アニメ・映像wiki


虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > アニメ・映像wiki > 鉄腕アトム

鉄腕アトム


ストーリー紹介

  • 日本のアニメーションの歴史を一変させた手塚治虫の金字塔のひとつです。日本最初のテレビ用連続アニメとして制作されたこの作品が、現在にまで至る、日本のアニメ文化隆盛の礎を築きました。また同時にこの『アトム』の成功によって、アニメは低予算で作っても儲かる、というテレビ局の認識を生んでしまい、現在にまで至る、アニメーターたちが低賃金で殺人的スケジュールに追われる、というマイナスの現実も産み落とすこととなったのですが、『アトム』当時は「安く作るから、とにかく作らせてくれ」という作品を世に送り出したい切実な気持ちがなければ、とてもじゃないけれど「連続アニメ」などに関心を持ってくれるスポンサーはいなかったのです。十万馬力の少年ロボットが七つの力で悪漢を退治して行く姿に、当時の子供たちは熱狂しました。

プレビュー

キャラクター

UP

スタッフ

  • 原作・総監督:手塚治虫
    原画:坂本雄作、杉井儀三郎、石井元明、山本繁、瀬山義文、北野英明、青木茂、岡迫亘弘、田中英二、赤堀幹治 ほか
    動画:中村和子、山本繁、林重行 ほか
    作画監督:内野純緒
    文芸:石津嵐
    美術:松本強、八村博也、大脇章子、半藤克美 ほか
    トレス:白川成子、進藤八枝子、杉井正子、大内充子 ほか
    彩色:松本双葉、鶴田淑子、石井真椰 ほか
    撮影:佐倉紀行、広川和行、原屋楯男、須藤省三、日下部光雄、熊谷 、清水達正、大岩久剛、山浦栄二、三沢勝治
    編集:古川雅士、山下南 ほか
    進行:川畑栄一、須藤省三、高橋健一、石津嵐、上梨一也、鈴木良武、片岡忠三、柴山達雄、森柾、富野喜幸、黒川慶二朗、高橋良介 ほか
    作画進行:明田川進、岸本吉功、若尾博司、諏訪武夫 ほか
    技術進行:田代敦巳 ほか
    資料:野村欣宏、飯塚正夫
    音楽:高井達雄
    音楽監督:大野松雄
    主題歌:「鉄腕アトム」
    作詞:谷川俊太郎 作曲:高井達雄 歌:上高田少年合唱団

    声の出演
    アトム:清水マリ(97〜106話・田上和枝)
    お茶の水博士:勝田久
    ウラン:水垣洋子、(武藤礼子、芳川和子)
    コバルト:小宮山清
    ヒゲオヤジ:矢島正明(和田文雄)
    天馬博士:横森久
    中村警部:坂本新平
    田鷲警部:兼本新吾(千葉耕一)

wiki

  • 解説

    (C)手塚プロダクション/虫プロダクション

    フジテレビ系放映/24分/モノクロ/193本
    虫プロダクション/1963年1月1日〜1963年12月31日 火曜18:15〜18:45 1964年1月4日〜1966年12月31日 土曜19:00〜19:30

    1964年第2回テレビ記者会賞特別賞
    1965年厚生大臣賞
    1967年第4回放送批評懇談会・ギャラクシー賞

    日本初の商業用テレビアニメーションとして誕生。
    富野由悠季を始めとする有名なアニメーターがスタッフとして関わりました。
    そして、その最終回は多くの子供たちに衝撃を与えました。

    上記の解説で「日本のアニメーターの低賃金は本作に原因がある」と書かれていますが、正確には間違いです。

    手塚自身は次のように反論しています「しかしね、ぼく個人我慢ならんのはね、こういう声があるんだよ。手塚があのアトムを売る時、べらぼうな安値できめてしまったから、現在までテレビアニメは制作費が安くて苦労するんだと。冗談じゃないよ。」「あの時点での制作費はあれが常識なんで、あの倍もふっかけようもんなら、まちがってもスポンサーはアトムを買わなかったね。そうしたら、テレビアニメ時代なんて夢物語だったろうね。」
    「たしか四十何万が制作費で、ぼくの持ち出しは二十万くらいでしたかね。ところがアトムがべらぼうにあたったんで、アニメ番組はあたるということで、それから半年ほどあとには、アニメものがたちまちバタバタとできたんだ。その制作費は、なんと百万ですよ!つまりそれだけ出してもモトがとれてお釣りがくると企業は踏んだんだ。それから先はご覧の通りですよ。現在制作費は五百万円が下限で、六、七百万円ぐらいはスポンサーが出しますよ」。

    また鉄腕アトムは世界40カ国で放送され大人気になりました。

    2013年4月にフランス・カンヌで開かれた国際番組見本市MIPTVでは、世界のテレビを変えた50作の中に鉄腕アトムが選ばれました。
    そこでは、鉄腕アトムがリミテッドアニメーションの手法を日本に普及させ、後続の日本のアニメのほとんどが鉄腕アトムに影響を受けていることをあげています。

