アニメアニメ

作品紹介

手塚治虫の最後の実験アニメです。自分の顔を題材に世界5ヶ国19人のアニメ作家が競作し、各国のアニメーション・フェスティバルで上映しました。手塚治虫が作ったのは、自分の顔がスロットマシーンと仮して、どんどん別の顔に変化して行く、というものです。

クレジット

(C)手塚プロダクション

1988年6月ザグレブ国際アニメーション映画祭にて公開/13秒/カラー
手塚プロダクション

スタッフ

原案、構成、演出、作画:手塚治虫
動画:加納薫、小林準治
プロデューサー:久保田稔

こちらもオススメ