虫ん坊

立東舎より手塚治虫の編集術が分かる『三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ』

2024/06/26

単行本化の際に雑誌掲載版の原稿から大きく手を加えていた手塚治虫。

n20240626_01_01_mitsumemp.jpg


昨年発売された『ブラック・ジャック ミッシング・ピーシズ』は、雑誌掲載版と単行本版を併録することで変更箇所を見比べられ、その編集術の一端に触れることができるということで多くのファンが注目、話題となりました。

n20240626_01_02_mitsumemp.jpg

今年7月に発売が決定したのは『三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ』。『ブラック・ジャック』同様、単行本化の際に手塚治虫自らが大きく手を加えた個所を、雑誌掲載版と併録して見比べていきます。

n20240626_01_03_mitsumemp.jpg

n20240626_01_04_mitsumemp.jpg

掲載話は、掲載第1話「三つ目登場」のカラー収録、連載最終話「スマッシュでさよなら」他。さらに、新たに発掘された素材を含むおよそ60枚のネームやキャラクタースケッチ、連載時の扉絵や自筆のシノプシスなど多数掲載しており、今回も手塚治虫のクリエイティビティの一端に触れられる一冊となっています。

n20240626_01_05_mitsumemp.jpg

2024年7月で連載開始から50年、『三つ目がとおる』の世界を新たな視点でお楽しみください。

n20240626_01_06_mitsumemp.jpg

■書誌情報

書名:三つ目がとおる ミッシング・ピーシズ
著者:手塚治虫 (解題:濱田高志)
定価:5,500円(本体5,000円+税10%)
発売:2024年7月10日
発行:立東舎/発売:リットーミュージック

商品情報ページ https://rittorsha.jp/items/24317415.html


CATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグCATEGORY・TAG虫ん坊カテゴリ・タグ