TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

男性陣手前より、桐木憲一氏、青木俊直氏、きはらようすけ氏、開田裕治氏。女性陣手前より一本木蛮氏、手塚るみ子氏 

 昨年、大好評のうちに幕を閉じた、手塚治虫文化祭「キチムシ’15」が「キチムシ’16」となって再び開催!
 様々な著名クリエイターが「キチムシ」という新しい表現のフィールドで、手塚治虫作品をモチーフに創作されたトリビュート作品やコラボレーション作品を出展、販売致します。
 そんなイベント直前の10月15日、吉祥寺某所にて、キチムシ参加メンバーが前夜祭的な座談会を開くとの情報を入手!! 潜入に成功した虫ん坊スタッフが当日の模様をレポートします!
 「キチムシ」ならぬ「キチメシ」でしか聞けない鋭意制作中の作品のアレコレはもちろん、今話題のあんなことやそんなこと、一部では危惧されている例の件などで盛り上がり……!?
 ここから先は、是非、一杯やりながら、一夜限りの作家夜話にお付き合いください!!

 参加メンバー


手塚るみ子氏@musicrobita
 手塚治虫文化祭(キチムシ)実行委員長。
 プランニングプロデューサー。手塚プロダクション取締役。
 音楽レーベルMusicRobita主宰。


青木俊直氏@aoki818
 キチムシ参加は2回目。雑誌のカット描き、子供向けアニメーション制作、キャラクターデザイン などを経て最近はもっぱら漫画描き。
 「ウゴウゴルーガ」「むしまるQ」「ゆるゆる劇場」「なのはなフラワーズ」「くるみのき!」「レイルオブライフ」「あまちゃんファンブック」「ふたりでおかわり(電子書籍)」など。


一本木蛮氏@bang_ipp
 キチムシ参加は2回目。東京オリンピック年ヨコハマ生まれ。「うる星やつら」ラムのコスプレで一躍名前だけ有名になった漫画家。 あらゆる媒体に登場するも漫画デビューは1982年「笑っていいとも」第一回放送の前の週。
 代表作 「一本木蛮のキャンパス日記」「勇者コジロー2」「戦え奥さん!! 不妊症ブギ」「同人少女JB」「じてんしゃ日記」


開田裕治氏@kaidaikaizyu
 キチムシ初参加。
 イラストレーター。
 ゴジラ誕生の前年に兵庫県で生まれ、怪獣映画を友として育ち、高校時代は部活と大阪万博に浸り、とうとう怪獣絵師になってしまいました。
 怪獣だけでなくでかいロボットも描きます。でかい物なら何でも描きます。
 画集では無い初めての著作、怪獣画の技法書「開田裕治 怪獣イラストテクニック」発売中。


開田あや氏@ayanekotunami
 開田裕治氏の奥様。趣味は読書、同人活動、コスプレ、社会科見学。


きはらようすけ氏@kerokerokingDX
 キチムシ参加は2回目。イラスト描いたりキャラクターを作ったりアニメを作ったり編みものしたりウクレレ弾いたりしています。
 ポンキッキーズのゴー!ゴー!コニーちゃん!やあみぐるみのウクレレデュオU900(ユーキュウヒャク)なんかを作っています。
Youtube: https://www.youtube.com/user/kerokerokingDX


桐木憲一氏@t_shutter_girl
 キチムシ参加は2回目。漫画家。イラストレーター。
 1992年集英社赤塚賞準入選。2010年連載開始の「東京シャッターガール」を執筆。
 2013年、手塚眞監督、小林幹幸監督、寺内康太朗監督のオムニバス作品で実写映画化。
 「ホントにあった愉快な話」誌上で『金沢シャッターガール』連載中。2017年実写映画化予定。
HP: http://www.tokyoshuttergirl.net/



●制作中の作品についてのアレコレ


 丁度、お酒が来たところで乾杯しましょう。


\カンパーーイ!!!/


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


 みなさん、キチムシ本番直前でケツに火が付いている状態にもかかわらず、座談会という名の飲み会にお集まりいただきありがとうございます。
 今回はじめましての方もいらっしゃるかと思うので、簡単に自己紹介からお願いします!


