TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


以前の虫ん坊虫ん坊:2011年1月号(106)次の虫ん坊
虫ん坊:2011年1月号

特集1:『ブッダ』 ― 元『ブッダ』漫画連載担当編集者 潮出版社 大浦 静雄さんインタビュー ― 特集2:男“声”ばかりの『リボンの騎士』!? メンズオンリーシリーズ・ドラマCD『リボンの騎士』発売! オススメデゴンス!:『リボンの騎士 少女クラブ版』 手塚マンガあの日あの時 第14回 『マグマ大使』と特撮怪獣ブームの時代 投稿:虫ん坊読者の広場 編集後記:今月のひとこと
虫ん坊 2011年1月号 特集1:『ブッダ』 ― 元『ブッダ』漫画連載担当編集者 潮出版社 大浦 静雄さんインタビュー ―

虫ん坊 2011年1月号 特集1:『ブッダ』 ― 元『ブッダ』漫画連載担当編集者 潮出版社 大浦 静雄さんインタビュー ―

 手塚治虫が独自の解釈で、仏教の開祖かいそ釈尊しゃくそん(ブッダ)の生涯を漫画化した大作『ブッダ』。『希望の友』で連載を開始し、その後『少年ワールド』『コミックトム』へと、潮出版社のコミック誌に11年もの歳月をかけて連載されました。
 今月の虫ん坊では、1976年から83年まで、7年間「ブッダ」の連載を担当した編集者、潮出版社うしおしゅっぱんしゃ 大浦静雄おおうらしずおさんに当時のお話などを伺いました。

特集1


虫ん坊 2011年1月号 特集2:男“声”ばかりの『リボンの騎士』!? メンズオンリーシリーズ・ドラマCD『リボンの騎士』発売!

虫ん坊 2011年1月号 特集2:男“声”ばかりの『リボンの騎士』!? メンズオンリーシリーズ・ドラマCD『リボンの騎士』発売!

 天使チンクのいたずらで、男の心と女の心を併せ持って生まれてしまった王女、サファイア。ちょっとした間違いで、シルバーランドの王子として育てられますが、陰謀家の貴族、ジュラルミン大公とその腰ぎんちゃく、ナイロンきょうに狙われ、王位を巡る争いに巻き込まれてしまい……。
 まさに日本の少女漫画の古典にして、手塚マンガの中でも今なお女性を中心とした読者たちに根強い人気を誇るこの作品を、なんと男性声優ばかりのキャスティングでドラマCD化するとのこと。
 なんだか面白そうな企画! ということで、虫ん坊ではその収録現場にお邪魔し、サファイアを演じた声優 山口勝平やまぐちかっぺいさんと、この企画をしかけた株式会社モモアンドグレープス 富岡信夫とみおかのぶおさんにお話を伺いました。

特集2


虫ん坊 2011年1月号 オススメデゴンス!:『リボンの騎士 少女クラブ版』

虫ん坊読者の皆さん、あけましておめでとうございます! 
新春1度目の「オススメデゴンス」は、日本の少女漫画の第1号、と言われる記念碑的作品、『リボンの騎士 少女クラブ版』を紹介します! 2011年の今でもサファイア、充分かっこいい! 永遠の女子の夢です。
お正月休み、こたつでまったりしながら、サファイアの勇ましい活躍ぶりを堪能しましょう!

オススメデゴンス!

虫ん坊 2011年1月号 オススメデゴンス!:『リボンの騎士 少女クラブ版』


虫ん坊 2011年1月号:手塚マンガあの日あの時 第14回 『マグマ大使』と特撮怪獣ブームの時代

虫ん坊 2011年1月号:手塚マンガあの日あの時 第14回 『マグマ大使』と特撮怪獣ブームの時代

1963年、『鉄腕アトム』でテレビアニメの時代を切り開いた手塚治虫──。その後、テレビで放送されるアニメの数は急速に増えていった。しかしそこへ新たなブームが割り込んできた。怪獣ブームである。『ウルトラQ』を皮切りに、60年代後半から70年代にかけて、特撮怪獣テレビドラマはアニメに勝るとも劣らぬ人気を獲得していった。当時手塚は、アニメに心血を注いでおり自身のマンガを特撮ドラマ化することには否定的だった。そんな手塚が『マグマ大使』の特撮テレビドラマ化を許した理由とは!? 今回は怪獣ブーム時代と手塚作品の関わりについて振り返る。

コラム

 


投稿:虫ん坊読者の広場

 

 みなさん、あけましておめでとうございます!


 一月号あてにたくさんの年賀状、ありがとうございます! 社員一同、よろこんでおりますよ!

投稿

 

投稿たくさんありがとう!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

明けましておめでとうございます!


お正月の良いところは、惜しげなく決まり文句の挨拶をふりまけるところですね! むしろ言わないとおかしいぐらいの気分で、会う人ごとに言って回ることができるのはこの時期だけですから、いっそうるさいぐらいに言いまくるのも良いかもしれません。


明けましておめでとうございます!


画像は弊社の年賀状でございます。ブッダと干支のウサギ、ボッコとミミオがいるデザインです。投稿コーナーにもたくさん年賀状をいただきありがとうございました。良い年になるといいなあ・・・


いとう