マンガマンガ

月刊マンガ少年 別冊「火の鳥」表紙

時空をこえて存在する超生命体・火の鳥を狂言回しに、過去と未来を交互に描きながら、テーマである「生と死」「輪廻転生」という哲学的な問題を深くえぐる、手塚治虫の代表作にしてライフワークとなった作品です。

そこには手塚治虫の歴史観から、遠い未来への予測的な視点のみならず、宇宙とは何か、といったスケールの大きな問への挑戦をも描かれています。

解説

「漫画少年」版 1954/07〜1955/05 「漫画少年」(学童社)
「少女クラブ」版 1956/05〜1957/12 「少女クラブ」(講談社)
黎明編〜休憩 1967/01〜1971/11 「COM」(虫プロ商事)
望郷編(COM版) 1971/12〜1972/01 「COM」、「COMコミックス」(虫プロ商事)
望郷編〜異形編 1976/09〜1981/04 「マンガ少年」(朝日ソノラマ)
太陽編 1986/01〜1988/02 「野性時代」(角川書店)


手塚治虫は本作が初めて単行本化された際、プロローグにこう書いています。

「「火の鳥」は、生と死の問題をテーマにしたドラマだ。古代から未来へ、えんえんと続く火の鳥----永遠の生命とのたたかいは、人類にとって宿命のようなものなのだ。」

「火の鳥」の歴史を辿ると、まずは学童社「漫画少年」に掲載された「火の鳥」黎明編(1954年7月〜55年5月)にそのルーツがあります。

火の鳥のイメージは1947年製作のソ連時代のアニメーション映画『せむしの仔馬』に登場する火の鳥がヒントになっています。ロシアの民話の火の鳥の羽根は災いを招くそうですが、手塚治虫の描く火の鳥は永遠の生命の象徴であり、その羽根もたとえば撫でるだけで傷が回復したり、病気が治ったりという超能力を持っています。

登場人物たちはこぞって永遠の生命「火の鳥」を捕まえようとし、飲めば不老不死になれるというその血をもとめます。

実は「漫画少年」版以来、本作は数奇な運命をたどっています。「漫画少年」では途中で休載となり、その後「少女クラブ」では少女向けに趣向を改めての連載となりました。

その後、改めて手塚治虫自ら創刊した「COM」(虫プロ商事)に描かれた一連の作品こそ、私たちが今日、『火の鳥』として認識している作品ということになるわけですが、「COM」もまた長くは続かず、「COMコミックス」と改題して「望郷編」が途中まで描かれたところで一度休刊となってしまいます。その「COMコミックス」も路線転換や復刊と迷走した末、虫プロ商事は1973年8月22日に倒産、「COM」も廃刊となります。

その後「火の鳥」の連載は朝日ソノラマの「月刊マンガ少年」、さらには角川書店(現KADOKAWA)の「野性時代」と掲載誌を改めながら描き継がれていきました。1974年1月の『赤旗』の企画記事「手塚漫画の主人公たち」で語られらたところによれば、21世紀部分のエピソードとして「鉄腕アトム」の物語が組み込まれる構想もあったようで、その痕跡は「太陽編」の初出バージョンにお茶の水博士がちらりと登場する形で残っています。

自らの「代表作」をも取り込みつつ、未来と過去を描きながら徐々に「現代」に迫ってくる、という壮大な構想は本当の完成を見ないまま、手塚治虫はこの世を去ってしまいます。

まさに作家としての全霊を傾けられた「ライフワーク」となったのです。

なお、作家の死とともに潰えた「太陽編」につづく物語のヒントが、『手塚ファンマガジン vol.78』(1988年12月30日発行)に一部明かされています。それは「大地編」と名付けられ、日中戦争の時代を舞台とし、軍人を主人公に「上海から始まって、楼蘭に終わる、スケールの大きな戦争メロドラマ」として構想されていました。

「死とはいったいなんだろう?
そして生命とは?
この単純でしかも重大な問題は、人類が有史以来とりくんで、いまだに解決されていないのだ。」

「火の鳥」は永遠に語り終わられぬ物語となってしまったわけですが、それを予見していたかのようなこの言葉もまた、冒頭に挙げた「プロローグ」に書かれています。

収録作品

電子書籍 ※表紙をクリックすると、楽天KOBOの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • 火の鳥 少女クラブ版
  • 火の鳥 (1)
  • 火の鳥 (2)
  • 火の鳥 (3)
  • 火の鳥 (4)
  • 火の鳥 (5)
  • 火の鳥 (6)
  • 火の鳥 (7)
  • 火の鳥 (8)
  • 火の鳥 (9)
  • 火の鳥 (10)
  • 火の鳥 (11)
  • 火の鳥 (12)
  • 火の鳥 (13)
  • 火の鳥 (14)
  • 火の鳥 (15)
  • 火の鳥 (16)

こちらもオススメ