マンガマンガ

ストーリー

アフリカの原始林に白い発光物体が降下した。 某国が派遣した調査員ハム・エッグは、現地でハチに刺され掌が異常に肥大。発光物と関連する生物兵器とにらんだ彼は、そのハチを盗み、病因を研究する日本人医師と対立した。

解説

1950/05/15 「漫画と讀物」春の臨時増刊号 付録 「漫画世界」(新生閣) 掲載

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • 少年探偵ロック・ホーム

こちらもオススメ