マンガマンガ

ストーリー

地球の創造主アースによって造られたロケット人間マグマ大使と、地球侵略をたくらむ宇宙人ゴアとの戦いを描いたSF活劇です。新聞記者村上厚の一家が、ある朝目覚めると、家の外は恐竜が歩き回る2億年前の世界になっていました。それは、実はゴアと名乗る宇宙人が、自分の力を示すために彼らを過去へとタイムスリップさせたのでした。ゴアは、地球を乗っ取ると宣言し、新聞でそのことを宣伝しろと言うのです。現代へ戻った村上記者の息子のまもる少年は、マグマという巨人に火山島の地中につれていかれ、そこでアースという地球の造り主と会います。アースはゴアの野望を打ちくだくために、マグマ、モル、ガムという3人のロケット人間をつくりました。まもるは、マグマからこまった時にマグマたちを呼べる笛をもらい、彼らとともにゴアと戦います。 しかしゴアは、人間モドキという人間にそっくりに化けられる生物をひそかに地球へ送り込み、すでに地球侵略を開始していたのでした。

解説

1965/05-1967/08 「少年画報」(少年画報社) 連載

手塚治虫がもっとも多くの連載をかかえていた時期の作品です。あまりに多忙だったために、井上智、福元一義のふたりのマンガ家が作画を手伝い、後半のエピソード「サイクロップス編」は、ほとんど手塚治虫自身の絵ではなくなってしまったために単行本には収録されませんでした。1966年にPプロダクションの製作で実写特撮番組としてテレビ化されましたが、このテレビ版には、当時の怪獣ブームにあわせて、原作マンガには登場しない怪獣が多数登場しています。しかしそのテレビ版も完成度は高く、雑誌連載と共に人気を呼びました。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • マグマ大使 (1)
  • マグマ大使 (2)
  • マグマ大使 (3)

こちらもオススメ