 青木です。昨年に続いての参加になります。参加内容は引き続き、アトム子ちゃんです。よろしくお願いします。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


 一本木です。昨年は『ブラック・ジャック』のマンガを描いたんですけど、わざとピノコだけ出演という感じでブラック・ジャックを封印していたので、今年はブラック・ジャックをたくさん描きます。よろしくお願いします。


 開田でございます。今回初参加となります。僕は月刊誌の『少年』を子どもの頃に非常によく読んでいて、『鉄腕アトム』のマンガ連載直接世代なので、そこからネタをいただこうかなあと思っています。普段の仕事では描くことがないものばかりなので、非常に描いていて楽しいです。
 いまのところ、8点描く予定なんですけど、もしかしたら9点描くかも知れません。


 おおお!!!


 いくらでも出てくる感じですね。


 開田さんの作風と手塚治虫のキャラクターの造形とのコラボってなかなかないというか、意外ですよね。今回なにを描かれるんですか?


 特大メルモちゃんとか!


 いやいや(笑)、みんなにサンダーマスクでしょとかビッグXでしょとかいわれるんですけど、私が描いているものは割とベタですよ。良く知られた人気のある作品なので、頑張って自分なりのアレンジで自分の風味で描こうかなって思っています。


 開田裕治の家内の開田アヤです。今日はストッパー役という名目のおまけで来ました。よろしくお願いします。


 桐木と申します。前回も参加させていただきまして、今回、2度目の参加になります。今回は点数はあまり多くないんですけど、凝ったものが作れればなと思っています。よろしくお願いします!


 青木先生は今年もアトム子ちゃんで参加されるんですね。


 はい。まずは試作でアトム子ちゃんのコースターを作りました。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


 え、これは手作りですか?


 朝ドラ「あまちゃん」の舞台のモデルになった岩手県久慈市の呉服屋さんに一点だけ作ってもらった手作りのものです。
 シルエットかわいいでしょう。この生地は朝ドラ「あまちゃん」のヒロインアキちゃんが海女の格好する時に着ていた絣はんてんの生地と同じものです。海女さんの格好したアトム子ちゃんの絵描こうかな(笑)。


 今回、新キャラは作らないんですか?


 スケバンバージョンのブラック・ジャックがいますよ。メスで切り刻むっていう。去年描いたロック先輩とは対立関係にあって抗争があるんですよ(笑)。


 ブラック・ジャックがセーラー服を着ているんですか? それいいなあ(笑)。
 今回、電脳大工さん作成のフィギアで、『シャミー1000』がツイッターに上がっていましたね。


 そちらは一点ものになるんでしょうか。


 是非、量産して欲しいとは思っているんですけど、1点1点手で作ってらっしゃるので、幾つ作れるのかまだ分からないですね。
 電脳大工さんは、W3のボッコちゃんや火の鳥も作っていて、もう1点ほかのものも作りたいという話をされていたんです。猫型のフィギュアを得意としているのもあり、じゃあシャミー1000はどうですか? って振ったら、わざわざその日のうちに原作のマンガを買って読んでくだり、あ! これはイケますね! となって、今回着手することになったというエピソードがあります。


 素晴らしい!


 ラインが完璧なんですよ。私も欲しいですもん。


 私は今年は実用品で行くと決めて、ひとまず、アパレルも含めた日常で使えるものということで、私と島本和彦でTシャツをひとつずつ作りました。


 あ! 俺より面白いマンガを描くなっていうやつだ。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


 島本先生とはどうやりとりをなさっているんですか?


 超アナログで超ハイテクだよ(笑)。まずは、マンガのネームを描くじゃない? それをお互いFAXで送りあって、その後はSkypeを繋いでネーム原稿を見せあいながら、ここがこうだああだ! ってなんとかうまいことキャッチボールしながら、ハイテクなんだかローテクなんだかもはや分からないやりとりをしております。


 メールとかLINEじゃないんですね(笑)。


 手塚治虫をキャラクターにしたらいけないと分かっているのに、「やめろ石森!! 俺より面白いマンガをCOMに描くんじゃねえ!!!」で私が描くパートがそこなんだよね(笑)。まああれは、手塚先生ではない別のキャラということで。


 石森という名字の方もたくさんいますしね(笑)。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

桐木憲一氏


 今日、出展者の姫川明輝さんがコンタクトを下さって、ケモナーで行きますっていう宣言をいただきました。


 動物といったら、姫川さんですよ!


