虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2016年7月号 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

 世界中の観光客が訪れる街・銀座! セレブが集う街、銀座!! そんな銀座界隈は手塚治虫先生のマンガにも何度も登場し、過去の虫さんぽでも何度か歩いています。そこで今回は、手塚マンガの中でも大人向けに描かれた青年コミック作品の中から、いまだ紹介していない作品の風景を追って歩いてみたいと思います。大人マンガの中で銀座はいったいどんな風景として描かれているのか。さっそく出発だ~~~~~っ!!



◎今回はちょっぴり大人なアダルトさんぽ!!

 今年の春は早くやってきて早く去ってしまったような気がします。今回はそんな駆け足の春を追いかけるように、東京都心のど真ん中を歩きましょう!!
 出発地点は、都営地下鉄浅草線・東銀座駅である。改札を出て階段を上がり地上へ出ると、目の前には2013年春に完成した立派な歌舞伎座の建物が建っている。ここは2010年の虫さんぽ第10回で初めて銀座を歩いたときに、ちょうど取り壊しの直前で、ぎりぎり旧歌舞伎座を見ることができたのだった。

・虫さんぽ第10回:東京銀座界隈で、手塚先生のONとOFFの足跡をたどる

 この歌舞伎座の目の前を南北に走る車の往来の激しい通りが晴海通りだ。ここを北へ数百メートル歩くと銀座の中心ともいえる銀座四丁目交差点に出る。ここが本日最初の手塚スポットなんだけど……その前に、ここで今回も、手塚プロの編集担当O山と合流、撮影アシスタントを担当してもらうことになっている。O山とは銀座三越のライオン前で待ち合わせの約束をしていたのだが……三越へ近づいてみると、何とO山はライオンにぴったりと寄り添って待っているではないか!? いや、その、そんなにライオンとくっつかなくても……。ま、まあライオンの背中にまたがっていなかっただけよしとしようか……。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

都営地下鉄東銀座駅を出るとすぐ目の前が歌舞伎座だ。天気は快晴、気温もちょうどいい。絶好の虫さんぽ日和だ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

銀座三越のライオンに寄り添って待っていた手塚プロ編集担当のO山。さすがにこの派手なスカジャンは目立ちすぎだろうと思ったが、意外にもアジア系外国人の観光客に溶けこんでたまに見失った



◎銀座四丁目近くに暴力団事務所が……!?

 気を取り直してO山と一緒に虫さんぽを再開しよう。この銀座四丁目交差点が登場する手塚の大人マンガは1972年から73年にかけて雑誌『ビッグコミック』に連載された『奇子あやこ』である。
 天外奇子てんげあやこは5歳の時に身内の殺人事件を目撃してしまった。その口封じのため土蔵に閉じ込められ、そこで大人になるまで暮らすことを余儀なくされた。
 その事件の主役であり戦後の混乱の中で暴力団組長へと成り上がったのが、天下家の次男・天下仁朗だった。仁朗は今は桜辰組(おうしんぐみ)組長・祐天寺富夫と名乗っていた。
 その桜辰組が経営する表向きの企業T・K興業のあるのが、ここ銀座四丁目付近という設定だったのだ。物語の中の年代は昭和47年(1972年)冬。マンガに描かれている銀座四丁目交差点からは、当時の銀座・不二越ビル(現・アルマーニ銀座タワー)屋上に建っていた森永製菓の地球儀型広告ネオン塔が見えている(1983年撤去)。
 ちなみにこのネオン塔は『旋風Z』にも登場していて、そのときは何と悪人の秘密アジトとして使われていた!? そちらは2014年の虫さんぽ第34回で紹介済みなのでぜひ参照していただきたい。

・虫さんぽ第34回:東京・銀座から丸の内へ 手塚先生のおもてなしメニューを堪能する!!



