アニメアニメ

テレビシリーズ

鉄腕アトム(1963)

日本のアニメーションの歴史を一変させた手塚治虫の金字塔のひとつです。日本最初の長編テレビ用連続アニメとして制作されたこの作品が、現在にまで至る、日本のアニメ文化隆盛の礎を築きました。また同時にこの『アトム』の成功によって、アニメは低予算で作っても儲かる、というテレビ局の認識を生んでしまい、現在にまで至る、アニメータ...

ビッグX

これは虫プロではなく東京ムービーという新しいアニメ会社の創立第一回作品として原作を提供した作品です。手塚治虫の原作を虫プロ以外の会社が製作したのは、この作品が始めてのことでした。マンガではナチスとの戦いの中でファシズムの恐怖を告発するシリアスな展開が盛り込まれていましたが、アニメ版では正義の味方が悪者を倒す、という...

W3

虫プロ初のTVオリジナル作品。アニメのスタッフ全員でキャラからストーリーまで一から作り上げて行きました。もちろんマンガとしても連載されましたが、あくまでもアニメ作品として最初は企画されたものです。三人の宇宙人、ボッコ、プッコ、ノッコはウサギとウマとカモに姿を変えて、星真一少年と、その兄で地球を守る秘密機関フェニック...

ジャングル大帝(1965)

白いライオン、パンジャとその子レオを中心にして大自然の中で繰り広げられる弱肉強食の生存競争や、人間と動物とのかかわりなどを描いた大河ドラマです。 日本ではじめてのテレビ用カラー・アニメーションで、そのため色のつけ方ひとつひとつにも何度も試行錯誤が繰り返されました。また音楽もそのまま劇場用映画として転用できるようにと...

ジャングル大帝 進めレオ!

大人になったレオとその家族(妻は幼友達のライヤ、子どもはレオそっくりのルネとライヤそっくりのルッキオ)のドラマを中心にした物語が展開されて行きます。また原作ではその悲劇性に涙を誘われる人も多かったラストが、このアニメ版ではハッピーエンドに変更されています。それもまたファミリーの絆をこそメイン・テーマとして製作された...

リボンの騎士

サファイヤは王子として育てられているけれど、本当は女の子。天使のミスで女の子の体に男の子の心が入ってしまったお姫様が誕生してしまったのです。そのサファイアは世継ぎのいない王国で男の子として育てられますが、大臣たちはサファイヤが本当は女の子であることを暴こうとします。そんな王国にはびこる悪に黙っていられずに、サファイ...

悟空の大冒険

鉄腕アトムの後番組で、虫プロのカラーテレビアニメシリーズ第2作。パイロット版「孫悟空が始まるよー」が悟空が真面目過ぎると子どもたちからの批判を受けて、大幅に設定が改められ、ならば徹底的に不真面目にしてやろうと、スタッフも当時としてはかなり実験的な試みを行い、現代っ子らしいヤンチャ坊主にしたら、今度は「言葉遣いが汚い...

どろろ

室町時代の中ごろ、応仁、文明の大乱を経た1470年代の出来事、という設定になっています。舞台は北陸、そして能登半島。体の48箇所がなく、人間とは言えない主人公は作り物の体で、自分の分身ともいえる48匹の妖怪と戦いながら、自分の体を取り戻して行く、というお話です。また14、15、18、19、20、23、25話は、原作...

バンパイヤ

古くは『錨をあげて』や『南部の歌』、新しいところでは『ロジャー・ラビット』『スペース・ジャム』とハリウッドではアニメが実写に絡む、という映画がたまに作られますが、日本のテレビでこの試みはたいへん珍しいものでした。しかも30分のシリーズ物で、これを実現するのは当時の技術では大変なことでした。オオカミに変身してしまうバ...

ふしぎなメルモ

虫プロの社長を退陣した手塚治虫が、新たに興した手塚プロダクションで作られたTVシリーズ、性教育を単にセックスの話としてではなく生命の尊厳と神秘という大テーマとして取り上げています。大人になったり赤ちゃんになったりできる不思議なキャンディーを手にした少女メルモちゃんがさまざまな冒険を通して「女性」という「性」を学んで...

海のトリトン

5000年前に平和に暮らしていたアトランティス大陸を、ポセイドン族によって滅ぼされたトリトン族、その末裔であるトリトンは海で支配するポセイドン族を倒すため海を舞台に大冒険を繰り広げます。...

ミクロイドS

虫たちの視点から環境問題をみつめた作品で、ヒーローは巨大化するもの、という常識に対して小型化という変身で目新しさを狙っています。視点が変わると見えてくる世界も変わってくる、身近な世界が未知の世界になるそして身近な世界が、いままさに破滅へと向かって突き進んでいることが見えてくる、そんな作品です。...

ワンサくん

ディズニーの「わんわん物語」といった趣の作品で母犬をさがすワンサと仲間たちの交流を描いています。ワンサくんは三和銀行のマスコットキャラとして作られたものですが1はそのキャラを使っただけのオリジナルで手塚治虫は原作としてクレジットされているだけです。...

ジェッターマルス

アトムと違って正義のヒーロー7つの力、といったスーパーロボットではなく、人間の子供のようの悩み、成長していくロボットの物語です。ローマ神話の軍神マルスの名を持つ少年型アンドロイド、マルスを軍事利用しようとするのはマルスの体を作った山之上博士、それに断固反対するのは、マルスの電子頭脳を作った川下博士という設定からもわ...

