虫ん坊

虫さんぽ+(プラス)北海道・道東-道央-津軽海峡編 第2話:北見山地にエゾオオカミの生き様を見た!!

2020/04/03

北海道・道東-道央-津軽海峡編 第2話:北見山地にエゾオオカミの生き様を見た!!

写真と文/黒沢哲哉 地図と絵/つのがい

 謎の招待状に誘われて、北海道の東端・網走監獄から始まった早春の北海道さんぽ。今回はオホーツク海に別れを告げて、残雪がきらめく北見山地へと分け入っていく。虫さんぽ+(プラス)隊がそこで出会ったのは、手塚治虫が北海道の大自然を舞台に描いた最後のエゾオオカミの生き様のドラマだった!!


◎オホーツク海沿いの港町から山道へ......!!

 東京でもらった謎の招待状に導かれ、再び北海道へとやってきた我ら虫さんぽ+(プラス)隊。前回は網走刑務所と博物館網走監獄を訪ね、手塚治虫が1970年代に描いた少年マンガ『やけっぱちのマリア』の舞台となった場所を歩いた。3つのキーワードのうち1つ目のキーワード「走」は網走監獄の「走」だったのだ。

sanpo06_hokkaido01_shotai_maru.jpg

 さて次はどこへ向かおうか。と、迷っていたときにこんな便利な旅の言葉があったのを思い出した。
「足の向くまま気の向くまま」
 ぼくは道の駅でもらった観光地図を広げて眺め、ふと目に止まった旭川方面へ向かって車を走らせることにした。
 網走からサロマ湖に沿って国道239号線をしばし北上して湧別町で左折。道道712号線(緑蔭中湧別停車場線)を南西に向かって車を走らせる。するとこの道はやがて遠軽町で国道333号線に突き当たる。旭川方面へ向かうにはこの国道333号線(上越国道)を右折だ。そして町はここで終わりとなり、ここから先は牧場や農地が点在するだけの山道となっていく。

◎冬の北見山地が舞台の手塚マンガは!?

 急に町が終わってしまったので、給油するタイミングを逃してしまったぼくは、今さら引き返すわけにもいかず、じわじわと減り続ける燃料計の針をにらみつつ山道を進んでいった。

sanpo06_hokkaido_02-01.jpg

オホーツク海に別れを告げて、愛車ボンゴフレンディは山道をゆく! ガソリンが残り少なかったことに気付いてあわて出すのはこれから30分後のことである

 商店もない小さな集落をいくつか通過すると、やがて上り坂がきつくなり、左右にうねる"つづら折れ"の道となる。かつて交通の難所として知られた北見峠だ。
 観光案内サイトの情報によれば、この山道は明治時代に網走監獄の囚人によって開削された囚人道路のひとつであり、険しい山中にもかかわらず160kmもの道をわずか8ヵ月で切り開いたというから、どれだけ過酷な労働だったかがうかがえる。

sanpo06_hokkaido_02-02a.jpg

sanpo06_hokkaido_02-02b.jpg

見渡す限りの山と寒々とした針葉樹の林。林からは湯気のような霧が立ちのぼり、どちらを向いても人影はどこにもない


 そしてこの道を走っていたとき、ある手塚マンガを不意に思い出した。それは手塚先生が1973年に雑誌『週刊少年ジャンプ』に発表した読み切り作品『ロロの旅路』だ。
 このマンガは、ぼくがいままさにいるこの場所「北見山地」から物語が始まっているのだ!!

sanpo06_hokkaido_02-03.jpg

『ロロの旅路』見開きトビラ。この壮大な物語はまるで映画のスクリーンのようなワイド画面から始まっていた。
画像は平凡社刊『別冊太陽 子どもの昭和史 手塚治虫マンガ大全』より引用

◎最後のエゾオオカミの物語!

『ロロの旅路』の物語はこうだ。雪深い冬の北海道北見山地──。そこに絶滅したと言われていたエゾオオカミの母子がひっそりと暮らしていた。ところが母オオカミはハンターに殺されて剥製にされてしまう。残された3頭の子オオカミ、ロロ・ルル・リリは、道外へ運ばれてゆく母親の剥製を追って命がけの旅を始める。
 北海道の大自然の描写がみごとで、かつて幼いころに読んだ『シートン動物記』のような感動を味わえる傑作短編である。

sanpo06_hokkaido_02-04.jpg

sanpo06_hokkaido_02-05.jpg

『ロロの旅路』より。絶滅したと思われていたエゾオオカミの母子が北見山地でひっそりと暮らしていた。しかし母オオカミは人間によって無残にも殺されてしまった。
『ロロの旅路』は講談社版手塚治虫漫画全集では『タイガーブックス』第3巻に収録。以下『ロロの旅路』本編の画像はすべて同書より

◎ここが最後のエゾオオカミ・ロロの故郷だ!