    また、鉄腕アトムがなければリミテッドアニメーションは普及していないため、日本は間違いなく世界一のアニメ生産国にはなっていなかっただろうとも語られています。 解説の書き込みはこちらから
UP
UP
  • 豆知識トリビア

    leochu2 さん  2008/11/04
    モノクロ版アニメの第34話『ミドロヶ沼の巻』は、石ノ森章太郎、藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、鈴木伸一、つのだじろうがスタジオゼロ演出部として、絵コンテ・原画を担当している。

  • 表示件数:
  • 1 
  • 豆知識トリビアの書き込みはこちらから

サブタイトル

  • 1 アトム誕生 1963/1/1 演出:手塚治虫

    事故で最愛の息子トビオを失った科学省長官、天馬博士は科学省の粋を集めてトビオにそっくりなロボット、アトムを作り上げるのだが--。

    2 フランケン 1963/1/8 演出:手塚治虫

    ロボット工場で不良品の烙印を押されたフランケンは人間への憎悪を込めて暴れ回り、そのせいで人間たちは「やっぱりロボットは信用できない」と善良なロボットまで迫害しはじめる。

    3 火星探険 1963/1/15 演出:手塚治虫

    火星探険の隊長にアトムが任命された。しかし部下となったキャップ大尉は、なぜ人間がロボットに命令されなければならないのだと、アトムに反旗を翻す。

    4 ゲルニカ 1963/1/22 演出:手塚治虫・坂本雄作

    強大なモンスター集団『ゲルニカ』によって次々に都市が陥落してゆく。アトムは人々のために、このゲルニカと戦う。

    5 スフィンクス 1963/1/29 演出:手塚治虫

    ピラミッドに隠された秘宝を盗もうとするとする一味に利用されたアトムは、ライオンの体と美女の顔を持つ神獣スフィンクスを退治しようとするのだが・・・。

    6 電光人間 1963/2/5 演出:杉井儀三郎

    ペーハーガラスで作られた目に見えないロボット電光を盗み出したスカンクは、ギャングたちの帝国を築こうと、電光を使って囚人たちを脱獄させるのだが・・・。

    7 アトム大使 1963/2/12 演出:山本暎一

    地球そっくりの星からお茶の水博士やヒゲオヤジをはじめとする地球人そっくりの宇宙人が大挙して移住してきた。しかし食糧危機となり人類は細胞縮小液で宇宙人たちを攻撃しはじめる--。

    8 幽霊製造機 1963/2/19 演出:石井元明

    ゴルゴニア国に拉致されたお茶の水博士は、ひとつの物体を次々にコピーするクローン・マシーン、幽霊製造機を使って世界征服を企む独裁者ヒラーの陰謀を知る--。

    9 ブラックルックス 1963/02/26 演出:紺野修司

    ロボット撲滅をスローガンにして、ロボットたちを次々に襲っているブラックルックス団とアトムとの戦いがはじまる。

    10 イワンの馬鹿 1963/03/05 演出:坂本雄作

    未知の惑星に漂着したアトムは、女性探検隊長の墓と、それを守る愚かだが誠実なロボットのイワンと出会う。

    11 タイムマシン 1963/03/12 演出:手塚治虫

    未来から来たその少年は、太古の生物を捕獲に向かったまま戻らない父親を捜していた。アトムたちはその父親を捜すため、大昔の世界へと旅立つことになる。

    12 十字架島 1963/03/19 演出:杉井儀三郎

    何にでも変身できるロボット・プークを使って十字架島に眠る地下資源を盗み出し、ロケットで逃げようと企むのは脱獄囚の芹沢博士。博士を追ってアトムは十字架島へ向かう。

    13 キリストの眼 1963/03/26 演出:山本暎一

    その神父は教会に飾られたキリストの眼に、ひとつのマークを刻みつけて死んでいた。どうやら教会に押し入った賊の正体を教えるための手がかりらしい。同じ賊が自分たちの秘密を知ったヒゲオヤジを狙いはじめる。

    14 人工太陽 1963/04/02 演出:石井元明

    突然出現した人工太陽。それは怪盗金三角一味による世界への脅迫だった。アトムは探偵シャーロック・ホームスパンと共に一味を退治に乗り出す。

    15 植物人間 1963/04/09 演出:紺野修司

    地球の水をせっせと集めているアルフィー星の円盤。アトムは彼等が水不足に苦しむ故郷の星のために水を集めているのだと知る。しかしアルフィー星はすでに滅亡していた・・・。

    16 白い惑星号 1963/04/16 演出:坂本雄作

    世界一周グランプリに出場した白い惑星号は、その優勝を阻もうとするギャングの一味に壊されてしまう。お茶の水博士は、アトムの電子頭脳を白い惑星号に搭載してあげようと申し出るのだが。