鉄腕アトム(1980)

旧作のリメイクですが、エピソードひとつひとつの内容も現代的にアレンジされています。また「アトム対アトラス」という善と悪の明確な対立をシリーズとして9本挿入しているのも手塚治虫らしいところです。つまり善と悪の対立というテーマを9本続けることで逆に、善も悪もそれぞれにそれぞれの弱さと悩みを抱えているのだと分かってくると...

ドン・ドラキュラ

久しぶりのテレビシリーズとして作られたのですが、4話をオンエアしたところで広告代理店が倒産したため、放送中断となってしまった不幸な作品。フィルムとしては8話まで完成していて、これは地方局ではオンエアされました。ルーマニアの洋館を買い取り、そのまま東京に運び込んできたら、その洋館には吸血鬼のドン・ドラキュラ、娘のチョ...

ジャングル大帝(1989)

人間と言葉を交わせる白いライオン、というのが『ジャングル大帝』のオリジナル・アイデアですが、今回の1ではレオは人間と会話できません。動物たちと人間たちとが現実世界と同じように完全には心を通わせられない、そんな葛藤がこのシリーズでは描かれるのです。だからレオも決してスーパーヒーローではなく、人生に悩み、自問自答を繰り...

青いブリンク

『せむしの仔馬』といえば手塚治虫のライフワークとなった『火の鳥』のイメージの源になったソビエトのアニメーションとしても有名ですが、手塚治虫はよほどこの作品に思い入れがあるようで、新たに『せむしの--』の現代版として企画されたのが、この作品です。宇宙からやってきた不思議な青い子馬と少年との友情物語を軸に、夢を見ること...

三つ目がとおる

額にある三つめの目が絆創膏で隠されているときは幼児のように無邪気な男の子。けれど、絆創膏が外されると古代文明を築いた三つ目族のパワーが宿った悪魔的な超人に変身する。そんな少年、写楽が活躍する1です。しかし原作ではかなり高度な古代文明に対する手塚治虫流の考察が盛り込まれ、写楽のパートナーとなる和登さんのお色気シーンも...

聖書物語

バチカンからイタリアの国営放送を通して手塚治虫に「ぜひ聖書をアニメにしてくれ」という依頼が来ました。クリスチャンではない手塚治虫が描く聖書の世界。それを観たいというリクエストだったようです。手塚治虫はその依頼に応えて、二年もの歳月を費やしてパイロット・フィルムを完成させました。それはノアの箱船神話を描いたもので、手...

陽だまりの樹

主人公の一人、手塚良庵(後の良仙)は実在の人物であり、日本医学上小石川に種痘所を創設した人物として名を残しています。そして彼は手塚治虫氏本人の曽祖父でもあります。物語は、剣の才能に恵まれ正義感が強く直情型の下級武士・伊武谷万二郎と、ちゃらんぽらんな性格で女好きだが医師として情熱に富み、優れた技術を持つ手塚良庵の二人...

ASTROBOY鉄腕アトム

世界では様々なロボットが開発され、人間の手足となって活躍していました。しかしそれらは命令のままに動くただの機械でしかありませんでした。そんな中でアトムは世界初の心を持つロボットとして誕生しました。 心を持つロボットの存在は、人間達の間に波紋を広げます。憧れるもの、恐れるもの、中には、「心を持つロボットを排除しろ!」...

ブラック・ジャック

映画、OVA、実写のTVドラマなど、さまざまな形で映像化されてきた人気作『ブラック・ジャック』の、初のTVアニメシリーズ。 基本的に原作に忠実な作りだが、幅広い層の視聴者に受け入れられるよう、手術シーンの描写やストーリー展開にアレンジが加えられている。 また、飼い犬のラルゴや、「三つ目がとおる」の写楽や和登千代子が...

ブラック・ジャック21

「ブラック・ジャック」と同じスタッフによる、新シリーズ。新キャラクターが追加され、一話完結だった旧シリーズから、連続性のあるストーリーへとリニューアルされた。ブラック・ジャックは、自分の命を狙う謎の組織の陰謀を解き明かすため、手がかりを求めてピノコとともに世界中を駆け巡る。...

白鯨伝説

キングクーロンいちのすご腕くじら捕りグループ、エイハブ船長たちの元に、自分の故郷・惑星モアドを助けてほしいと頼みにやってきたラッキー。 ラッキーが訴えたのは、モアドを襲う惑星消滅弾、真っ白で、空恐ろしいほど美しい、巨大な“白鯨”の脅威。しかし、エイハブは白鯨を知っていた!その白い悪魔は、エイハブから片目、片足を奪っ...

火の鳥

長い間、多くの人々に愛され続けてきた手塚治虫の「火の鳥」には、わたしたちが深く考えるべき二つの大きなテーマが描かれています。 そのひとつは、「歴史」「宗教」「愛」「寿命」「生き様」といった人類に普遍的な「生」の問題です。 もうひとつは、科学や文明の発達にともない提起され始めた、「環境」「遺伝子操作」「クローン技術...

おにいさまへ…

「週刊マーガレット」に掲載された池田理代子原作の少女漫画を「白鯨伝説」「ブラック・ジャック」を手掛けた出崎統が手塚プロで初めて監督したアニメ作品。私立青蘭学園高等部に入学した御苑生奈々子、そこにある「ソロリティー」と呼ばれる華麗な社交クラブ、学園の憧れの存在である右大将・薫の君=折原薫、宮さま=一の宮蕗子、サン・ジ...