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『奇子』のトビラ原画。今回の大人マンガさんぽでは各作品の紹介画像をいつもの単行本表紙画像ではなく、手塚先生の原画で紹介してみることにした。使用画像は先ごろ玄光社から発売された『手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970』、『手塚治虫扉絵原画コレクション1971-1989』の2冊から引用。※このトビラ原画画像は『手塚治虫扉絵原画コレクション1971-1989』より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『奇子』より。5歳のときに土蔵へ閉じ込められてしまった奇子。彼女は自力で脱走を試みるも、ついに大人になるまでここを出ることはできなかったのだ。※以下、特記のないマンガ本編のカットは全て講談社版手塚治虫漫画全集より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

現在の銀座四丁目交差点(左)と、1972年の同じ場所が舞台となった『奇子』の一場面。左の写真で中央左側に見えている銀色のビルが、かつて森永の広告塔が立っていた不二越ビルのあった場所だ


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

昭和30年代ごろの銀座四丁目を撮影したと思われる絵はがき。森永の広告塔がかなり目立ってます



◎街行く人々が全員裸だったら……!?

 この銀座四丁目交差点界隈が描かれている手塚大人マンガはまだある。1968年に雑誌『現代』に連載された風刺マンガ『ヌーディアン列島』もそのひとつだ。
 これは、どこにでもいるごく普通のサラリーマンの日常を描いたマンガなんだけど、現実世界と大きく違うのは、男も女もなぜか素っ裸で生活していることだ。そのため服を着ているとエロティックに感じてしまい、服を着て街を歩けばわいせつ罪で逮捕となる。紙切れが風で飛ばされて体に貼り付いただけでそりゃもう大騒ぎなのである。
 そんな異世界にも銀座はあるようで、明治記念祭のパレードの行われる場所として銀座の風景が描かれている。物語の中に銀座という地名は描かれていないが、銀座6丁目の小松ストア(現・ギンザコマツ)の看板が描かれていることから、ここが銀座であることが分かる。
「ここを歩いてる人たちが、みんな裸だったら面白いですよねー」とO山。
 確かに目の前を通る取り澄ました紳士淑女がみーんな素っ裸だったらと考えるとそれだけで愉快になってくる。現代人は文明人だと気取っていても、服を脱いでしまえば他の動物と何ら変わらない。このマンガは、手塚先生のそんな皮肉が効いた異色の大人マンガだったのだ。
 そして先生もこの設定をとても気に入っていたようで、講談社版手塚治虫漫画全集のあとがきには「あまりにしめきりに遅れるため中断されました」と書いており、もっと連載を続けたかった気持ちがうかがえる。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『ヌーディアン列島』より。裸で過ごすことが当り前になると、逆に服を着ていることが恥ずかしくなる!? ※トビラ原画の画像は『手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970』(玄光社刊)より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

昭和30年代初期の撮影と思われる絵はがき。写真の中央が旧・尾張町交差点(現・銀座四丁目交差点)で、真ん中を貫いているのが中央通りだ。この写真の左手が旧・小松ストア=現・ギンザコマツの場所だ


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

その銀座中央通りが出てくる『ヌーディアン列島』の一場面。期待して見に行ったパレードでも着衣はなし。ただし急進派の女子学生たちが、体制に抗議するために、洋服を着たあられもない姿で路上に横たわっていた



◎朝の“オワリ町”で起きていた出来事とは!?