 ぼくは路肩に車を駐め、『ロロの旅路』に描かれた大自然の風景を探してみることにした。エンジンを止めて車から出ると、かすかな風の音以外、一切の音が消える。雪の中にたたずむ木立とその向こうに連なる山々。

sanpo06_hokkaido_02-06.jpg

北見山地の南端に位置する大雪山の風景を撮影した昭和30年代のものと思われる絵はがき

sanpo06_hokkaido_02-07a.jpg

sanpo06_hokkaido_02-07b.jpg

現在の北見山地の風景。天気は快晴だが身を切るような寒風が吹いている。視界に入る範囲に動物の姿はまったくなく、あたりは森閑としている


 都市部やその近郊の山で何度も遭遇したカラスやキタキツネ、エゾジカなどの動物もここではまったく見かけない。さすがにこのくらいの高地になると、彼らは自分たちのねぐらにこもっていて、やがて来る春をひっそりと待ち望んでいるのかも知れない。

sanpo06_hokkaido_02-08.jpg

母オオカミの帰りを待ちあぐねている3頭の子オオカミたち。彼らは母親の様子をさぐるべく巣を出る決断をした

sanpo06_hokkaido_02-09.jpg

ロロ達の暮らしていた場所をイメージしながら撮った写真。見るからに冷たい小川がかすかな水音を立てながら流れていた

sanpo06_hokkaido_02-10.jpg

母親の匂いをたどり、ロロたちは人間の巣にたどり着いた

sanpo06_hokkaido_02-12.jpg

クマザサが生い茂る北見山地

sanpo06_hokkaido_02-13.jpg札幌市の「北海道開拓の村」にある開拓小屋(2017年撮影)。明治時代に入植した開拓民が暮らした小屋を復元したものだが、『ロロの旅路』に描かれた猟師の小屋に雰囲気がよく似ている

sanpo06_hokkaido_02-14.jpg

sanpo06_hokkaido_02-15.jpg

くじけそうになる心を奮い立たせ、ロロたちはひたすら母の行方を追う

sanpo06_hokkaido_02-16.jpg北見山地の風景。何の物音もせず、車の行き来もまったくない

sanpo06_hokkaido_02-17.jpg

車を降りて雪山の風景を眺めていたら視線の端にクマが見えた!?

sanpo06_hokkaido_02-18.jpg

今ここでクマに襲われたら逃げ場がない! 一瞬ギョッとしたが良く見ると枯れ木に雪が積もっていただけだった。ふーっ!!


 ということで2つ目のキーワード「ロ」は、『ロロの旅路』の「ロ」だったことが分かった!

sanpo06_hokkaido_02-shotai.jpg

◎ようやく旭川市へ到着。だが旅はまだ続く!!

 北見山地を越えて旭川市へたどり着いたぼくは、何とかガス欠直前で給油をすることができた。
 ここ旭川は、かつて旧虫さんぽで訪れたことがあり、そのときにお話をうかがった「アトムの会」の皆さんが暮らす町である。虫さんぽでおじゃまして以来、「アトムの会」の皆さんとは親しく交流させていただいている。本来ならば旭川へ行ったらその方々にご挨拶をしないといけないところなのだが、あいにくぼくは先を急ぐため、今回は電話でご挨拶をしたのみで失礼させていただくことにした。
 旧虫さんぽで旭川を訪れたときの記事は下記です!

・虫さんぽ 第55回:北海道さんぽ(後編)旭川へアトムと火の鳥に会いに行こう!!

◎4時21分札幌駅に到着、急がねば!!

 2つ目のキーワード「ロ」の謎は解けた。だがぼくがさらに先を急いでいたのは、もう1か所、ぜひとも立ち寄りたい手塚スポットがあったからだった。その場所へ何とか日没前に到着したい。その場所は旭川から距離にして138km、車でおよそ2時間の場所、JR札幌駅にある!

sanpo06_hokkaido_02-19.jpg

雪景色の山道をくだってようやく町が見えてきた。道路を逃げ水が走り、行き交う車やオートバイが陽炎にゆがんでいる


 2時25分に旭川を出発し、あとは道央自動車道を一直線に南下する。そうして札幌駅に着いたのはきっかり2時間後の午後4時21分だった。車を駅前のコインパーキングに駐め、構内を小走りに歩いて目指す場所を探す。
 ところが初めて来た札幌駅はあまりにも広すぎ、あちこちをウロウロしているうちに自分がどこにいるのかさえ分からなくなってきた。交番を見つけて、そこで聞いてみたがその場にいた5人ほどのお巡りさんは誰も知らないという。こうしている間にも陽はどんどんと西に傾いていく。

sanpo06_hokkaido_02-20.jpg

午後4時21分、札幌駅に到着。陽はすでに西に傾き始めている。急いで"あるもの"を探さねば!!


