マンガマンガ

ストーリー

下村フースケは、大会社勤めの自他ともに認める無能社員。ところがその彼もがかすんでしまうゴーケツ南似茂千太郎(なにもせんたろう)が登場。千太郎の胸に刻まれたMのマークの秘密が、フースケを新たな人生へ誘う。

解説

1970/03/04 「漫画サンデー」(実業之日本社) 掲載 初出時には「サイテイ招待席」というシリーズのひとつとして発表された。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • フースケ

こちらもオススメ