TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2010年1月号 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記
投稿:虫ん坊読者の広場

4月といえばやっぱり、「鉄腕アトム」の誕生日です! みなさん、アトムのかわいいイラストをたくさん、ありがとうございました!

 アトム、誕生日おめでとう!!

 今回投稿いただいた方には、写真の手塚グッズをお送りします。

今月号のプレゼントは!

投稿たくさんありがとう!




テーマ投稿・「鉄腕アトム」


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 みづき さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 ぼん子 さん

こんにちは。お久しぶりです(^O^)/
いつもお世話になっております。

アトムを描きました。
黒を使わずにどこまで表現できるか。
に挑戦してみました。

青色を中心に使い、落ち着いた雰囲気にしました。

瞳は特に気合を入れました。
様々な色を組み合わせたので、
それを分かって頂けると嬉しいです(*^▽^*)

 

前回の投稿からだいぶ間が空きました、ぼん子です。
アトムは外国ではアストロボーイと呼ばれているそうですね。
この間、ちょっと思い立って、学校のオーストラリアから来た英語教師マリーさんに、手紙で尋ねてみました。
「Do you kyow ASTRO BOY?
Teduka Osamu wrote it.」
そしたら、「知っています。彼は外国でもとても有名ですよ!」と返ってきました。
外国でもも知られてるなんて、やっぱり先生は偉大な方なんだなあーと、改めて思いました。

【投稿者】 みづき さん

 

【投稿者】 ぼん子 さん

のむら

 上品な、おとなしい感じの絵ですね。普通、黒を使うところを青色を使ったことで、やわらかい印象になっています。色使いも巧みで、特にアトムの頭や目など、金属的な感じのするところの表現が良く描けています。外の景色が映りこんでいるような目など、リアルに描けていますね。せっかくこのような表現をされているので、ブーツやパンツなども、同じ質感で描いてみたら、良かったと思います。
 僕たちがアトムを描くときには、ひざの下は太くしていますが、この絵では華奢な感じに細くなっています。強くてかっこいいアトム、というよりも、優しさを強調した感じがしますね。

編集

黒を使わない! って面白いアイディアですね!

 
のむら

 ころっとした体格にデフォルメされたアトムとウランですね。あたたかい雰囲気の絵です。一人のキャラクターのポートレートというよりも、二人のキャラクターが楽しそうに話している感じが良いです。二人の表情もいいですね。こういった場合、普通主役となるアトムを手前に描き、目は開いているように描いたりするのですが、描かれた方はウランのほうを際立たせたかったのか、アトムがにっこり笑っていて、ウランのほうが視線が強調されています。アイスの紙のところにヒョウタンツギが描かれていたりして、細部まで工夫がされています。

編集

兄妹のなかよしさが伝わってくる感じです!


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 三汐 さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 ふゆみ さん

 新鉄腕アトムより「アトムの初恋」です。アトム対アトラスやいんこやブラック・ジャックの出る回も良いなと思ったのですが、何と言っても最終回は先生自らご出演の思い出深い回でしたので、そこから人間に変装したアトムとニョーカのイラストです。本当のアトムは決して頬を赤らめたりなぞしないでしょうが、初恋の初々しさを表現してみました。

 

いつもお世話になります。ふゆみです。4月号のテーマ アトムを描きました。初めて描いたのに、時間をかけられなくて申し訳ないです…。
新たな年度に向けてがんばろ!!という気持ちが伝わったら嬉しいです。
私版アトム、どうでしょうか?

