手塚治虫について 手塚治虫について

年譜

1960年代

  • 1960年(昭和35年)  32歳

    • 4月29日

      向ケ丘遊園で「鉄腕アトム大会」開催。

    • 5月5日

      NETテレビ「焦点ゼロ 0マン出現」に出演。

    • 5月29日

      NETテレビ「東京のこだま マンガ作家の眼から」に武内つなよし、堀江卓、上田とし子の各漫画家と出演。

    • 8月

      都内練馬区谷原町(現、富士見台)に家を新築。

    • 8月14日

      東映動画「西遊記」公開。

    • 暮れ

      東京児童漫画会解散。
      北杜夫と東映動画「シンドバッドの冒険」の脚本に参加。

  • 1961年(昭和36年)  33歳

    • 1月19日

      奈良県立医科大学で「異型精子細胞における膜構造の電子顕微鏡的研究(タニシの精虫の研究)」により医学博士の学位をとる。

    • 4月3日

      NHKテレビで「ふしぎな少年」が太田博之主演でドラマ化され放映開始(〜1962年3月 31日)。

    • 4月3日

      NETテレビ「早朝放送 まんがのおじさん」に週1回のレギュラー出演開始(〜1962年3月)。

    • 5月

      1960年度長者番付(画家・漫画家の部でトップと発表される。年収914.5万円。

    • 6月

      手塚治虫プロダクション動画部設立。

    • 6月11日

      制作したダーク・ダックスの歌とナレーションによる紙芝居「スーパーP」が「ダーク・ダックス・ショー」の中で放送開始。

    • 8月11日

      長男・真(まこと)誕生。

    • 9月23日

      西武園ユネスコ村にて<こども漫画祭り>が開催され参加(〜1961年11月30日)。

    • 11月6日

      東京テレビで「ごめんねママ」が三つ矢歌子主演でドラマ化され放映開始(〜1962年10月12日)。

  • 1962年(昭和37年)  34歳

  • 1963年(昭和38年)  35歳

  • 1964年(昭和39年)  36歳

  • 1965年(昭和40年)  37歳

    • 1月2日

      絵コンテ、演出を担当した「鉄腕アトム 第102話魔境の女王」放映。

    • 1月3日

      初の一時間長編テレビアニメ「新宝島」(演出担当)がフジテレビで放映。

    • 1月9日

      (1月9日消印)スタンリー・キューブリックより、映画「2001年未来の旅」の美術担当依頼の手紙がくる。

    • 1月10日

      文化放送の「キャスター」に毎月曜レギュラー出演開始。

    • 1月24日

      神田共立講堂にて<鉄腕アトム大会>開催。

    • 4月24日

      脚本を担当の「鉄腕アトム 第116話史上最大のロボット・前編」放映。

    • 5月31日

      「鉄腕アトム」で、厚生大臣より表彰を受ける。

    • 6月5日

      脚本、演出を担当した「鉄腕アトム 第122話怪獣マントラー」放映。

    • 6月6日

      テレビアニメ「W3」がフジテレビで放映開始(第1話宇宙からの三匹は絵コンテ、演出を担当 〜1966年6月27日)。

    • 6月26日

      新宿厚生年金会館にて<虫プロダクション映画大会>が行なわれ、「W3」「ジャングル大帝」第1話が上映される。

    • 8月15日

      脚本、演出を担当した「W3 第11話北の谷の決闘」放映。

    • 8月28日

      アメリカ、ヨーロッパへ旅行。UPAスタジオ、ハンナ・バーベラ・プロ等を訪ねる(〜9月23日)。

    • 10月1日

      実験アニメ「しずく」(演出)、「たばこと灰」(制作)を<第5回草月アニメーション・フェスティバル>に出品。

    • 10月 6日

      国産初のカラーテレビアニメシリーズ「ジャングル大帝」がフジテレビで放映開始。(〜1966年9月28日)

    • 10月16日

      フジテレビ「スター千一夜」にアトム出演(マンガの主人公がこの番組に出演するのは初めて)、司会の三木鮎郎と対談。

  • 1966年(昭和41年)  38歳

  • 1967年(昭和42年)  39歳

  • 1968年(昭和43年)  40歳

    • 1月2日

      池袋西武デパートにて、総指揮にあたった<日本漫画家協会第1回展 漫画100年展>が開催される(〜1月16日)。こどもマンガ未来100年コーナーには「未来の整形手術」を出品。

    • 1月23日

      マンガ製作のための株式会社手塚プロダクションを設立。

    • 5月6日

      東京デザインカレッジ ジュニア漫画教室が開校し、主任教授として講義。

    • 5月25日

      新宿<コボタン>にて<第二回手塚治虫展>開催、6月9日には手塚治虫と語る会が催される(〜6月24日)。

    • 6月1日

      手塚プロダクションより新聞「まんがカワラ版」発行。

    • 8月2日

      『THE STUDENT TIMES』に「罪と罰」が英訳されて掲載される(〜1969年 2月28日)。

    • 8月14日

      漫画集団の阿波踊り旅行に参加。

    • 10月

      製作した実験アニメ「創世記」公開。

    • 10月3日

      虫プロ商事制作の特撮テレビ映画「バンパイヤ」がフジテレビで放映開始(〜1969年4月 5日)。

    • 12月7日

      審査委員をつとめたタイムカプセル収容物最終決定。

    • 12月15日

      <漫画集団忘年会 昭和元禄大学一日入学>でピアノを披露。「水虫のうた」を講演。 「万国博への提案」審査委員をつとめる。

  • 1969年(昭和44年)  41歳

    • 1月2日

      原案のアニメ合成ドラマ「ワンダーくんの初夢宇宙旅行」がNHK総合テレビで放映。

    • 2月2日

      原案、監修のテレビアニメ「海底都市のできるまで」が日本テレビ「20世紀アワー」で放映。

    • 4月6日

      テレビアニメ「どろろ」フジテレビで放映開始(〜9月28日)。

    • 6月11日

      二女・千以子(ちいこ)誕生。

    • 6月14日

      原案、構成、総指揮の劇場用長編アニメ「千夜一夜物語」(日本ヘラルド映画配給)公開、大ヒット。

    • 10月2日

      「ぼくはマンガ家」出版、「千夜一夜物語」ヒットを機会に<手塚治虫をはげます会>が新橋第一ホテルにて開かれる。