 銀座四丁目交差点へ戻ってそこから晴海通りの北側を見ると、右手前方に銀色に輝く大きなビルが見える。現在は「有楽町センタービル」という名前だが、1984年にビルが完成した当初は「有楽町マリオン」と呼ばれていた。さらにその昔はここに「日劇(日本劇場)」が建っていた。
 このころのこの界隈の風景が登場するのが1969年に『漫画サンデー』に連載された『ペックスばんざい』だ。
 サラリーマンのフースケは、ある日銀座の路地裏で、人間の男性のアレ=男性自身にそっくりな生物と出会った。その後、その生物には女性自身そっくりなメスもいることが判明。フースケはこの新生物をペックスと名付けた。
 ペックスにはゴミを集めて巣を作る習性があり、東京都清掃局はペックスをゴミ回収に利用して、見事赤字から黒字への転換に成功する。しかし所かまわず現われては交尾するペックスたちに、人間はしだいに不感症になってしまうのだった。
 この作品に登場する銀座の街角は、銀座ではなく「オワリ町」と書かれている。尾張町というのは銀座に戦前まで存在した町名で、現在の銀座5~6丁目に当たるという。またその当時は銀座四丁目交差点を尾張町交差点と呼んでいた。戦後、尾張町という地名はなくなったが、昔からの銀座を知る人は、いまだにこの地域を尾張町と呼ぶ人がいる。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『ペックスばんざい』より。ある日、フースケは男女のアレにそっくりな動物を発見した……。※トビラ原画の画像は『手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970』(玄光社刊)より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『ペックスばんざい』に登場する「オワリ町」交差点から日劇方面を見た構図(左、撮影/O山)と、撮影中のO山の後ろ姿。こ、このスカジャンの絵柄は何と横山光輝の『三国志』!? じつは展示会で購入した限定品だとO山は自慢するのだが、手塚治虫公式サイトの取材でこのチョイスはいかがなものだろうか。まあ似合ってるから許す!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『ペックスばんざい』より。東京都清掃局は、ゴミを集めるペックスの習性を利用して都会のごみを夜のうちに一掃する作戦を思いつく。しかし、それはいいことばかりではないのだった……


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

日劇前を撮影した戦前の絵はがき。手前に見える橋はかつて外堀通りに架かっていた数寄屋橋である。数寄屋橋は1958年12月に高速道路建設のため撤去された



◎大きな秘密を持った女性と出会ったのは……!!

『ペックスばんざい』に描かれた「オワリ町」に思いを馳せながら晴海通りを北上し、先ほどの「有楽町センタービル」前へやってきた。
 さんぽ当日にはもう散ってしまうのではないかと心配していた桜が何とか持ちこたえてくれていて、センタービル前の交番脇に立っている桜の木もちょうど満開となっていた。
 そこでO山に「この桜の木ナメでセンタービルの写真を撮っておいて」と言って撮ってもらった写真がこちら。何とセンタービルが桜に隠れて何を撮った写真かよく分からなくなっている。んー、まあいいか!
 この有楽町センタービルの場所にかつて建っていた「日劇ビル」は、先ほど紹介した『奇子』にも、昭和30年代の場面で登場しているのでぜひマンガでチェックしてみよう。
 それからもうひとつ、かつて日劇ビルの隣に建っていた松竹系映画館「丸の内ピカデリー劇場」が出てくる大人マンガがある。それが1968年『漫画サンデー増刊号』に掲載された読み切り作品『嚢(ふくろ)』である。
 このマンガの主人公の青年は、雨の中、ここで映画館から出てきたばかりらしいひとりの女性と出会う。女性の名は綾野リカ。ふたりはたちまち恋に落ちた。ところが青年がリカに結婚を申し込もうと家を訪ねると、母親は「リカという娘などいない」と言うのだった。そして代わりにそこにいたのは、外見はリカにそっくりだが趣味も性格もまるで異なるマリという女性だった!?
 ネタバレになるので、これからこのマンガを読もうという方は、以下の文章を読み飛ばしていただきたい。

※ネタバレ注意
 じつはリカはマリの体内で育った畸形嚢種だった。マリとリカは本来は双子として生まれるはずだったが、胎児になる過程でマリの体がリカの体の中へ入り込んでしまったのだ。つまりマリの出自は『ブラック・ジャック』のピノコのルーツだったのである。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『奇子』より、昭和33年の日劇前風景。そこへ今や暗黒街の顔役となった祐天寺富夫がやってきた。いったい何が起ころうとしているのだろうか……!?


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

O山が撮影した桜と有楽町センタービルの写真。桜はちゃんと写っているけどセンタービルはどこに!?

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

そんなこともあろうかと、ちゃんとぼくも撮影していたのでご心配なく。こちらが有楽町センタービルの全景です


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『嚢(ふくろ)』より。青年は雨のピカデリー劇場前でリカと出会った。雨音にかき消されたふたりの会話の表現が粋である。※トビラ画像は『別冊太陽 手塚治虫マンガ大全』(平凡社刊)より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

映画館「丸の内ピカデリー」は、現在は有楽町センタービルの中に入っている。ピカデリー1と2が同ビル9階で、ピカデリー3は新館5階だ。なのでセンタービルを入れ込みでマンガのカットに近いアングルで撮影するとこんな感じになるだろうか


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『嚢(ふくろ)』より。青年とリカの恋には意外な結末が待っていた……!! ※最終ページの画像は『別冊太陽 手塚治虫マンガ大全』(平凡社刊)より



◎銀座・日比谷界隈にも空襲の被害があった!!

