虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


点描で描く火の鳥の世界! ディジュリドゥ奏者・画家 GOMAさんインタビュー

点描で描く火の鳥の世界! ディジュリドゥ奏者・画家 GOMAさんインタビュー

 突然、描きもしなかった絵を描き出した――。
 交通事故による記憶障害を抱えながらも、音楽家・画家として活動を続けるGOMAさん。自身の活動20周年を前に開催される『GOMA個展~再生~』では、「再生」をテーマに、まばゆい色彩と無数の点からなる緻密な点描で描かれた「火の鳥」を初発表されます。
 今回の虫ん坊では、GOMAさんのご自宅兼アトリエにお邪魔し、展示についてお聞きすると共に画家活動にまつわるお話や、「火の鳥」とGOMAさんの不思議な縁についてうかがいました。

特集1


虫ん坊 2017年12月号 特集2:手塚治虫文化祭 キチムシ’17 アフターレポート

虫ん坊 2017年12月号 特集2:手塚治虫文化祭 キチムシ’17 アフターレポート

 この記事を読むまで文化祭は終われない!?
 今年で3回目を迎え、連日盛況のうちに終えた手塚治虫文化祭「キチムシ’17」。毎回、様々なクリエイターが手塚治虫しばりのコラボレーション作品を創作し、出展しております!
 虫ん坊では、昨年に引き続き、アフターレポートをお届け!
 今回はなんと、ご夫婦で参加された青木俊直氏と谷川史子氏のほのぼの対談に加え、初出展された先生方のコメントも一挙掲載と、特別豪華な2本立てとなっています!!

特集2


虫ん坊 2017年12月号 オススメデゴンス!:ダリとの再会

虫ん坊 2017年12月号 オススメデゴンス!:ダリとの再会

 最近、AIスピーカー、スマートスピーカーなどと呼ばれる機器が話題となっていますが、もし、看護に特化したAIロボットが家庭に存在したら……。
 そんな想像を掻き立てられる「ダリとの再会」をご紹介します。
 「ダリ」と聞くと、芸術家のダリを最初に思い浮かべる方も多いと思いますが、全く関係ありません。
 寒さが身にしみるこの季節、心に灯がともる感動的なストーリーはいかがですか。
 お手元には必ず厚手のハンカチをご用意ください!

オススメデゴンス!


虫ん坊 2017年12月号:手塚マンガあの日あの時 第55回:埋もれた手塚資料に光を当てる、おもしろレーベルの挑戦!!

虫ん坊 2017年12月号:手塚マンガあの日あの時 第55回:埋もれた手塚資料に光を当てる、おもしろレーベルの挑戦!!

 雑誌に一度掲載されただけで単行本未収録となっていた幻のエッセイ、手塚治虫がアニメ作品のために書き下ろしたシノプシス、シナリオなど。そうした散逸しがちな手塚の活字資料を丹念に収集して文庫化している出版社がある。今回は手塚関連の本を出する出版社の中でも異色な企画が光る立東舎の編集の現場を直撃! 単行本未収録資料の発掘や、初出時の内容を復元する苦労などについていろいろとうかがってきた!!

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

投稿作品、ありがとうございました!

 あ~、あっという間に今年もおわりだ~~。あ~、あれをやろうやろうと思って、結局やらず仕舞いで今年がおわる~~……。
 今月は皆さんの「こころのこり」を大募集! 今年最後の投稿コーナーで心のワダカマリを吐き出しちゃいましょう!

2018年1月号掲載の〆切りは、2017年12月13日(水)となります!
 投稿コーナーへのお便り・イラストをお待ちしております!

投稿


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

 あっという間に今年も最後の月となりました……。今年も1年、虫ん坊を読んでいただきありがとうございます!
 来年は手塚治虫90周年本イヤーということで虫ん坊も盛り上げていきますので、読者のみなさま、引き続きどうぞよろしくお願いします!

 12月といえば、やはりクリスマス!? クリスマスといえば、イルミネーション!
……そうです、先月号の後記でもご紹介した、新宿タカシマヤ タイムズスクエアで展開されている『火の鳥』イルミネーションを見にいきました! キラキラと変わるイルミネーションを背に火の鳥が悠々と飛ぶ姿に、多くの人が足を止めてイルミネーションを見ていました。
 今月ご紹介したGOMAさんの展覧会も、この新宿タカシマヤ内で開催されます。絵画、イルミネーション……アプローチが違えど、どちらもかなり見ごたえのある『火の鳥』となっております! 見たらきっと寿命が延びるかも!?
 1度で2度楽しめる『火の鳥』スポット新宿に、足を運んでみてはいかがでしょうか!

 それでは、少し早いですが、良いお年を~!

編集後記:今月のひとこと

O山



バックナンバー

2017年 12月号(189) 11月号(188) 10月号(187) 9月号(186) 8月号(185) 7月号(184)
  6月号(183) 5月号(182) 4月号(181) 3月号(180) 2月号(179) 1月号(178)
2016年 12月号(177) 11月号(176) 10月号(175) 9月号(174) 8月号(173) 7月号(172)
  6月号(171) 5月号(170) 4月号(169) 3月号(168) 2月号(167) 1月号(166)
2015年 12月号(165) 11月号(164) 10月号(163) 9月号(162) 8月号(161) 7月号(160)
  6月号(159) 5月号(158) 4月号(157) 3月号(156) 2月号(155) 1月号(154)
2014年 12月号(153) 11月号(152) 10月号(151) 9月号(150) 8月号(149) 7月号(148)
  6月号(147) 5月号(146) 4月号(145) 3月号(144) 2月号(143) 1月号(142)
2013年 12月号(141) 11月号(140) 10月号(139) 9月号(138) 8月号(137) 7月号(136)
  6月号(135) 5月号(134) 4月号(133) 3月号(132) 2月号(131) 1月号(130)
2012年 12月号(129) 11月号(128) 10月号(127) 9月号(126) 8月号(125) 7月号(124)
  6月号(123) 5月号(122) 4月号(121) 3月号(120) 2月号(119) 1月号(118)
2011年 12月号(117) 11月号(116) 10月号(115) 9月号(114) 8月号(113) 7月号(112)
  6月号(111) 5月号(110) 4月号(109) 3月号(108) 2月号(107) 1月号(106)
2010年 12月号(105) 11月号(104) 10月号(103) 9月号(102) 8月号(101) 7月号(100)
  6月号(99) 5月号(98) 4月号(97) 3月号(96) 2月号(95) 1月号(94)
2009年 12月号(93) 11月号(92)        
バックナンバーは掲載当時の情報のため、過去の情報については保障致しかねます。あらかじめご了承ください。

UP!