虫ん坊

コラム「手塚を知りたい放送作家」第20話:ファミコンの『鉄腕アトム』をやってみた

2020/07/27

chibori20_title.jpg

第20話:ファミコンの『鉄腕アトム』をやってみた




最近、娘がこんなことを聞いてきました。




chibori20_01.jpg


なんてストレートな質問なんでしょう。

大人ならオブラートに包むお金の問題も、子どもならこんなにもまっすぐな瞳で聞いてくる。子どもというのは時として残酷なものですね。申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちで「お金持ち...ではないよ...」と答えました。

なぜ突然、娘がこんなことを聞いてきたのか。その理由を聞いてみると、どうやらNintendo Switchが欲しいとのこと。

お友達で『どうぶつの森』をやっている子がいるそうで、自分もやりたいんだそうです。小学校に上がって他の子たちと接する時間も増えたことで、色んな情報や知識が入って来てるんだなぁ〜と、妙に娘の成長を感じてしまいました。




chibori20_02.jpg


しかし、誕生日も終わったばかりだし、クリスマスも当分先。「おねだりされたから」という理由だけで買ってあげるのは流石に教育上よくない気がします。しかし、このまま収まる気配もない。そこで出した結論が...



「よし!ファミコンを買おう!」でした。



〜〜〜後日〜〜〜

そんなこんなでオークションで買った(ニュー)ファミコンとソフトが届きました。




chibori20_03.jpg


こないだあれだけ拗ねていたのが嘘のようです。

そして今回買ったソフトはこちら!




chibori20_04.jpg


1988年にコナミから発売されたファミコンソフト『鉄腕アトム』!

当時の定価は5500円。オークションで箱、説明書無しのものを600円程度で落札しました。(箱、説明書無しだと断然安い)



まずは娘がプレイしてみます。




chibori20_05.jpg


お馴染みのアトムの曲をバックに進む横スクロールのアクションゲーム。

説明書がないので世界観やストーリーがイマイチ分かりませんが、泥棒がお茶の水博士から何かを盗み、それをアトムが追いかけるところからスタートします。




chibori20_06.jpg


夢中になってファミコンに没頭する子どもたち。

なんだか幼い頃の自分を見ているようでホッコリします。

楽しんでくれているようで何より。



アトムのパンチで敵を倒しながら進むアクション。なかなかやりごたえもあって面白そうです。ただ...、敵にやられてしまうと...




chibori20_07.jpg


アトムが爆ぜる...!

軽快なアトムの音楽が流れる楽しいゲームなのにここだけ急に怖い!!!



やられてしまった娘に変わって僕がプレイ。

このソフトをやったことはないですが、腐ってもファミコン世代。

華麗なるコントローラーさばきで子どもたちに良いところを見せたいと思います。




chibori20_08.jpg


危なげなくプレイを進めていると...

アトムが海(?)の前に到着。




chibori20_09.jpg


明らかにジャンプで越えられない距離。ゲーム内で一度アトムが飛んだので、おそらくそんな感じで飛んで行くのではないかと思われます。



しかし!説明書がないからどうやって飛ぶのか分からない!!!

