虫ん坊

コラム「手塚を知りたい放送作家」第7話:手塚グルメに舌鼓

2019/06/24

chibori_title07.jpg

第7話:手塚グルメに舌鼓

"食"って大事ですよね。

好物を食べるとテンションが上がるし、やる気も湧いてくる。

手塚治虫先生はチョコレートが大好物で、執筆中もチョコを食べては活力を得ていたんだそうです。

そんな手塚先生が好きだったものを食べてみたい!

そこで今回は...

chibori07_01.jpg

手塚先生、縁の料理を実際に作って食べてみたいと思います。

本日のメニューはこちら。

『コンビーフキャベツ』と『チョコレートうどん』

「いやいや、チョコレートうどんって...」と思ってる方も多いと思います。

実は『銀河鉄道999』で知られる松本零士先生が上京して間もない頃、手塚先生の家に泊まった際、『チョコレートうどん』を食べさせてもらったことがあるそうなんです。しかし、この『チョコレートうどん』は手塚先生の好物というわけでなく、あくまで松本零士先生へのちょっとしたイタズラだったんだとか。

せっかくなので、こちらも作ってみることにしました。

そんな訳で、まずは買い物へ!

お菓子をねだる娘をガン無視し、材料を購入します。

chibori07_02.jpg

家に帰って早速調理開始!

一品目の『コンビーフキャベツ』を作ります。

普段料理は妻に任せっきりなんですが、今回は僕が作ってみることに。

材料はこちら

chibori07_03.jpg

いざ料理を開始しようとすると、突然5歳の娘のスイッチが入りました。

娘「うーちゃんも作る!」

珍しくキッチンに立つ父に刺激されたのでしょう。

そんなこんなで娘もアシスタントとして参加してもらうことに。

初めての料理に興奮気味です。

chibori07_04.jpg

キャベツを切っている間、娘に缶から出したコンビーフをほぐしてもらいます

chibori07_05.jpg

料理の工程は超簡単。切って炒めるだけ。

まずはオリーブオイルをフライパンに敷いて、キャベツを炒めます。

ちぼり「よし!うーちゃん!コンビーフ入れて!」

娘  「オッケー!」

そして、娘がコンビーフを入れようとした瞬間...

chibori07_06.jpg

台にしていたプラスチックのおもちゃの椅子が突如、まさかの崩壊。

悲劇の始まりです。

chibori07_07.jpg

chibori07_08.jpg

chibori07_09.jpg

chibori07_10.jpg

娘は盛大にこけ、コンビーフはまるごと床に落ちる大惨事。

音を聞いた妻が慌てて駆けつけて来ました。

嫁「うーちゃん!大丈夫!?」

娘「......」

あ、泣くかも...。なんて思っていたら5歳の娘の第一声は予想外の一言でした。

この惨事の責任が自分ではないことを一言で伝える言葉はなんだ...?

娘が頭をフル回転させて導き出した一言がこちら。

chibori07_11.jpg

我が娘ながらたくましい。

でもね、そもそも君はなんにも悪くないんだよ。

コンビーフを軽く水洗いし、気を取り直して調理を再開。

炒めていると、普段僕が料理をしないからなのか、ちょいちょい嫁が口を出してきます。

嫁「そんながっつり炒めなくていいからね」

chibori07_12.jpg

嫁「強火じゃなくていいよ、中火で中火で」

chibori07_12.jpg

chibori07_13.jpg

chibori07_12.jpg

chibori07_14.jpg

そんなこんなで完成した『コンビーフキャベツ』

食べてみると、これが想像以上に美味しい!

コンビーフの油と塩っけがキャベツと相性抜群で、どんどん箸が進みます。

キャベツが苦手な2歳の息子もバクバク食べてました。

chibori07_15.jpg

なるほど、これは手塚先生が愛する理由も分かります。

シンプルで手間いらず!なのに美味しい!みなさんも是非一度お試し下さい。

あっという間に完食。

そして、いよいよ『チョコレートうどん』作りへ。

チョコレートを湯煎で溶かしつつ、普通にうどんを作ります。

こちらも即完成。出来上がったうどん(汁あり)に、溶かしたチョコを入れます。

とにかくいけないことをしている感じがすごいです。

chibori07_16.jpg

意を決して食べてみると想像以上の不味さ。

特にお汁とチョコレートのミスマッチさがえげつないです。

chibori07_17.jpg

そんな中、なぜか聞こえて来る咀嚼音。

「...モッチャモッチャ...」

「...ムッチャムッチャ...」

音の方を向いてみると...

chibori07_18.jpg

息子、むっちゃ食ってる!

なんなら美味そうに!

chibori07_19.jpg

そして、きたねぇ!

チョコレートうどんが藤原家の食卓に並ぶことは二度と無いでしょう。

手塚先生の縁の料理を食べ、少しだけ手塚先生を身近に感じることの出来た

1日でした。

とりあえずコンビーフを買い溜めしたいと思います。


藤原ちぼりchibori06_twicon.gif

1979年生まれ、岡山県出身。放送作家。

『サラリーマンNEO』、『となりのシムラ』、『落語 THE MOVIE』などの人気番組の他、テレビアニメ『貝社員』の脚本も担当。『特捜警察ジャンポリス』、『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』など、漫画を題材にした番組にも携わっている。

バックナンバー

コラム「手塚を知りたい放送作家」プロローグ

コラム「手塚を知りたい放送作家」第1話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第2話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第3話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第4話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第5話

コラム「手塚を知りたい放送作家」第6話


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ

TAG