 続いてこの旧・日劇近くの銀座・日比谷界隈のいくつかの場所が続けて登場しているのが『アドルフに告ぐ』だ。このマンガは1983年から85年にかけて『週刊文春』に連載された作品で、かつてドイツを支配した独裁者ヒトラーの出自にまつわる秘密と、日本の戦前・戦中の歴史とが複雑にからんで展開する一大長編である。
『アドルフに告ぐ』に銀座・日比谷界隈が出てくるのは、物語も終盤に近い昭和20年1月のころだ。アメリカ軍の爆撃機による日本への空襲が激しくなり、連日のように軍需工場や都市部への空襲が繰り返されるようになっていた。そんな空襲の被害状況を伝えるドキュメンタリータッチの場面でここ銀座・日比谷界隈が登場している。具体的に描かれている場所は日比谷交差点、有楽町駅、泰明小学校の3ヵ所だ。なのでこれらを順番に巡っていこう。
 まずは日比谷交差点へと向かう。交差点の北東角にマンガと良く似た外壁のビルが建っている。ただしこれは2007年にオープンした高級ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で、昭和20年(1945年)には当然ここには建っていないし、手塚先生がこのマンガを描いた時代にもなかった建物である。
 ザ・ペニンシュラ東京が建つ前、ここには1952年に竣工した日活国際会館(後に日比谷パークビルと改名)というホテルと各種テナントが入った複合商業ビルが建っていた。ただしそのビルのデザインもマンガの絵とは違っている。もしかしたら、ザ・ペニンシュラ東京のビルは、日比谷パークビル以前にここに建っていたビルのデザインを参考にして建てられたのだろうか。それともまったくの偶然か。残念ながら昭和20年当時の日比谷交差点の写真が見つからなかったので、今後新資料が見つかったらあらためてご報告いたします。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『アドルフに告ぐ』より。アメリカ軍の爆撃機B29による空襲で、銀座、日比谷界隈も大きな被害を受けた。※トビラ原画の画像は『手塚治虫扉絵原画コレクション1971-1989』より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

現在の日比谷交差点。右に見える薄茶色のビルがザ・ペニンシュラ東京だ

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

有楽町駅前。周りの風景は大きく変わったが、赤レンガ造りのガードは昔のままだ


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

さんぽ中の黒沢。この日は夜から寒くなると言われていたので厚着をしてきたが、3月にしてはむしろ暑いくらいだった(撮影/O山)



◎いま話題の泰明小学校を歩く!!

 続いて有楽町駅前へ。ここも昭和20年当時とは風景が大きく変わっているが、レンガ造りのガードは健在なので、その風景をマンガに近い構図でカメラに収めた。
 そして3ヵ所目の泰明小学校へと向かう。
 中央区立泰明小学校は銀座のど真ん中、銀座5丁目にある公立の小学校である。その歴史は古く創立は明治11年(1878年)。今年2018年で創立140周年となる。この学校の出身者には、島崎藤村や近衛文麿、朝丘雪路、加藤武などなど、文豪から政治家、映画スターまで著名人の名前がずらずらと並ぶ。さすが銀座の一等地にある小学校である。
 ただし去年から今年にかけては別のことでこの小学校に注目が集まった。今年の4月から、この学校の標準服をイタリアのファッションブランド「アルマーニ」デザインのものにすると発表したところ、賛否両論が噴出して大きな話題となったのだ。
 かつてバブル景気が華やかだった1980年代、私立の学校や企業がブランドデザインの制服を採用するのが流行した時代があった。しかし当時は超好景気だったから評判になりこそすれ批判されることはほとんどなかったように思う。けれども今回は舞台が公立小学校だために否定的な意見も多く、結果的に炎上に発展してしまったのだろう。
 ここをさんぽしたのは、その新標準服を着た新一年生が通い始める直前の3月末のことである。ぼくは、テレビのニュースを見て写真を撮りに来たお上りさんと思われないように遠巻きにして控え目に写真を撮っていたのだが、O山は一向に意に介することなくバシバシと写真を撮りまくる。
 ついには学校の職員が校庭を横切ってぼくらの方へまっすぐに近づいてきた!
「す、すみません、ぼくら虫さんぽ隊と言いまして……!!」
 とあわてて釈明しようとしたところ、どうやら目的はぼくらではなく、来客があるために門扉を開けにきただけだったようである。
 ちなみに学校職員が近づいてきたとき、O山はぼくを押しのけて真っ先にその場から逃げたことは言うまでもない。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

