アニメアニメ

作品紹介

京都の駅ビルの中にあった手塚治虫ワールド(2011年1月16日閉館)の中に300インチシアターという劇場があり、そこで上映されていたオリジナル短編アニメ。手塚漫画の代表作の、そのエッセンスを詰め込んだアニメーション作品と、京都にまつわる歴史的なエピソードを紹介するアニメーションとの二本立てという形で上映され、その二本を火の鳥がストーリー・テラーとなってつないで行く、という構成です。 火の鳥は「平和な世界を夢見ながらも、過酷な運命に翻弄される人間たち」の象徴として手塚漫画の中から『リボンの騎士』を選んで紹介します。天使の間違いから女の子の体の中に男の子の心を入れられてしまったサファイヤ。男の子しか王位継承権を得られない国でサファイヤは女の子であることを隠し、王子として育てられます。けれど国の支配権を奪おうと企んでいるジュラルミン大公一派はサファイヤがじつは女の子だと見ぬき、それを公にして国民を騙した王を追放しようと画策しています。平和でおだやかな世界を夢見ながら、悪意に満ちた陰謀に立ちはだかられ、それでもなお「明日」を信じ続けるサファイヤの姿。火の鳥はそこに「希望を失わない限り、けっして世界から光は失われない」ことを伝えようとします。サファイヤのように平和を望みながらも陰謀によって戦いの渦中に巻きこまれて行った人物として、京都の歴史にその名を残す源義経を振り返ります。義経がまだ牛若丸と呼ばれていた頃に敵として出会い、その後、生涯の相棒として義経を守った弁慶という名の豪傑の物語。この有名なエピソードを手塚治虫のマンガ『弁慶』からキャラクターを引用しながら語っていきます。実の兄に嫉妬され、命を狙われる運命に「何故だ!」と問いかける義経の姿が胸に迫ります。

クレジット

(C)手塚プロダクション

手塚プロダクション/1999年12月4日/8分

キャスト

サファイヤ:冬馬由美
サファイヤ(少女):冬馬由美
国王:丸山詠二
王妃:山田美穂
ジュラルミン大公:茶風林
ナイロン卿:掛川裕彦
フランツ王子:宮田幸季
チンク:熊谷ニーナ

スタッフ

脚本:森田真由美
監督・演出:西田正義
作画監督:西田正義
原画:西田正義、メディアビジョン
動画チェック:岡村隆、田中嘉
動画:北京写楽美術芸術品有限公司、畑明日香、山口 史生、中川 航、金明珍、吉田綾
美術監督:岡田和夫
背景:大橋則子、松本浩樹
色彩設定:四俣理香、宇田川佐東美
仕上検査:四俣理香、宇田川佐東美、斎藤京子
仕上:北京写楽美術芸術品有限公司
デジタル・プロセッサー:川添恵、油谷有美
特殊効果:榊原豊彦
タイトル・リスワーク:マキプロ
音楽制作:COMPANY AZA
作曲:長谷川智樹
音響制作:アーツプロ
録音スタジオ:タバック
編集:森田編集室
ビデオ編集:スタジオ・トゥインクルランド
現像:イマジカ
撮影:高橋プロダクション
プロデューサー:久保田稔、宇田川純男
制作進行:柳澤光子

こちらもオススメ