 困り果てていたところへちょうどパトロールから帰ってきた女性警察官が「それなら南口の広場にあるあれじゃないの?」と教えてくださった。
 現在、ぼくがいる北口とは真反対の場所である。駅のコンコースを抜けて南口へ。あった!
 こうしてようやくぼくは目指す場所へたどり着くことができたのだった。時刻は4時42分。ぼくの目の前にあったのは彫刻家・本郷新が1960年に作ったブロンズ像、牧歌の像である。

◎残る3つ目のキーワードの答えは果たして...!?

 この牧歌の像は1977年に雑誌『週刊少年チャンピオン』に掲載された手塚マンガ『ブラック・ジャック』第168話「三者三様」の中で、印象的な場面の背景として描かれていた。

sanpo06_hokkaido_02-21.jpg

sanpo06_hokkaido_02-22.jpg

sanpo06_hokkaido_02-23.jpg

『ブラック・ジャック』第168話「三者三様」より。北海道を去る若者の向こうに『牧歌の像』が静かにたたずんでいる。
画像は講談社版手塚治虫漫画全集より


 しかし2017年の「虫さんぽ」でここ札幌を歩いた際には、何とその事実を見逃しており、あろうことか、すぐ近くまで来ていながらこの場所をスルーしてしまっていたのである。

・虫さんぽ 第54回:北海道さんぽ(中編)シュマリとB・Jの作品風景を求めて札幌を歩く!!

 虫さんぽ隊にあるまじき失態を上記の記事の中で正直に侘び、読者の皆さんに画像の提供を呼びかけたところ、ありがたいことに、すぐにおひとりの方が画像を送ってくださった。そして次号の記事ではその画像を紹介させていただいたのである。
 これはこれでWeb連載ならではの展開とはなったのだが、やはり一度はこの像を自分の目で見てみたかったのだ。

sanpo06_hokkaido_02-24.jpg

2017年の「虫さんぽ」で札幌を訪れた際にこの場所をスルーしてしまったため、読者に画像提供を呼びかけたところ、すぐに送ってくださった方がいた!! その画像は下記の「虫さんぽ北海道編(後編)」でご覧いただけます。
虫さんぽ 第55回:北海道さんぽ(後編)旭川へアトムと火の鳥に会いに行こう!!


 訪問当日はあいにく像の前でイベントが行われていて機材が置かれ、多くの人が集まっていたから、この像とじっくり対面するという雰囲気ではなかったが、それでも『ブラック・ジャック』の場面を思い浮かべながら本物を見ることができて大変感動したのであった。

sanpo06_hokkaido_02-25.jpg

sanpo06_hokkaido_02-26.jpgsanpo06_hokkaido_02-27.jpg

北海道のイメージを若者の群像に託して描いたブロンズ像『牧歌の』。本郷新が1960年に制作したもので、3人の乙女がそれぞれトウモロコシ、ポプラの若木、スズランを持って立ち、その両側で2人の青年が角笛を吹き、子羊を抱いている

sanpo06_hokkaido_02-28.jpg

この日の晩は雨になった。北国ならではの路肩を示す矢印のライトが赤とオレンジに点滅している

sanpo06_hokkaido_02-29.jpg

夕食は北海道名物「ザンギ」の丼をいただいた。ザンギとは醤油やにんにくで下味を付けた鶏肉を唐揚げにしたもの。スタミナもボリュームも満点で旅の疲れが一気に吹き飛んだ


 ということで、この目的が果たせたぼくは、残る3つ目のキーワードの謎を解くべく、さらに旅を続けるのであった。では次回もまた、ぜひご一緒に探索いたしましょう!!

sanpo06_hokkaido_02-map.jpg


■バックナンバー

 虫さんぽ+(プラス)

・大阪編 第1話:大阪・十三で旧制中学の同級生を訪ねる!!

・大阪編 第2話:大阪・中津の軍需工場跡地で、辛かった戦争時代の想い出を歩く!