【投稿者】 三汐 さん

 

【投稿者】 ふゆみ さん

のむら

 表情や二人の距離感、足の動きなど、いい感じですね。おっしゃるとおり、初々しさがよく出ていると思います。キャラクターなどは、かなりしっかりアニメのキャラクターを模写されていますが、グラデーションを使うなど、色の塗り方でオリジナリティを出していますね。影なども丁寧に描いてあります。
 背景に柄を使っていますが、キャラクターに使った色と同系の色を選んで塗っているため、必要以上に目立たず、キャラクターを引き立てています。背景は線をぼやかしてあるのも、効果的だと思います。ここまで描いてあるのに、ロゴは何の変哲もないゴシック体、というのは、なんだかもったいないような気もします。

編集

初々しい! 変装したアトム、っていうのもレアです。

 
のむら

 ポーズが決まっていて、明るい、元気な感じが伝わります。点によるハイライトの表現が、絵に独自の表情を加えています。あとひとつ、ハイライトの入れ方で気になったのが、ベルトのところです。手塚先生が始めに縦線でハイライトを入れたため、ずっと「アトムのベルトには縦線のハイライト」というのが半ば常識化していましたが、こうした横のハイライトも面白いですね。

編集

アトムの元気な感じが伝わります。


グッズ制作


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 ゆいウラン さん

【投稿者】 ゆいウラン さん

こんにちは!!

学校で作ったCDボックスです。
木に彫刻をして色を塗り、ニスを塗って組み立てました。
手前の面にはボッコを描いて、他の面は魚や鳥、花など自然の物を描きました。
全体のサイズは、縦13.5cm、横26.5cm、高さ10.5cm程です。
誕生日に買った『手塚治虫の世界』というCDを入れています。


編集

手作りのあたたかい感じがいいですね。「Happy」って、こちらもつられてハッピーになりそうなボッコがすてきです。


初投稿! ありがとうございます


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより 【投稿者】 松尾 名月さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 はいいろ。 さん

ザ・クレーター 二つのドラマ

 

初投稿失礼致します。
アナログ人間ですが、ルーズリーフで書いた落書きを少し加工してみました。我が道まっしぐらなキリコと苦悩しながらも歩んでいく先生をイメージして書いた……つもりです。

【投稿者】 松尾 名月さん

 

【投稿者】 はいいろ。 さん

のむら

 画面全体を覆う、スピード感を表す斜線が良いですね。カラーで描かれた二人の登場人物の真ん中に、赤一色で描かれた少女を配したのは、作品の物語性をよく表していて、いいですね。赤の色も、ただベタで塗るのではなく、ところどころを滲ませて表現したことで、よりサスペンス性が際立っているように思います。
 反対に、対立する二人の少年のほうはあえて目や顔をはっきり描かない表現で、シリアスさを表しています。

編集

ドラマチックな感じ! この作品の内容を知っている人は、ついなるほど〜 とうなってしまうかも。

 
のむら

 鉛筆の線らしい薄めのラインで、二人の登場人物の表情もはっきり、喜怒哀楽が分かるものではなく、アンニュイというか、あいまいな表情で描いているところが面白いです。その代わりに、破ったままの紙の縁の処理や、さらにそこに黒い枠を設けたこと、ロゴの表現などは、大胆です。
 絵を目立たせたい! ということであれば、黒がもっと濃くでる線で描くようにすると、絵のテーマもハッキリしますよ。

編集

アンニュイな雰囲気のブラック・ジャックがいいです。


いろんなキャラクターに投稿、ありがとうございました!


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより 【投稿者】 綾 さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 関口 珠恵子 さん

その名の通り、七色で七色いんこを描いてみました!
私は極度の面倒臭がり屋なので、描いてるうちにだんだん雑になってしまい、ボタンのあたりなど超テキトーな状態に…。
少々多めに見てくださるとうれしいです(^^;)

 

こんにちは!
今回は、キャプテンケンを描いてみました。私は『キャプテンKen』を呼んで火星大好きになりました!!

