虫ん坊

第75回 企画展 生誕90周年記念「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA 1 フランスからみた手塚治虫」

2018/11/08

tomm_manganokamisama.jpg

フランス西部の都市アングレームでは、毎年、ヨーロッパ最大級のバンド・デシネの祭典「アングレーム国際漫画祭」が開催されています。1974年から開催されているこの祭典は、フランスで最も古いマンガ関係のイベントであり、1982年には手塚治虫も訪れています。

この祭典では、ヨーロッパのバンド・デシネは元より、世界各地の優れたマンガを紹介するイベントが市内の各所で催されています。 

本祭典が45回目を迎えた2018年は、手塚治虫の生誕90周年を記念して、「手塚治虫」をテーマとした特別展覧会「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA」が開催されました。本展は、フランスの多くの方々にご覧いただき、好評のうちに幕を閉じました。そして、宝塚市立手塚治虫記念館の第75回・第76回企画展ではその凱旋展を2回に分けて実施いたします。本展ではフランスのキュレーターが企画した、アングレームでの開催内容を極力そのまま皆様にご覧いただきたいと思います。海外のキュレーターの独自の視点を介して、新たな手塚治虫の魅力を発見することができる企画展となっています。ぜひ、お楽しみください。

展示概要

フランス・アングレーム市で開催された「OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA」は手塚治虫の創作を5章で構成していました。今回の第75回企画展では、第1章から第3章までを展示いたします。

第75回企画展(2018年11月3日~)

第1章 無垢の時代 現代マンガの誕生:1945年-1950年

第2章 理想の追求 若き頃のマンガの発展:1950年-1965年

第3章 現実との対峙 青年漫画・劇画の出現:1966年-1978年

第76回企画展(2019年4月開始予定)

第4章 漫画映画の革命 虫プロダクションの冒険:1962年-1973年

第5章 歴史との出会い 次世代に遺す遺産:1972年-1989年

開催日時:2018/11/03-12/24 9:30-17:00(入館は16:30まで)
開催場所:手塚治虫記念館 2F企画展示室

関連トークショー

フランス・アングレームで連日行列を作った手塚治虫展、来日記念ミュージアムトーク!


TAG虫ん坊タグ