レトロなたたずまいの泰明小学校の校舎。この校舎は昭和4年に建てられたものだそうである


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

ぼくが遠慮がちに遠くから撮影しているのに、ひとりぐいぐいとカメラを構えて小学校の門へと近づいていくO山。よく見ると校庭の奥の方から職員が近づいてくるのがこの写真にもはっきりと写っている(撮影/O山)


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

ついに門が開いた! これは怒られるか!? と思ったらO山はものすごいスピードで道路の反対側へと逃げていた。まあ門が開いたのは来客の車を中へ入れるためで、ぼくらはまったく関係なかったんですけどね


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

今年新たにできた銀座の新名所、東京ミッドタウン日比谷。ちょっとだけでも中を覗いてみたかったなあ……

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

そのミッドタウンの真ん前では、こちらも2018年3月22日に除幕式が行われたばかりの、高さ3メートルの「新・ゴジラ像」が観光客の注目を集めていた


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

東京ミッドタウン日比谷に入れない悔しさからか(?)、入場待機の案内をしていた係員の写真を撮る大山。撮ってどーする!?



◎日比谷でランチ。しかし入場規制!?

 ここでちょうどお昼時間になったので昼食を食べる場所を探すことにした。じつはさんぽの数日前、2018年3月29日にオープンしたばかりの新名所がすぐ近くにある。東京ミッドタウン日比谷だ。地上35階建ての超高層ビルで上層階はオフィス階、地上1階から6階までが各種テナントの入った商業施設となっている。
 せっかくなのでここでお昼を食べようと近づいてみると、何とビルに入るのに順番待ちの列に並ばないといけないという。隣にいるO山を見ると、油の切れたロボットのように動きがぎこちなくなっている。O山はお腹が空くと見る見る動作が鈍くなってくるのだ。
 そこで東京ミッドタウン日比谷でのランチはあきらめて、その真向かいの日比谷シャンテで無事昼食にありついた。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

日比谷シャンテで食べたオーガニックなランチ。ヘルシーで美味しかったです



◎かつて日本を黒い霧が覆った時代があった!?

 お腹がふくれて眠くなったぼくは、エネルギーが満タンになり元気回復したO山に引きずられるようにして次の目的地を目指す。
 次の目的地は日比谷から皇居の西側を北上した場所にある警視庁本部庁舎だ。
 今回紹介する、ここが舞台として登場する大人マンガは前出の『奇子』だ。昭和24年7月、このころ日本では当時の国鉄職員三万人以上の大量解雇が発表され、国鉄職員の労働組合による猛反発が起きていた。
 そんな中、警視庁の下田警部は警視庁本部庁舎の一室に詰めていた。そこへ1本の電話が入る。それは何と渦中の国鉄総裁が列車に轢かれた轢死体で見つかったという急報だった。日本の暗部に渦巻く黒い霧をめぐり、物語はここから大きく動き出すことになる──!!
『奇子』に登場する警視庁本庁舎は1931年に建てられた旧庁舎で、その後1980年に現在の建物に建て替えられた。この警視庁本庁舎は皇居西側の桜田門の目の前に位置していることから通称「桜田門」とも呼ばれている。
 ちなみに旧警視庁本庁舎の建物には、ビルのてっぺんに円柱形の部分が突き出た独特の形をしていた。じつは設計当初、あの円柱部分はもっと高く作られて周囲を警戒する“火の見やぐら”的な用途で使われる予定だったらしい。しかし建築前に「皇居を見下ろす位置にそんな高い建物を建てるのはけしからん」というお叱りを受け、あのように上部をカットせざるを得なくなったんだそうである。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

