キャラクターキャラクター

漫画大学より

「ワラバイはノータリンじゃない、ノタアリンだ!」とわめく、ドタバタ的な科学者キャラクター。『漫画大学』『漫画生物学』『漫画天文学』のナンデモカンデモ博士でもあり、こちらのオモシロ講義はきわめて定評があります。たとえば渥美清が生涯、寅さんを演じ続けたように、同じキャラクターをひたすら演じ続けた、じつはかなり真面目な人柄の「天然ボケ」役者であります。


主な出演作品

1949年メトロポリス(大都会) (警視総監)

1950年くるったジャングル (原子力委員会)

1950年漫画大學 (ナンデモカンデモ博士)

1951年来るべき世界 (原子力委員長)

1952年ロック冒険記 (鳥人との会議に参加)

1954年ワンダーくん (ワンダーの担任)

1955年流星王子 (映画スタッフ)

1956年鉄腕アトム /ミドロが沼 (警察)

1957年雑巾と宝石 (映画会社の人間)

1957年旋風Z (像,黒谷駅長)

1958年未来をのぞく3人 (ヒゲオヤジの予言を聞きに来た人)

1958年フィルムは生きている (三太夫)

1960年鉄腕アトム /ウランちゃん (ロボッティングの観客)

1960年まんが千一夜

1960年うちゅうのゆめ

1960年キャプテンKEN

1961年ふしぎな少年 (サブタンの父親)

1962年死戯山縁起絵巻

1965年W3(ワンダースリー) (ハードボイルド商会)

1965年マグマ大使

手塚治虫 漫画の奥義

1968年地球を呑む (マリガン警部)

1968年ブルンガ1世 (先生)

1971年ガラスの脳 (雄一の父親)

1972年おふくろの河 (TTTV編成局員)

1972年成功のあまきかおり (ナンデモカンデモスワカラヌス博士)

1973年ブラック・ジャック /人間鳥 (自力飛行コンクール会長)

1974年ブラック・ジャック /灰色の館 (ホテルの従業員)

1974年ブラック・ジャック /二度死んだ少年 (医者)

1974年ブラック・ジャック /パク船長 (見物人)

1974年ブラック・ジャック /しずむ女 (パン屋)

1974年ブラック・ジャック /二つの愛 (野次馬)

1974年ブラック・ジャック /はるかなる国から (医師)

1974年日本発狂 (警官)

1974年紙の砦 (工場の教官)

1975年ブラック・ジャック /ネコと庄造と (医師)

1975年ブラック・ジャック /絵が死んでいる! (医師)

1975年ブラック・ジャック /サギ師志願 (医師)

1975年鉄腕アトム /アトム二世 (科学省)

1976年ブラック・ジャック /浦島太郎 (医師)

1976年ブラック・ジャック /タイムアウト (槍杉建設)

成功のあまきかおり

1976年ブラック・ジャック /未来への贈り物 (医師)

1976年ブラック・ジャック /三度目の正直 (レースの観客)

1976年ブラック・ジャック /老人と木 (飲み屋の客)

1977年ブラック・ジャック /死への一時間 (医師)

1978年ブラック・ジャック /裏目 (パーキンソン)

1979年二人のショーグン (校長)

1979年NEC広告

1981年七色いんこ /シラノ・ド・ベルジュラック (おでん屋)

1981年七色いんこ /タルチョフ (空港客)

1985年1985への出発 (テツ)

1988年全国高等学校野球選手権大会のあゆみ

七色いんこ

漫画大学

TAG

こちらもオススメ