1979年)より。三松氏が昭和新山を保護するために私財を投じて山ごと買うと言い出した。その場面でママー、ブタナギ、ヒョウタンツギが登場


黒沢哲哉


1957年東京生まれ。マンガ原作家、フリーライター。
手塚マンガとの出会いは『鉄腕アトム』。以来40数年にわたり昭和のマンガと駄菓子屋おもちゃを収集。昭和レトロ関連の単行本や記事等を多数手がける。手塚治虫ファンクラブ(第1期)会員番号364番


手塚マンガあの日あの時+(プラス)

■バックナンバー

第1回:手塚ファン1,000人が集結! 手塚治虫ファン大会開催!!

第2回:ファン大会再び! 手塚治虫、アトム復活にかける思いを語る!!

第3回:ブレーメン4の夏、九段会館は暑かった!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第1回:手塚治虫を自然科学に目覚めさせた1冊の本!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第2回:手塚治虫が習作時代に影響を受けた幻のマンガ!

手塚マンガのルーツを調査せよ! 第3回:手塚SFに多大な影響を与えた古典ファンタジーの傑作とは!?

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第1回:『鉄腕アトム』に出てきた謎のおじさんの正体は!?

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第2回:地球調査隊が出会った"テレビっ子"少年!!

"テレビっ子"手塚治虫を読もう!!(1960年代編) 第3回:カラーテレビ時代の幕開けに登場した不謹慎番組とは!?

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第1回:世相と流行を知ると2倍楽しめる!!

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第2回:キャラクターの元ネタを探ると4倍楽しめる!!

一読三嘆!! 『七色いんこ』を8倍楽しむ読み方!! 第3回:ニュースの真相を知ると8倍楽しめる!!

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第1回:1960-70年代の新宿を闊歩していたフーテンとは!?

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第2回:政治、カネ、そしてストレス!!

『ばるぼら』が描いた1970年代という時代 第3回:日本沈没とノストラダムス

手塚マンガあの日あの時+(プラス) 不思議生物"ママー"の世界!! 第1回:ママーはあなたの本音を代弁してくれる!?

手塚マンガあの日あの時+(プラス) 不思議生物"ママー"の世界!! 第2回:大発見! 「日本の国土ッ」は"ママー語"だった!!


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ

TAG