マンガマンガ

ストーリー・解説

1963/06 「SFマガジン」(早川書房)に、「SFファンシーフリー」第4話として掲載された。
ある日の朝、神父は朝から鍛冶屋のように忙しかった。ひっきりなしに懺悔にきた信者たちが、教会を訪れていたからである。彼らは一様に、「だれかが私をじっとみつめている」という。そこで皆、恥ずかしさと恐怖にかられ、ささいなことからだいそれたことまで、自分の罪を告白しにきたのだ。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • SFファンシーフリー

こちらもオススメ