マンガマンガ

ストーリー

『走れ!クロノス』は、SFでありながら、少年と馬の心の交流をかいた「おとぎ話」のようでもあります。
地球に不時着した宇宙人がミスで引き起こした火山の噴火により、父以外の家族を失い、自分自身も足が不自由になった少年・至(いたる)。罪の意識を感じた宇宙人の一人は、至の子馬に知能強化剤を食べさせます。「クロノス」と名づけられたその子馬は、やがて大きく、かしこく成長し、至の良い友達となったのでした。
『ジャングル大帝』に代表されるように、動物と人間との友情物語は手塚治虫の得意とする題材の一つであり、さらに宇宙人との交流ときくと、あの『W3(ワンダースリー)』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか(そういえば、高い文明を誇る異星人との交流も、手塚作品によくあるパターンの一つです)。それにしても、鳥、ネコ、ナメクジと、作品中で様々な生き物を進化させた手塚治虫ですが、馬顔の宇宙人とは何とも珍しい発想のキャラクターを造形したものです。
そしてもちろん、この作品にも、手塚治虫らしい社会への警告が含まれています。地球人を一方的に未開の低級な生物とみなし、至たちに対して「償いの必要などない」と主張する宇宙人たちの姿からは、様々な社会の矛盾・不正に対する風刺を読み取ることができますし、逆に自分が処罰されるのも省みず、至の面倒を見る宇宙人の姿からは、誠実に生きること、そして文明の中でも人間性を失わないことの美しさを知ることができるのです。
クロノスと至の心温まる友情の物語は、若い読者に特におすすめです。

解説

1976/04-09 「中一時代」(旺文社) 連載

電子書籍 ※表紙をクリックすると、イーブック・イニシアティブ・ジャパンの立ち読みビューアが起動します。
ご利用の注意点についてはこちらをご覧ください。

  • タイガーブックス (6)

こちらもオススメ