警視庁本部庁舎。昔の建物にくらべて今の建物はサンドイッチみたいで面白味がないなあ


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

皇居の桜田門奥から旧・警視庁本部庁舎を撮影した戦前の絵はがき。当時は桜田門の中まで入れたんですかね。雑誌『主婦之友』昭和7年9月号付録


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『奇子』より。警視庁本部庁舎にいた下田警部のもとに、国鉄の霜川総裁が死体で見つかったとの急報が入る!



◎大ピンチ! 職務質問寸前!?

 この警視庁をぐるっと西側へ回ったところに立っている堂々とした建物が皆さんテレビのニュースなどでよくご存知の国会議事堂である。
 国会議事堂が舞台として登場するのが、1973年に『ヤングコミック増刊号』に掲載された読み切り『悪魔の開幕』だ。舞台は、極右的な内閣が成立したことにより国民が抑圧された社会となっている近未来(1970年代後半)の日本。反体制派の青年達から“先生”と呼ばれ慕われている大物思想家が首相暗殺計画を企てていた。その実行要員として白羽の矢が立ったのがごく平凡なひとりの青年であった。こんな不気味な物語の序盤で、国家権力の象徴として見開きの大ゴマでドーンと描かれているのがここ国会議事堂だったのだ。
 O山とふたりで国会議事堂の正門前へ歩み寄ると、周囲にはテロを警戒する警察や機動隊の車両が点々と配置されており、銀座周辺とはまるで違うものものしい雰囲気だ。
 ぼくひとりでカメラを持ってウロウロしていたら不審者として職務質問を受けるんじゃないかというくらいピリピリした空気が漂っている。
 だけど今回は派手なマンガ柄のスカジャンを着たO山が同行している。そればかりではなく、いつものほほんとした顔のO山は、不審者とは対極に位置するユルさの持ち主なのである。O山が不審者ならば日本中の人間が不審者になってしまう。それほどいつも緊張感がないのである。そんなO山のおかげでぼくらは一切警官に怪しまれることもなく、無事に国会議事堂をカメラに収めることができたのだった。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

重厚な風格をただよわせる国会議事堂。この建物は昭和11年(1936年)に竣工した


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『悪魔の開幕』より。無名の青年に首相暗殺を命じる思想家の“先生”。青年はその命令を忠実に実行し暗殺は成功したかに見えたが……!! ※トビラ画像は『別冊太陽 手塚治虫マンガ大全』(平凡社刊)より



◎水筒かペットボトル必携の皇居周辺さんぽ!!

 ではいよいよ本日最後の大人マンガスポットへと向かおう。
 国会議事堂からは徒歩15~20分ほどの場所だ。しかしこのあたりでO山がノドが渇いたと言い出した。そうこうしているうちにO山の動きがみるみるロボット化し始めた。水分が足りなくなっても動きが鈍くなるようだ。
 確かに気がついてみると、日比谷通りを超えて皇居のお堀沿いを歩き出してからは、お店はおろか、ドリンクの自動販売機すら1台も見当たらない。夏場にこのルートをさんぽする際には、事前に水筒かペットボトルの飲み物を用意しておくことを強くお勧めいたします。
 そしてようやく道の向こうに最後の目的地である「千鳥ヶ淵緑道」が見えてきた。千鳥ヶ淵緑道は、皇居北西の角にあるお堀の一角、千鳥ヶ淵沿いを走る遊歩道だ。桜の名所としても有名で、満開時には全長700メートルもの桜のトンネルができる。今回の大人さんぽをこの時期に決行したのも、この桜のトンネルを皆さんにお見せしたかったからなのだ。冒頭にも書いたようにこの日は東京の桜がギリギリ満開だったので、ぼくらも十分にこの絶景を味わうことができた。



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

今回の虫さんぽは、至るところで桜が出迎えてくれた。皇居のお堀もこの美しさ!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

ノドがからからになりながら、ようやく千鳥ヶ淵緑道の半蔵門側入口に到着した

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

ご覧の通りの見事な桜のトンネル。予想ではもうだいぶ散ってしまっているんじゃないかと思っていたが、ぼくらを待ってくれていたようだ。桜の名所なだけあって、この日も観光客がわんさか集まっていた。人通りの少なくなったところでパシャリ!



