マンガマンガ

ストーリー

独自の解釈で描かれた、手塚治虫版ブッダ伝です。 シッダルタは、ヒマラヤ山脈のふもとカピラヴァストウで、シャカ族の王・スッドーダナの長男として生まれました。 けれども、生後7日目に母マーヤと死にわかれ、叔母のパジャーパティに育てられました。 その後、16歳でヤショダラと結婚し、一子ラーフラをもうけますが、人生の根底にひそむ生老病死の問題について考えるようになり、29歳のとき、すべてをなげうって出家します。 やがてピッパラの樹の下で悟りを開き、以後、ブッダ(サンスクリット語で目ざめた人という意味)と名乗って、インド各地をめぐる説法の旅を続けるのでした。

解説

『火の鳥』と同じ、人間の生と死をテーマとした長編作品です。 『火の鳥』を連載していた雑誌「COM」が休刊したあと、雑誌「希望の友」から『火の鳥』の連載を続けないかという申し出がありました。 しかし「希望の友」は少年雑誌で読者年齢が「COM」より低かったため、『火の鳥』の連載はあきらめ、新たに構想したのが『ブッダ』でした。 その後、「希望の友」は「少年ワールド」、「コミック・トム」と誌名を変えイメージチェンジを繰り返しましたが、『ブッダ』の連載は続けられました。 主人公・シッダルタの周囲を固める人物の多くは架空の人物で、さらに実在の人物にも大胆な脚色が加えられています。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • ブッダ 1
  • ブッダ 2
  • ブッダ 3
  • ブッダ 4
  • ブッダ 5
  • ブッダ 6
  • ブッダ 7
  • ブッダ 8
  • ブッダ 9
  • ブッダ 10
  • ブッダ 11
  • ブッダ 12
  • ブッダ 13
  • ブッダ 14

こちらもオススメ