虫ん坊

『火の鳥』幻の続編、「大地編」の小説がスタートします

2019/01/24

hinotori_mirai_main.jpg

手塚治虫の構想原稿のみが残され、『火の鳥』幻の続編とされていた「大地編」。

その構想を元に、「小説 火の鳥 大地編」の連載がスタートすることになりました。

執筆されるのは、直木賞作家で手塚治虫文化賞の選考委員の桜庭一樹さん。

挿絵は、イラストレーターの黒田征太郎さんが担当され、朝日新聞土曜別刷り「be」で4月6日から毎週連載されます。

桜庭さんは「『火の鳥』の名に恥じない大ロマンに。そして、つぎの時代に繫(つな)がる新しい物語に。今年、全力で『大地編』を紡ぎたいと思っています。」と語ります。

更に詳しい情報はこちらから!

■手塚治虫「火の鳥」幻の続編、桜庭一樹さんが小説化:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM1P7SYJM1PUCVL054.html

※朝日新聞デジタルの記事を読むには会員登録が必要となります。


TAG虫ん坊タグ