◎下水道をさまよった末に出てきた場所は!?

 ここ千鳥ヶ淵が登場する手塚の大人マンガは、1973年から74年にかけて『ビッグコミック』に連載された『ばるぼら』だ。
 新宿で奇妙なフーテン女・ばるぼらと知り合った作家の美倉洋介。彼は彼女の不思議な魅力の虜となり、彼女なしではいられなくなっていく……。そのばるぼらの母・ムネーモシュネーの営む骨董店にはさまざまな奇妙な仕掛けがあり、そのひとつが下水道を通って千鳥ヶ淵の石垣へと通じる抜け道だった。
 ちなみにムネーモシュネーの店は新宿区「歌舞伎町五丁目15番地の小さな薬屋の隣」にあったはずで、虫さんぽ第40回の新宿さんぽで紹介済みである。ということは、美倉とばるぼらは東京の下水道を新宿から千鳥ヶ淵まで歩いてきたということか。それとも地下道のどこかで時空間が歪んでいるのだろうか……。

・虫さんぽ第40回:東京・新宿界隈 SF作家仲間との交流、そして路地裏アラベスク!!

 この千鳥ヶ淵緑道を、のどが渇いてロボットのようになったO山と一緒に、桜のトンネルを楽しみつつそぞろ歩き、靖国通りに出たところで今回はゴール。東京メトロの地下鉄九段下駅はすぐ目の前である。ただしさんぽ当日はすぐお隣の武道館でアイドルのコンサートがあったらしく地下道入口周辺はものすごい人波でごった返していた。改札へたどり着くまで10分はかかりそうである。
 そこでファミレスへ入って時間調整&水分補給をすることにした。ジュースを一気に飲み干したO山も大復活。お疲れさまでした。
 さて次回は皆さんが夏休みに出かけるのにお薦めなさんぽルートを紹介すべく都内近郊を離れて遠征に出かける予定です。果たしてどこへ行くのか。ぜひまた次回のさんぽにもおつきあいください!!



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

『ばるぼら』より。ばるぼらの母の骨董店から、ばるぼらを連れだして逃走する美倉洋介。下水道を迷走した後にようやくたどり着いた場所は千鳥ヶ淵だった。※トビラ原画の原画の画像は『手塚治虫扉絵原画コレクション1971-1989』より


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

千鳥ヶ淵の風景。貸しボート屋があると知ったO山は「乗りましょう、黒沢さん!」と珍しく強く自己主張した。ところがボート乗り場に長蛇の列が出来ていると知るや「やめましょう、黒沢さん!」と即断。なかなかの決断力である


虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

千鳥ヶ淵の石垣にマンガのような下水道へ通じる穴はないかと探したのだが、ようやく見つけられたのがこの排水口のみだった。美倉とばるぼらがここから出てきたと考えるのはいささか無理がある

虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

緑道が終わり、靖国通りへ出たところで大人マンガさんぽはゴールです。お疲れさまでした!!



虫ん坊 2018年5月号:虫さんぽ 第58回:銀座-日比谷-皇居周辺、手塚治虫大人マンガさんぽ!!

(今回の虫さんぽ、6時間27分、25,033歩)



黒沢哲哉
 1957年東京生まれ。マンガ原作家、フリーライター。手塚マンガとの出会いは『鉄腕アトム』。以来40数年にわたり昭和のマンガと駄菓子屋おもちゃを収集。昭和レトロ関連の単行本や記事等を多数手がける。手塚治虫ファンクラブ(第1期)会員番号364番




コラム バックナンバー

 虫さんぽ

 あの日あの時



戻る


UP!