マンガマンガ

ストーリー

水爆戦争後の未来を舞台に、地球侵略を企む宇宙人と戦う7人の戦士たちの物語です。
大島一郎博士は、水爆戦争が起こることを知って、富士の樹海の地下に、自分の発明品を隠し、息子・七郎を冷凍睡眠させました。
それから100年後、目覚めた七郎が見たのは、ジャングルになった地上と、そこに生息するミュータントの怪物だったのです。
七郎はふしぎな道具をあやつる人々に空中島に連れていかれ、コスミ博士から説明をうけました。
2061年、生き残ったわずかな人間は、それぞれの国ごとに、巨大な宇宙ステーションである空中島へ移住し、放射能で汚れた地球へ帰る日を待っていたのです。
しかし、地球を乗っ取ろうとするさまざまな宇宙人が侵入してきており、人間は地球防衛隊を作って地球を守っていたのです。
七郎を空中島へ連れ出したのも、その地球防衛隊の隊員たちでした。
そして、放射能の中でも平気な七郎は、隊員のひとり・ナンバー7となって、地球を守ることになったのです。

解説

この作品は、月刊少年雑誌「日の丸」に1961年1月号から休刊号まで連載されました。 手塚治虫は、ひとりのスーパーヒーローを主人公とするのではなく、チームプレーで活躍するというアイデアは、当時流行した忍者漫画や野球漫画の影響であると、後に書いています。 この『ナンバー7』の設定とキャラクターは、後にテレビアニメ『鉄腕アトム』(旧)に使われ、その第56話「地球防衛隊」(1964年1月放送)は、関東でシリーズ最高の40.3%の試聴率を取りました。 シリーズ中この作品だけがオールカラーで、後に、他のアトムのテレビシリーズと共に再編集されて、『鉄腕アトム 宇宙の勇者』として、1964年7月劇場で公開されました。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • ナンバー7 1
  • ナンバー7 2
  • ナンバー7 3
  • ナンバー7 4

こちらもオススメ