・大阪編 第3話:大阪・十三で戦争の悲惨さを残す文化遺産を訪ねる!

・奈良編 第1話:火の鳥に誘われて巨大大仏を見る!!

・奈良編 第2話:写楽くんの足跡をたどりつつ古代史ミステリーを探る!!

・奈良編 第3話:その時が来なければたどり着けない!? 伝説の神社!!

・洞窟探検編 第1話:盗まれた名画の行方を追ってアトムが向かった場所は!?

・洞窟探検編 第2話:荒涼とした大地で手塚治虫が見たものは!?

・洞窟探検編 第3話:手塚治虫、大洞窟の中を命がけの逃亡!!

・北海道・道南-道東横断編 第1話:標高550メートルの山頂でヒグマに囲まれる!?

・北海道・道南-道東横断編 第2話:北海道東端の駅で子グマとSLの物語に思いを馳せる!!

・北海道・道南-道東横断編 第3話:財宝が隠されている神秘の湖はココだった!!

・ミッドナイト 東京タクシーさんぽ 第1話:早稲田で乗せた老女は幽霊だったのか!?

・ミッドナイト 東京タクシーさんぽ 第2話:杉並から早稲田へ、時限爆弾を追え!?

・ミッドナイト 東京タクシーさんぽ 第3話:ニセ警官はタクシーで庚申塚を目指す!!

・北海道・道東-道央-津軽海峡編 第1話:鉄格子の中から愛を込めて!?


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ

TAG
雑司ヶ谷 並木ハウス 道後REBORN 祖父江慎 濱田高志 吉田宏子 ロマンス島 絵師神の絆 館詰め 京橋 TOKTYO ATOM 復刻 アドルフに告ぐ 華平 バーチャル背景 アトムキャット 四谷快談 四谷 宝塚北サービスエリア Stay Home よつばと! あずまきよひこ Reader Store RUDE GALLERY 宝塚市 瀬谷新二 ヨドバシカメラ 津軽海峡 ぱいどん Girls2(ガールズガールズ) TOKYO ATOM 小林準治 ママー ebookjapan 北見山地 ロロの旅路 Raader Store 網走 やけっぱちのマリア 勇者ダン 山太郎かえる 秋芳洞 秋吉台 日原鍾乳洞 マンガワン 新宝島 マアチャンの日記帳 手塚治虫と戦争 大阪 奈良 阪急電鉄 宝塚 フォトスポット TEZUKA2020 AI プルートウ 空気の底 庚申塚 中野 ミッドナイト NAVITIME 国立科学博物館 オサムとムサシ 私と手塚治虫 絵本 手塚治虫クイズ王決定戦 企画展 新商品 手塚治虫のニャンコ展 ミュージアムショップ TOKYO ATOM 東京 早稲田 手塚治虫 漫画の神様 バルセロナ 手塚治虫ファン大会 ばるぼら 山崎潤子 エムスリー GO!GO!アトム 音楽 七色いんこ 手塚マンガあの日あの時+ カレンダー 京都 清水エスパルス 浅草 壁画 アート MOT8 さかなクン 原稿展示 フィンランド タンペレ 高田明美 絵文字 LINE 北海道 ジャングル大帝 ブッダ パズドラ ゲーム コミュニケーションロボットATOM 黒手塚 Rockin'Jelly Bean 手塚治虫生誕90周年企画 上田啓太 ユニコ ピノコ ふしぎなメルモ リボンの騎士 いのまたむつみ ショップ グッズ カフェ アトム堂本舗 YouTube 手塚眞 展覧会 サイン会 黒田征太郎 投稿コーナー バンパイヤ 桜庭一樹 小説「火の鳥」大地編 道後温泉 水樹奈々 フィギュア 手塚治虫記念館 三つ目がとおる #こんなブラック・ジャックはイヤだ 武礼堂 新約・リボンの騎士 サーチアンドデストロイ カネコアツシ アトム通貨 CSR どろろと百鬼丸 藤原ちぼり 手塚を知りたい放送作家 TVアニメ「どろろ」 美濃焼 クリアファイル い草ラグ ブラック・ジャック Tシャツ 舞台化 どろろ 紙の砦 奇子 冒険ルビ フィルムは生きている MW 電子書籍 お得情報 新刊情報 テヅコミ TVアニメ創作秘話 ピンピン生ちゃん グッズ販売店一覧 火の鳥 黒沢哲哉 鉄腕アトム 虫さんぽ+ つのがい 手塚ファンマガジン 手塚るみ子 手塚治虫文化賞 kindle