マンガマンガ

ストーリー

なんにでもなる魔法のガムを使って、少年と少女がさまざまな冒険をする、幼年向けマンガです。ある日、パンチとピンコの兄妹のところにガムの神さまがあらわれ、なんでも作れる魔法のガムをくれました。ふたりは自分たちの好きなものを作ろうと、ガムをふくらましましたが、なかなかうまくいきません。そこで神さまは弟子のガムガムをよびよせ、2人のお目付け役として置いていくことにしました。けれども体が小さいため、いつもパンチにやられてばかりのガムガムは、こんどは家来のクチャクチャを呼びよせました。こうして4人は、魔法のガムを使って怪獣を作ったり、大型の台風を酔わせたりと、夢いっぱいの冒険を始めたのです。

解説

1967/04-1969/09 「小学一年生」「小学二年生」(小学館) 連載

小学館の学年別学習雑誌「小学一年生」に、1967年4月号から連載が始まり、その1ヵ月後からは、「小学二年生」でも連載が始まりました。「小学一年生」版は、1967年4月号から8月号までは、ひらがなの「がむがむぱんち」のタイトルで連載され、9月号からはカタカナの「ガムガムパンチ」に改題されています。各連載ごとに登場人物の役柄が少しずつ変わっていて、「小学一年生」版では、ガムをくれたのはガム屋のおじさんとなっていますが、途中でそれがガム博士となり、助手のガムンが登場しています。また「小学一年生」の1968年4月号からは、ガムをくれるのはガムの神さまとなり、ガムンは神さまの弟子のガムガムになりました。そして新たにその家来のクチャクチャも加わっています。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • ガムガムパンチ

こちらもオススメ