 姫川さんは、ポストカードとTシャツ2パターンと大きいサイズのバッジとガチャ用バッジと、いろんなアイテムを考えているみたいです。ガチャポンはすごく人気で、よくでるアイテムなんですよね。今回のためにギャラリーが2台用意してくれましたもん。


 つい、やっちゃうよね!


 コンプリートしたいもんだから、ついついやってしまって、気付いたら結構な金額を落としているっていう。開田先生はバッジは? 絵の制作状況次第ですかね。


 そうですね、とりあえず、バッジ用に絵も描いてみようと思います。


 描いた絵からバッジにするというのは?


 やろうと思えばいま描いている絵で種類作れるんですけど、あまりバッジの規定に合わないかなと思うんで……。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

開田裕治氏


 なるほど、描きこまれている絵には向かないかも知れませんね。何が描いてあるか分からなくなっちゃうし。


 丸いバッジで作らないで、四角いバッジで作って、4つ組み合わせてやっとひとつの絵になるとか。


 それひどい!!


 揃えるまでたいへん!


 その上、わざと数を欠けさせて作るとか(笑)。


 悪質(笑)。


 後の「キチムシ商法」である(笑)。


 黒い開田先生が見えたような気がします(笑)。
 今年も参加者のみなさんにはベレー帽をかぶっていただいて、手塚治虫仕様で写真を撮りますから。


 あと、会期中は、お互いの名前を「〜氏」と呼び合うルールもありましたね。


 ベレー帽が話に出てきたところで、僕もいいですか? これの制作をいま、お願いしているんです。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

完成品を試着して撮影。実際にかぶるとこのようになります!


 かわいい!!


 ベレー帽というより、アトム帽ですね。


 ただ、数が作れないので、どうしても単価が上がってしまうんですよね。一応、1万円代には抑えようと思っているんですけど……。


 帽子で1点ものといったらそれくらいかあ。


 たくさん作ったからって安くなるもんじゃないもんね。


 そうなんですよ。ひとつひとつハンドメイドなんで。


—— ここで、きはらようすけ先生が遅れて登場!!


 急なお誘いだったのに、ありがとうございます!!


 急なお誘いだったのに、ありがとうございます!!


 いま、丁度、ケロさん※が俺を貶めようとしているっていう話をしていたんですよ。
 ※きはらようすけ先生のニックネーム


 そうそう、欠席裁判がはじまっていました。


 なんでなんでなんで? どこでバレてるのそういうの(笑)。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

きはらようすけ氏


 お酒が来たところで、自己紹介をお願いします。


 きはらです! よろしくお願い致します!!


 え、それだけ?! 


 みんな、恥ずかしい過去を順番に暴露していたのに!!


 きはらさんは今回ヒョウタンツギのウクレレを作ってらっしゃって、これが結構、本格的なんですよ。


 やっと、いま、ウクレレの形ができたんですよ。これをペイントして、きちんと音がきれいに出るようにビルダーの方に調整していただいてフィニッシュですね。


 ケロさんのウクレレは何個作る予定なんですか?


 2個限定で作る予定です。はじめは単に自分で欲しかっただけなんだけど、折角なんだから、せめて2台はつくりましょうよって話になって。


 争奪戦ですね!! 値段はおいくらですか?


 ちゃんとしたウクレレなんで、値段はそこそこすると思いますよ。ビルダーの方に適当に値段を付けて下さいってお願いしちゃってます(笑)。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

その後、完成したウクレレがこちら!


 そのウクレレを使って、その場でミニコンサートを開くとか。


 それは、是非、やりたいですね!! 今年も参加してくださる西野直樹先生がドラムができる方なんですよ。青木先生と桐木先生もギターが弾けるし。キチムシバンド結成ですね!


 すごい! 現場でそのまま始まっちゃうんだ!!


 しかも、そこになぜか浦沢直樹先生も加わるっていう(笑)。


 いきなり、ブッ込んできましたね!!


 いま色々と話題の浦沢さんが(笑)。


 あえてこのタイミングで、是非、飛び入り参加して下さいってお誘いするっていう。


 マスコミが殺到しますよ。


 公の場に姿を現したっていって、表で待ちかまえてそうですよね(笑)。


 宣伝効果にもなるし、いいな。!


