マンガマンガ

ストーリー

人生に疲れた男が、不思議な子どもと出会って、目には見えないがまたげばすべてを忘れ別人になれる「健忘線」の存在を教わった。さっそくまたいだ男は心機一転元気を出し、健忘線の効用をビジネス化し、成功するが…。

解説

1967/02 「漫画読本」(文藝春秋) 掲載

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • 雑巾と宝石

こちらもオススメ