マンガマンガ

ストーリー

無免許の天才外科医ブラック・ジャックが活躍する医学ドラマです。ブラック・ジャックは、天才的な外科手術の技術を持ち、死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助けます。しかしその代価として、いつも莫大な代金を請求するのです。そのため、医学界では、その存在すらも否定されています。人里離れた荒野の診療所に、自ら命を助けた助手のピノコとともに、ひっそりと暮らすブラック・ジャック。彼の元には、今日も、あらゆる医者から見放された患者たちが、最後の望みを託してやってくるのです。

解説

1973/11/19-1983/10/14 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店) 連載

手塚治虫は医学博士であり、医者の免許を持っていました。それで、自分がもし医者になるならこんな医者になってみたいという理想の姿を描いたのが、この『ブラック・ジャック』です。『ブラック・ジャック』は、初め、漫画家生活30周年記念・手塚治虫ワンマン劇場と銘打った、手塚マンガのキャラクターが総出演するオールスターキャストの短期(5回)読み切り連載の予定でした。しかし人気が出たため、結局、5年間、230話にわたって読み切り形式で連載は続き、連載終了後も読み切りとして13話が描かれました。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、楽天KOBOの立ち読みビューアが起動します。
 ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • ブラック・ジャック (1)
  • ブラック・ジャック (2)
  • ブラック・ジャック (3)
  • ブラック・ジャック (4)
  • ブラック・ジャック (5)
  • ブラック・ジャック (6)
  • ブラック・ジャック (7)
  • ブラック・ジャック (8)
  • ブラック・ジャック (9)
  • ブラック・ジャック (10)
  • ブラック・ジャック (11)
  • ブラック・ジャック (12)
  • ブラック・ジャック (13)
  • ブラック・ジャック (14)
  • ブラック・ジャック (15)
  • ブラック・ジャック (16)
  • ブラック・ジャック (17)
  • ブラック・ジャック (18)
  • ブラック・ジャック (19)
  • ブラック・ジャック (20)
  • ブラック・ジャック (21)
  • ブラック・ジャック (22)

こちらもオススメ