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

一本木蛮氏


 キチムシバンドは、なにかしら不祥事を起こさないと入れないバンドっていう(笑)。


 なんだか、ギャングスターのバンドみたいで嫌だな。


 玉村ヘビオさんは、手ぬぐいとTシャツとポストカードで、アトムや火の鳥で作る予定とおっしゃっていて、絵柄はまた見ていないんですけど、手ぬぐいは「日本手ぬぐい」で作るそうです。


 お! いいねいいね! 日本手ぬぐい!


 楽しみだなあ。


 手ぬぐいといえば、オリジナルグッズで「怪獣手ぬぐい」を作っていまして。種類はウルトラマン版とガメラ版があります。


 (実物を見ながら)すごい描き込み!!!


 かっけえ!


 この線画の描き込みでどれくらいかかるんですか? 5時間とか……。


 あれは簡単ですよ。自分で描いた絵の輪郭をトレースしただけですから。ただ、構成を考えるのに時間が掛かりますけど。手ぬぐいの場合はあまり描き込んでもダメなんですよ。僕の絵ってどうしても普通に描くと重みが出ちゃうから、重みが出ないくらいの線画で描いています。


 手塚キャラでこういう線画の手ぬぐいも作りたいよね。


 手ぬぐい、結構、でますもんね。吉祥寺の街を襲っている怪獣を描いて手ぬぐいを作れば、商工会議所を巻き込めますよ(笑)。


 街の風景を壊したり踏みつぶしたりするのって、NGですかね。


 いやいや、踏みつぶしてるのはアリです! シン・ゴジラ的なノリですよ!!


 ハモニカ横丁を踏みつぶしているとかね。うわーってなりますよ。萌えます萌えます。


 「シン・キチムシ手ぬぐい」として販売しましょうか!


シン・キチムシ!!


 昨年は本当に会場限定だったので、地方のファン方が欲しくても買えなかったんですよ。今年は会期後に通信販売をすることになったので、また反響が違うと思います。但し、会期中に売り切れてしまったものに関しては売切れ御免で通販は行わないので、本当に欲しい場合はギャラリーに足を運んで購入していただく形になりますけど。あくまでも在庫分が通販にまわる感じですね。


 そういえば、去年、トビオくんっていう少年が来たんだよ。


 あ! きた!!!!


 それでいうと、以前、ユニコさんっていう担当の方が付いたことがあるんですよ。
 聞いてみたら、本当にお父様が手塚治虫のファンでお嬢さんのお名前にユニコって付けたそうで。


 ええーーーっ!!!


 字ではどう書くんですか?


 ひらがなで「ゆに」に漢字で子どもの「子」で「ゆに子」だそうです。


 「アトム」とか「レオ」という名前はよく見るんですよ。


 ウランちゃんもどこかにいるんじゃないかなあ。


 アトム子ちゃんとかね。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

青木俊直氏


 手塚治虫子とかそういうことだよね。


 ヒゲオヤジ子とか(笑)。


 ヒゲオヤジ子はちょっと(笑)。


 アセチレンランプ子とか(笑)。


●テロリスト対策!? アレコレ

—— 途中、昨年もテロ行為? で話題になったあの人の話題にもなりました。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


 でた!!!


 田中圭一さんね。


 僕はいいと思いますよ。ウェルカムで!


 でもさ、田中圭一はちゃんとしたところにはきちゃいけない人じゃない。


 そうそう。公式の場にきちゃいけない人というか。


 この人もそのへんが分かっているから、絶対、ろくでもないことしてくるでしょう。僕はそれが楽しみなんですよ。


 去年もね、上条先生の展示の横に「奇子フーセンガム」のチラシが置いてあったしね。


 うっかりしていると、商品の横にエッチなチラシとか置いていくんですよ!


 テロだよね。僕、田中圭一さんて、船橋市におけるふなっしーみたいなものかなと思っていて。


 ふなっしーに失礼ですよ。


 圭一さんはふなっしーで、私が船橋市らしいですよ。


 非公認であることを公認されているという立ち位置的な話でね。


 はいはいはい。でも、私、ふなっしーのファンだからすごく複雑なんだけど(笑)。


 なにかやりかねないこともふまえて、田中圭一さんの動きには注目したい(笑)。


 今回、なにかやらかしたら、あえて、晒しもの的にモンキー・パンチ先生の横に置こう!