何回やっても飛べません...。この感覚、『たけしの挑戦状』で空港から飛び立った時に必ず墜落してしまうあの絶望感と似ています。



ケチらず説明書ありを買うべきだった...。

仕方がないので最終奥義の「ネットで検索」を繰り出します。



調べた結果、どうやらジャンプを3回連続で行うことで空を飛べるみたいです。難しい...、おそらくネットを見なければ延々と分からないままだったでしょう。



海を無事飛び越え、その後も交代しながらみんなでプレイ。

世代を越えてファミコンのアトムで遊ぶ家族の時間、最高です。

当分の間、楽しめそう。





~~~一週間後~~~




chibori20_02.jpg


なんだこれは...デジャブか...。

安心したのも束の間。早々に飽きてSwitchを欲しがっていました。

最近の子どもの消費の早さに驚きです。いつか父も飽きられてしまうのではないかと、変な心配をしてしまいました。


とはいえ、物を大切にする子に育って欲しいのでしばらくはファミコンで我慢してもらいたいと思います!どうかお父さんを嫌いにならないでね!





藤原ちぼりchibori10_twicon.gif

1979年生まれ、岡山県出身。放送作家。

『サラリーマンNEO』、『となりのシムラ』、『落語 THE MOVIE』などの人気番組の他、テレビアニメ『貝社員』の脚本も担当。『特捜警察ジャンポリス』、『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』など、漫画を題材にした番組にも携わっている。

バックナンバー

コラム「手塚を知りたい放送作家」プロローグ:嫁に謝る

コラム「手塚を知りたい放送作家」第1話:手塚るみ子さん

コラム「手塚を知りたい放送作家」第2話:ゴールデン街と静寂と

コラム「手塚を知りたい放送作家」第3話:振り返れば奴がいるとかいないとか

コラム「手塚を知りたい放送作家」第4話:トキワ荘跡地と知らないおじさん

コラム「手塚を知りたい放送作家」第5話:百鬼丸みたいになりたくて

コラム「手塚を知りたい放送作家」第6話:妻の支えってハンパない

コラム「手塚を知りたい放送作家」第7話:手塚グルメに舌鼓

コラム「手塚を知りたい放送作家」第8話:アトムってやっぱりすごい


コラム「手塚を知りたい放送作家」第9話:手塚にあった怖い話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第10話:漫画家の先生にインタビュー...のはずだったんですが...


コラム「手塚を知りたい放送作家」第11話:渋谷で見つけたアトムの謎


コラム「手塚を知りたい放送作家」第12話:『マンガの描き方』を見て描いたマンガ

コラム「手塚を知りたい放送作家」第13話:痛みで学んだ手塚治虫


コラム「手塚を知りたい放送作家」第14話:第1回 手塚でバズってるツイートGP


コラム「手塚を知りたい放送作家」第15話:手塚先生の缶詰の聖地で缶詰してみた


コラム「手塚を知りたい放送作家」第16話:家から一歩も動かず手塚旅行に行ってみた

コラム「手塚を知りたい放送作家」第17話:STAY HOME


コラム「手塚を知りたい放送作家」第18話:子どもに手塚マンガを読ませてみたら......


コラム「手塚を知りたい放送作家」第19話:手塚を彩るミュージック


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ

TAG
雑司ヶ谷 並木ハウス 道後REBORN 祖父江慎 濱田高志 吉田宏子 ロマンス島 絵師神の絆 館詰め 京橋 TOKTYO ATOM 復刻 アドルフに告ぐ 華平 バーチャル背景 アトムキャット 四谷快談 四谷 宝塚北サービスエリア Stay Home よつばと! あずまきよひこ Reader Store RUDE GALLERY 宝塚市 瀬谷新二 ヨドバシカメラ 津軽海峡 ぱいどん Girls2(ガールズガールズ) TOKYO ATOM 小林準治 ママー ebookjapan 北見山地 ロロの旅路 Raader Store 網走 やけっぱちのマリア 勇者ダン 山太郎かえる 秋芳洞 秋吉台 日原鍾乳洞 マンガワン 新宝島 マアチャンの日記帳 手塚治虫と戦争 大阪 奈良 阪急電鉄 宝塚 フォトスポット TEZUKA2020 AI プルートウ 空気の底 庚申塚 中野 ミッドナイト NAVITIME 国立科学博物館 オサムとムサシ 私と手塚治虫 絵本 手塚治虫クイズ王決定戦 企画展 新商品 手塚治虫のニャンコ展 ミュージアムショップ TOKYO ATOM 東京 早稲田 手塚治虫 漫画の神様 バルセロナ 手塚治虫ファン大会 ばるぼら 山崎潤子 エムスリー GO!GO!アトム 音楽 七色いんこ 手塚マンガあの日あの時+ カレンダー 京都 清水エスパルス 浅草 壁画 アート MOT8 さかなクン 原稿展示 フィンランド タンペレ 高田明美 絵文字 LINE 北海道 ジャングル大帝 ブッダ パズドラ ゲーム コミュニケーションロボットATOM 黒手塚 Rockin'Jelly Bean 手塚治虫生誕90周年企画 上田啓太 ユニコ ピノコ ふしぎなメルモ リボンの騎士 いのまたむつみ ショップ グッズ カフェ アトム堂本舗 YouTube 手塚眞 展覧会 サイン会 黒田征太郎 投稿コーナー バンパイヤ 桜庭一樹 小説「火の鳥」大地編 道後温泉 水樹奈々 フィギュア 手塚治虫記念館 三つ目がとおる #こんなブラック・ジャックはイヤだ 武礼堂 新約・リボンの騎士 サーチアンドデストロイ カネコアツシ アトム通貨 CSR どろろと百鬼丸 藤原ちぼり 手塚を知りたい放送作家 TVアニメ「どろろ」 美濃焼 クリアファイル い草ラグ ブラック・ジャック Tシャツ 舞台化 どろろ 紙の砦 奇子 冒険ルビ フィルムは生きている MW 電子書籍 お得情報 新刊情報 テヅコミ TVアニメ創作秘話 ピンピン生ちゃん グッズ販売店一覧 火の鳥 黒沢哲哉 鉄腕アトム 虫さんぽ+ つのがい 手塚ファンマガジン 手塚るみ子 手塚治虫文化賞 kindle