ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > ミテ☆ミテ > 日本バレーボール協会 全日本男女チーム記者会見のもよう・・・

ミテ☆ミテ

  • 日本バレーボール協会 全日本男女チーム記者会見のもよう

  • (2011/05/17)

  • 『火の鳥NIPPON』『龍神NIPPON』のマークを掲げた、全日本バレーボールチームのスタッフ・選手たちの記者会見が行われました。 今年のワールドカップ、来年のオリンピックに向けてがんばっている両チームですが、ことしは東日本大震災を受け、「心はひとつ」というワッペンをつけて戦いに挑みます。
  • 右から 荒木裕子女子強化委員長、眞鍋政義全日本女子監督、荒木絵里香全日本女子キャプテン、宇佐美大輔全日本男子キャプテン、植田辰哉全日本男子監督、鳥羽賢二男子強化委員長。
  • 男子・女子チームのリーダーたちのコメントは以下の通り。

    女子強化委員長 荒木田裕子氏
    来年開催のロンドンオリンピックに向けて、チーム一丸となって挑んでいます。また、東日本大震災の被災者の方々へお見舞い、ご冥福を申し上げ、被災者の皆様と一緒にがんばろう、という気持ちで、皆さんに元気になっていただきたい、という思いを込めて、国際バレーボール連盟の許可の下、全チームのユニフォームに「心はひとつ」というワッペンをつけて、戦いたいと思っています。
    今年はワールドカップの年です。ロンドンオリンピックでメダルを取るために、ワールドカップの表彰台に上ることを目標にしています。


    男子強化委員長 鳥羽賢二氏
    この『国難』を言われるときに、スポーツにいったい、なにができるのか、と自問すると、実は何も出来ないのではないか、と考えてしまいます。しかしながら、懸命にプレーする選手を見ることで、人びとにエネルギーを与えることができるのではないか、と思っています。そのエネルギーを少しでも多くの皆様にお伝えすることが使命と思っています。
    バレーボールは、過去には唯一、男女ともにオリンピックで金メダルを取ることが出来たチームスポーツです。再びそれを目指してがんばっていきたいです。


    全日本女子チーム監督 真鍋政義氏
    今年は、「こころをひとつに」というテーマで一年間、がんばっていきたいと思っています。昨年の世界選手権では、3位に入ることを目標にしていましたが、選手・スタッフが一丸となって、達成することができました。今年は、オリンピックの代表権獲得のために重要な、ワールドカップが11月に開催されます。今年は、「一番輝いているメダル」を取る、世界一を取る、ということを目標にしました。その目標に向かって、チーム24名、総力戦でがんばっていこうと思っています。


    全日本男子チーム監督 植田辰哉氏
    まず一番のプライオリティは、ワールドカップで3位以内に入ることだと、選手たちも自覚しています。オフェンスについては、スピード・パワーともに、世界と互角に戦わなければなりません。また、秋までにはわれわれの苦手としているブロックなどの総合的なディフェンス力もつけていきたいと思います。少数精鋭のチームですが、オリンピックへの切符をとるべく、頑張って行きます。


    全日本女子キャプテン 荒木絵里香さん
    昨年は世界選手権で3位という結果を残すことができましたが、今年は、世界のトップチームの仲間入りをするために、大事な年だと思っています。選手・スタッフ、一丸となって全力で戦っていき、ワールドカップでいい結果が残せるように頑張りたいです。
    東日本大震災で日本が苦しい状況の中で、私たちが全日本を代表してプレーすることで、少しでもよいパワーを与えることが出来れば、と思っています。


    全日本男子キャプテン 宇佐美大輔さん
    いま、日本中で、スポーツの力に期待があつまっています。その期待にこたえられるように、ワールドカップでオリンピック出場権が取れるように頑張りたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いします。
  •  

  • コメント一覧
  • 鮎子 さん  2011/05/19 03:30:49
  • 大好きなバレーボールと手塚作品が力を合わせるなんて
    なんて素敵なことだろう・・・と思い喜んでいます。

    が、テンシンコンビ、柳本監督の居たときに
    やってくれていたら・・・!と思わずには・・・><
    あの頃が自分の中では絶頂期でした笑
  • 表示件数:
  • 1 

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース