マンガマンガ

ストーリー

ふしぎな運命を背負った双児の兄弟が、敵と味方にわかれて戦うSF戦記です。
軍国主義の国・ミグルシャ王国で、秘密警察に殺されたポスク博士には、双児の子どもがいました。
博士の死後、その子どものうちのひとりは、女王に拾われてマルスという名の王子になりました。
そしてもうひとりは、奴隷として地下工場へ送られ、日本人の伴俊作が、大助と名づけて育てたのです。
大助は、父と7人の仲間たちと一緒に、万能ジェット機・ハリケーン号を奪って工場を脱走し、王国を相手に、奴隷たちの解放を目指して戦いを挑みました。
ところが、そんな中、大助とマルスは、自分たちの重大な秘密を知りました。
その秘密とは、ふたりのうちどちらかひとりは、実は、ポスク博士が発明したダブルマシンで造られた複製人間だということでした。
大助とマルス王子、いったいどちらが複製なのか。そうした不安と苦悩の中で、ふたりは戦いを続けるのでした。

解説

1961/08/27-1962/06/24 「週刊少年サンデー」(小学館)連載

1961年に発表された『ナンバー7』に続く、グループヒーローを主人公とした活劇です。 運命にもてあそばれた双児の兄弟や、鉄仮面をかぶせられたヒゲオヤジなど、手塚治虫らしい設定を盛りこむことで、単なるアクションドラマをしのぐ、オリジナリティあふれた物語になっています。 また、こうしたグループヒーローものの場合、手塚治虫は、主要メンバーが戦死する姿をしばしば登場させ、戦争の非情さを正面から描きますが、それはこの作品も例外ではありません。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • 白いパイロット (1)
  • 白いパイロット (2)

こちらもオススメ