虫ん坊

「手塚治虫生誕90周年記念会」開催のご報告

2019/01/15

去る2018年11月20日、東京・帝国ホテルにて「日本マンガを未来に、手塚治虫生誕90周年記念会」が執り行われました。

20190115_90th01.jpg

パイやマカロニでできたレリーフ

現在日本のマンガは最もパワフルな文化の一つとして世界に飛び出しています。
これほどの日本マンガ隆盛は、手塚治虫がストーリー漫画を開発・発展させたことと同時に、日本のメジャー出版社が早くからマンガの文化性や経済性に注目し、編集、出版という協業を通じて、マンガという他国では決して地位の高くなかった分野に向き合ってきた歴史があったからでもあります。
この会は、同年11月3日に手塚治虫が生誕90周年を迎えるにあたり、その功績を振り返るとともに、これからの日本マンガの更なる発展を祈る場を設けることを目的に開催されました。
当日は、マンガ家、出版関係者をはじめ、手塚治虫にゆかりのある文化人、アーティストなど様々なジャンルから総勢1200名がお祝いに駆け、垣根を越えた交流がなされました。

20190115_90th02.jpg

20190115_90th03.jpg

手塚アニメ楽曲の生演奏や、マンガ家によるトークセッション、手塚プロダクションの取締役・手塚眞の新作映画「ばるぼら」製作発表などのアトラクションが行われ、会場に花を添えました。

20190115_90th04.jpg

はなしまなおみwithアンサンブル・フレーズ

20190115_90th05.jpg

Retrospective

また、別室には手塚治虫にまつわる展示や寄せ書きコーナーが設けられ、大勢の来場者にお立ち寄りいただきました。

20190115_90th06.jpg

20190115_90th07.jpg

直筆原稿の展示

20190115_90th08.jpg

20190115_90th09.jpg

20190115_90th10.jpg

マンガ家による寄せ書きのお祝い

これからも日本のマンガが、より元気に、より発展していけますように、今後ともマンガ界へのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

記念会実行委員会
(株)秋田書店、(株)潮出版社、(株)KADOKAWA、(株)講談社、(株)集英社、(株)小学館

(株)手塚プロダクション


TAG虫ん坊タグ