マンガマンガ

ストーリー

丹波の殿様の家臣、平凡な城勤めの下村風介は、げてもの食いが趣味の主君のお相伴役を命ぜられた。涙と脂汗を流して、彼は必死で飲み込む。殿様がすすめる「うじの照り焼き」や「イモ虫入りオタマジャクシの煮付け」を。

解説

1970/03/25 「漫画サンデー」(実業之日本社) 掲載 初出時には「サイテイ招待席」というシリーズのひとつとして発表された。

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • フースケ

こちらもオススメ