アニメアニメ

作品紹介

京都の駅ビルの中にあった手塚治虫ワールド(2011年1月16日閉館)の中に300インチシアターという劇場があり、そこで上映されていたオリジナル短編アニメ。手塚漫画の代表作の、そのエッセンスを詰め込んだアニメーション作品と、京都にまつわる歴史的なエピソードを紹介するアニメーションとの二本立てという形で上映され、その二本を火の鳥がストーリー・テラーとなってつないで行く、という構成です。 「限られた命の中で、愛はどのように不変の力として成長して行くのか」というテーマを、火の鳥は『ブラック・ジャック』のエピソードの中から「おばあちゃん」という物語を選んで紹介します。お金にがめつくて、嫁に対して口を開けば「お金をちょうだい」と小遣いをせびってばかりいる老婆。そんなおばあちゃんに息子夫婦はうんざりしています。家の中はだから口論が耐えず、やすらかな日常は失われているように見えます。ひょんなことからこの一家と知り合ったブラック・ジャックはやがてこのおばあちゃんが瀕死の重病にかかった幼い息子を救うため、大金を要求する名医に治療してもらった過去がある、と知るのです。息子の命を救った医者への治療費を彼女は何十年もかかって払い込み続けているのでした。息子への愛。その代償として、生涯を治療費を払うことだけに費やした老婆。そしてそんな母の思いを知らず、嫁とのいさかいの間に立ってため息をつくだけだった息子。彼が母の真実を知った時、彼はそこに「自分の人生よりも大事な我が子への愛」に生きた母なるものの「愛」を思い知ることになるのです。そして同じだけの愛で母を愛せるのか、とブラック・ジャックは彼に問いかけます。火の鳥はそんな「命よりも大事な愛」こそが永遠の命を持つのだと語り、そしてひとつの都市そのものに永遠の命を与えようとした一大国家プロジェクト『平安遷都』について語っていきます。

クレジット

(C)手塚プロダクション

ブラック・ジャック おばあちゃん
手塚プロダクション/2000年11月3日/10分

平安遷都
手塚プロダクション/2000年11月3日/4分20秒

キャスト

ブラック・ジャック:大塚明夫
ピノコ:水谷優子
義裕:鈴木琢磨
律子:渡辺美佐
ヨシコ:京田尚子
甚大未亡人:亀井芳子

スタッフ

脚本:森田真由美
監督・演出:西田正義
作画監督:西田正義
原画:西田正義
動画チェック:岡村隆、田中嘉
動画:北京写楽美術芸術品有限公司
美術監督:岡田和夫
背景:岩崎清宏、菅野孝信
色彩設定:宇田川佐東美
仕上検査: 宇田川佐東美、斎藤京子
仕上:北京写楽美術芸術品有限公司
デジタル・プロセッサー:川添恵、油谷有美
特殊効果:榊原豊彦
タイトル・リスワーク:マキプロ
音響制作:アーツプロ
選曲:合田豊
録音スタジオ:タバック
編集:森田編集室
ビデオ編集:スタジオ・トゥインクルランド
現像:イマジカ
撮影:高橋プロダクション
プロデューサー:久保田稔、宇田川純男
制作担当:柳澤光子

こちらもオススメ