【投稿者】 綾 さん

 

【投稿者】 関口 珠恵子 さん

のむら

 七色いんこを七色で描く、というのは面白い発想です。まさにアイディアの勝利ですね。手塚治虫も描いたことのない表現方法です。
 色の塗りわけも丁寧に描かれていて、細い、主線のところまでちゃんと形が崩れないように描けている所はがんばりましたね。グラデーションもかけてあって綺麗です。

編集

けっこう手間がかかったんじゃないかなあ、と思ってしまう力作です。細いところとか、大変そうです。

 
のむら

 大変丁寧な絵です。愛情(?)をもって、きっちり描かれている感じが良いですね! 正面からキャラクターを描くのは、左右をきちんと対称に描かなくてはならないので、難しかったと思います。色の塗り方もいいです。惜しいところは、顔にはちゃんと影がついているのに、服のほうにはあまり影が入っていないところでしょうか。服に影をつけるときも、顔のときの応用でできますので、ぜひ今度は挑戦してみてください。

編集

お、珍しいキャラクターの投稿ありがとうございます!!


郵送より【投稿者】 伊和音 さん

 

郵送より【投稿者】 関口 珠恵子 さん

こんにちは!
三つ目がとおるの「古代王子ゴダル」で、猫になってしまった和登さんがとても可愛かったので描いてみました。

 

今回はメルモ&ピノコです!!
ピノコが青いキャンデーをなめると8頭身になるかな? と思って描きました。

【投稿者】 伊和音 さん

 

【投稿者】 関口 珠恵子 さん

のむら

 ポーズの選択がいいですね。よく整った構図です。写楽の無邪気な感じがいいですね。背景の格子模様がファンシーで、写楽という男の子のキャラクターの背景としては対照的な感じがします。ほのぼのとした雰囲気になっていますね。

編集

写楽も猫の和登さんもかわいいですね。

 
のむら

 大人になれるキャンディーをメルモからもらうピノコ、原作では実現されないシチュエーションを一度は描いてみたい! というファンの心理がよく伝わる絵です。二人の身長の違いなども考えてかかれていますが、がんばって全身を描いてみると、よりシチュエーションが分かりやすくなったかも知れません。手の表情や、目線も、もっと付けてみると二人の人物のあいだでのやり取りがよりよく伝わるようになると思います。

編集

おねえさんっぽいメルモがほほえましいです。



5月号 投稿コーナー予告!

 テーマ投稿・子どものキャラクター

5月号では、こどもの日にちなんで、子どものキャラクターのイラスト投稿を募集します! ふるってご応募ください。


 その他手塚キャラクターのイラスト募集!

あなたの大好きなキャラクターを投稿してみよう!
もちろん、マイナーな作品でもOKです! NHKBS時代劇「陽だまりの樹」や、舞台「陽だまりの樹」をごらんの方は、感想なども待ってます!!


 新企画! アナタの町の手塚キャラ・・・

飯能市のアトム像、宝塚市の記念館前の火の鳥のみならず、案外いろいろなところに点在している手塚キャラクター。町で見かけた手塚キャラを写真にとって送ってみよう!

撮影場所を市町村単位で書いて送ってくれるとなおGOODですが、プライバシーにかかわる場合は伏せてもオッケーデス。画像の質は特に問いません。気軽に撮って送ってね。




そのほか、自由な題材での投稿も随時、応募しております! ふるってご応募ください!
投稿はコチラ!!


メールや投稿ページからの投稿の場合、虫ん坊コーナーへの投稿だということが分かるように、「【虫ん坊投稿】」などの文字を件名に入れてね!


また、投稿していただいた方には、編集部からプレゼント送付のご案内などをメールでお送りします。迷惑メール大作などで、ドメイン指定受信をされているかたは、@tezuka.co.jp からのメールを受け取れるように、お使いのメールツールを設定しておいてくださいね。

 

メールはこちらから、
tezukaosamu-net-guide@tezuka.co.jp

郵送で、
〒169-8575
東京都新宿区高田馬場4-32-11
株式会社手塚プロダクション TezukaOsamu.net 投稿係

5月号掲載は、2012年4月15日(日)までにいただいたものとさせていただきます。6月号以降にも、いただいた投稿を掲載していきます。


戻る