 そのうち、ギャラリー創の裏の方に場所を借りて、「裏キチムシ」とかやりかねないですよね。


 光があるところに闇があるわけで。


 もし、裏キチムシを開催したとしたら、一斉摘発ができますよね。そこになぜか浦沢さんもいて(笑)。


 裏(浦)なだけにね(笑)。


 まさにぴったりなわけですね(笑)。


 浦沢さんは公式でアトムを描いた方なので、キチムシには参加できないんですよ。原則オフィシャルでキャラクターを描いたり商品を作ってらっしゃる方はキチムシに出展できないというルールなんです。オフィシャルでコラボする機会がない方に参加いただいて大いに楽しんでいただくというのがキチムシのテーマでもあるんです。
キチムシに大手のアパレルの方が来て、これいいね! となったら、オフィシャルに繋がる可能性もありますから。


●再び、作品のおはなしアレコレ

—— 当日、来られなかった先生方や手塚先生のお話でも盛り上がりました。


 今回、寺田克也先生にはTシャツをお願いしたんですけど、ごめんなさい、いま描いている最中なのでオーダーする余裕がありませんとのことで、複製原画を額なしで1万円で販売するそうです。


 シート販売というやつですね。買い慣れている方だともう、自分で額も選びたいから要らなかったりするんですよね。


 因みに、寺田先生から何を描いたらいいですかと聞かれたので、個人的に『プライムローズ』をお願いしています。


 うわぁ、めちゃくちゃアマゾネスみたいに筋肉質になっていそうじゃないですか! もしくは、逆に萌え萌えでくるとか。


 萌え萌えなボディを想定して、描き込んでいただくようお願いをしています。
 浅田弘幸先生からは、アトムにタトゥーをいれたんですけどいいですか? と言われたので、どうぞ、好きに描いて下さいとお伝えしました。他にも、ジャングル大帝を含め何点か描くようですよ。
 モンキー・パンチ先生は成熟したサファイアを描きたいとのことで、「リボンの騎士」をモチーフにして下さるそうです。


 楽しみですね!


 モンキー・パンチ先生って名前だけで買う人がたくさんいそうですよね。


 1993年に「私のアトム展〜100人のMY FAVORITE ATOM」というイベントを開催したときに、モンキー・パンチ先生にもアトムを描いていただいたんですけど、この間、ご自宅にお邪魔したらご自宅の玄関先にその時の作品が飾られてあって、いまでも大事にしてくださっているのが嬉しかったですね。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

手塚るみ子氏


 モンキー・パンチ先生もだいぶ前からデジタルを取り込んで描かれていますよね。


 ウチの親父様はメカ音痴なので、おそらくデジタルには行かなかったと思いますよ。新しいものには食いつくんですけど、メカ音痴なんですよ。


 確かにiPadを持ち歩いて、どこでもスラスラ描いてそうではありますね。


 手塚先生も寺田さんみたいに、こういう場でもちょこちょこ手は動かすみたいなタイプだったんですかね。


 あまり、好きにちょこちょこ描く時間が無かったんですよ。原稿という、先があるものしか描けなかったので、寺田さんみたいに気軽になにか描いているタイプではなかったと思いますね。


 寺田さんは特別ですよね。


 前に一緒に飲んだ時、寺田さんが箸袋を持ったからなにするのかと思ったら、いきなりペンを取り出して描きだすっていう(笑)。


 一緒に徹夜で大騒ぎして、朝、マクドナルドでだらだらご飯を食べていたときでも、なにか描いているんですよ(笑)。


 描かないと死んじゃう病気なのかなあ?


 息をするように描いているわけですね。


 要するに、「絵描きマグロ」みたいな人なんですよ。もう、習性になってる(笑)。


絵描きマグロwww


 それって、コミュニケーション取れない人じゃないですか(笑)。


 ところが、コミュニケーションもきちんと取れるんですよ、あの人。きちんと相手の話も聞いて会話もしながら手を動かしているんですよ。本人のキャラクターもいいですしね。


 ずるい(笑)!!!


