マンガマンガ

ストーリー・解説

「少年画報」1952年9月号の付録として描かれた作品。
西部一のガンマン・サボテンくんの番外編エピソード。ドンゴロスの街では不可解な鉄道事故が相次いでおり、ワシントンの高官も問題視し、勇敢な男に原因を調査させたいと考えていた。そこで白羽の矢が立ったのが、家で平和に暮らしていたサボテンくんだったが、デコーン氏とともにドンゴロスに向かうこととなった。一方ドンゴロスでは、パセリ―家とフォスター家がたがいにいがみ合っていた…。

こちらもオススメ