手塚治虫記念館手塚治虫記念館

常設展では手塚治虫のゆかりの品や、作品資料が「火の鳥・未来編」に登場する生命維持装置をモチーフにした展示カプセル40本の中に、展示されています。
また展示は大きく2部に別れ、前半「宝塚と手塚治虫」は宝塚で過ごした少年時代からマンガ家デビューまで、後半「作家、手塚治虫」では、その後の手塚治虫の活躍ぶりを様々な展示物で紹介します。
さあ、手塚治虫の足跡をたどってみましょう。

常設展1 「宝塚と手塚治虫」 1

誕生


お宮参りの時


家族と

手塚治虫は1928年(昭和3年)11月3日、手塚粲・文子夫妻の長男として大阪府豊中市に生まれた。その日が明治天皇の誕生日を祝う明治節であったことから「治」と命名される。父・粲は住友金属に勤めるサラリーマン、母・文子は軍人の娘。父方の祖父・太郎は法律家、曾祖父・良庵はのちに「陽だまりの樹」で手塚が描いたように医者で、母方の先祖には忍者の服部半蔵がいる。粲の趣味はカメラや映画。文子は宝塚歌劇の大ファンでお話が上手。厳格な中にも、趣味的なにおいが強い家庭であった。兄弟は、弟の浩と妹の美奈子。美奈子はとくに長兄の治になついていて、子どものときはいつも兄について回っていたという。

宝塚へ


宝塚大劇場(昭和初期)


宝塚ホテル(旧館)

手塚が5歳のとき、一家は現在の宝塚市御殿山の山林のふもとに手塚太郎が別荘として建てた家に引っ越した。今は住宅地となっている御殿山は当時は雑木林にきつねやたぬきがすみ、昆虫の宝庫だった。また、宝塚歌劇やルナパーク、宝塚ホテル、宝塚ゴルフ倶楽部、ダンスホールなどがあるモダンな街でもあり、手塚マンガのモダニズムはここではぐくまれた。

THE OSAMU TEZUKA MANGA MUSEUM|手塚治虫記念館