 文章も書かせたらうまいしね。ああいう方は初めてみました。ただ、絵描きが全員ああだと思われたら困っちゃうなって(笑)。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


●意気込み的なアレコレ

—— 最後はキチムシ’16に向けて、それぞれの想いを語ってらっしゃいました。


 今回は2回目ということで、去年とはまた違う、公式ではありえないようなコラボ作品が新たに生みだされることに対して、期待感がとても大きいです。


 今年はね、売り物ではないんですけど、また、アニメを作りたいというのがあって、実はそっちが大変っていう(笑)。去年制作したものの終わりに、「第2話プルートゥ登場に続く!」というのをいれちゃったんで、今年、プルートゥが登場しなきゃいけないんですよ。子どもたちが観てくれたりするんで、できるといいなあって。


 日本のテレビアニメをスタートさせたのは手塚先生ですからね。そういう意味でもアニメを作らないと。


 そうそう、手塚先生のアニメを観て育ったのでね。俺だけですよ、そこにオマージュしてるの!!


 僕は、なぜ、ウランちゃんじゃないの? っていう質問がでてこないくらいかわいいアトム子ちゃんを目指します! あとは、ちゃんと展示用の絵も描きたいと思います。乞うご期待!


 私は今年は「お祭り」がコンセプトです。「キチムシ」っていう1年に一回の大きなお祭りがあって、お祭りが終わったあともお祭り楽しかったなって、また、来年も来たいなって気持ちになれるような、次に繋がるような感じにしたいなと思っています!


 僕は、背景込みの絵を描くことが多いんですけど、手塚先生の絵を実際描いてみると、非常にシンプルでありつつもフォルムが明確で芯がしっかりしているので、安心して自由にアレンジできるなと思いましたね。これがやりたいっていうのがさき走って、まだ、自分でもどうなるのか分からないけど(笑)。
 アトムで一番印象的なのが最初の実写版のアトムなので、あれのイメージを残したいっていうのがあります。すごくワクワクしたんでね。今回はそういう昔の気持ちを取り戻しながら、気持ちは当時のまま、いまの技術で描こうと思います。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

「地上最大のロボット」より、開田流プルートゥ


 一応、前回に引き続き、キチムシのサイトを作っているのもあって、そういう裏側からサポートする立場としてもイベントを支えていけたらなと思います。因みにデザインは別の方が担当しているんですが、今年のデザインは、るみ子さんの意見でThe Stone Rosesというイギリスのバンドの1stアルバムのパロディになりました。今後もそういうパロディ展開で行くそうです。


 できるだけ際どいものを作りましょう! ただ、公式では図柄的にお酒とタバコがNGなんでしたっけ?


 そこ、モンキー・パンチ先生が破ってくれますよ! たぶん!!


 まあ、開けてみないと分からないのが文化祭の楽しみでもありますからね。


 今年からは11月3日はもう、キチムシの日ということで必ず開催していけるようにしてきます。できれば、2年後の手塚治虫生誕90周年に向けて、みなさんのお力も借りながら、このままテンションを上げていければなと思います。


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート


当日はどんなグッズが展開されているのか……!!
気になる最新情報はこちらから!

Tweets by @kichimushi16

『手塚治虫文化祭〜キチムシ’16』 いよいよ11月3日(木・祝)より開催!!



 イベント情報


手塚治虫文化祭 〜キチムシ'16〜

開催日時: 2016年11月3日(木・祝)〜9日(水)
       12時〜18時(最終日は17時まで)

開催場所: リベストギャラリー創

※通販展開 2016年11月10日(木)〜16日(水)
  リベストギャラリー特設通販サイト:
  https://gallerysou.theshop.jp/

出展者:
青木俊直 /浅田弘幸 /一本木蛮 /開田裕治 /上條淳士 /きはらようすけ / 桐木憲一 /島本和彦 /玉村ヘビオ /寺田克也 / DEVILROBOTS /電脳大工 / TOUMA /とりマリ(とり・みき&ヤマザキマリ)/西野直樹 /姫川明輝 / モンキー・パンチ /山田雨月 /吉元れい花&エ☆ミリー吉元 計21名

公式サイト: http://www.kichimushi.net/


虫ん坊 2016年11月号 特集1:開催直前!! キチムシ’16座談会!? 潜入レポート

一本木蛮先生の完成イラスト!



戻る



UP!