    17 ロボットランド 1963/04/23 演出:杉井儀三郎

    ロボットたちが童話の主人公となって子供たちを楽しませるテーマパーク『ロボットランド』。しかし、その地下工場ではロボットを奴隷にして戦争のための兵器が作られていた--。

    18 ガデム 1963/04/30 演出:山本暎一

    ギャングたちが密輸しようとしていたロボットのガデムが客船の中で暴れはじめた。乗り合わせていたアトムはガデムを制止しようとするのだが--。

    19 アトム対魔神 1963/05/07 演出:手塚治虫

    誤って地球に移送されてきた惑星改造ロボット、ガロンに対して、人類は核攻撃を考える。しかしアトムは別の方法でガロンに対抗する。

    20 気体人間 1963/05/14 演出:手塚治虫・虫プロ演出部

    宇宙空間で『気体人間』に体を乗っ取られて地球へ戻ってきた石津博士。気体人間たちは次々に人間に乗り移って暴れ回る。アトムはこの見えない宇宙生物に戦いを挑む。

    21 人工衛星R-45 1963/05/21 演出:手塚治虫・虫プロ演出部

    その宇宙パトロール隊員はギャング団を相手に奮闘していた。彼は手伝いに来たアトムに「ロボットの手伝いなんかいらない」と断ってしまう。しかし彼は自分がロボットであることを知らないーー。

    22 海蛇島 1963/05/28 演出:手塚治虫・虫プロ演出部

    囚われの少女アンナを救出するため、アトムは海蛇島へ向かった。しかしアトムは逆に捕まってしまう。しかもその島は塩分が多いので、アトムの体はどんどん腐食してしまう・・・。

    23 ミュータント 1963/06/04 演出:紺野修司

    原因不明の殺人事件が発生し、たまたま現場に居合わせたアトムは容疑者として逮捕されてしまう。しかし真犯人は世界征服を企むX党が生み出したミュータントだった。

    24 海底王国 1963/06/11 演出:杉井儀三郎

    人間を滅ぼして、ロボットだけの王国を作らないか? 海底王国のために使い捨てられる運命の爆弾ロボットからそう持ちかけられたアトムは--。

    25 地底戦車 1963/06/18 演出:山本暎一

    世界征服を企む大統領の下から逃げ出してきたジョーダン博士と共に、地底戦車に乗り込んだアトムは、大統領と戦う。しかし地底戦車は制御を失い、火山へと向かって突き進み始める。

    26 アトラス 1963/06/25 演出:林重行

    アトムと同じ力を持つアトラスは、しかし邪悪な心を持っていた。この敵と戦うアトムはつまり、自分自身のダークサイドと戦っているのだ。

    27 パール星 1963/07/02 演出:紺野修司

    海底ダムを造るべく工事用の爆弾が仕掛けられる。しかしその場所にはパール星人たちがひっそりと隠れ住んでいた。それを知ったアトムはパール星人救出のため海底で大活躍。

    28 マッドマシン 1963/07/09 演出:杉井儀三郎

    マッドマシンはすべての機械を狂わせ、誤作動させてしまう。そのマシンが暴走し始めて町は大混乱となる。アトムもまた機械だから、マシンのせいで誤作動し始める・・・。

    29 想い出の日 1963/07/16 演出:山本暎一

    ジローの部屋で、まだ完成していないタイム・マシンの中に入り込んでしまったアトムは、死んだはずのジローの声を聞いた。ジローは別の時代に送られたまま戻れないのかもしれない。

    30 ZZZ総統 1963/07/23 演出:石井元明

    自分の双子の弟を殺してまで、世界征服の野望に燃えるZZZ団の総統と、その野望を打ち砕くべく、立ち上がったアトムとの戦い。

    31 黒い宇宙線 1963/07/30 演出:林重行

    町に怪物が現れた。しかしその正体は火星に追放されていたドリアン博士だ。彼は地球上では宇宙線Xを浴びられないため、怪物に変身してしまったのだ。

    32 ホットドッグ兵団 1963/08/06 演出:紺野修司

    ロボットに脳を移植された犬たちはポンコツ博士に改造され、ホットドック兵団となって人類に挑戦してくる。

    33 三人の魔術師 1963/08/13 演出:杉井儀三郎

    ロボット怪盗を操って警察に挑戦する男。自分が怪盗だと疑われた天才魔術師とアトムが協力して、このロボット怪盗に挑む。

    34 ミドロが沼 1963/08/20 演出:鈴木伸一・スタジオゼロ

    ミドロが沼の周辺で事件が多発。水をくみ出してみるとそこには言葉を話すトカゲたちが現れた。前世紀から沼に住む彼らは人間を操る毒液を持っていた。

    35 人間牧場 1963/08/27 演出:山本暎一

    地球そっくりの星に家畜として誘拐された人々を救出するため、アトムはロケットに乗って飛び立つ。

    36 プイプイ教 1963/09/03 演出:石井元明

    そのプイプイ教団は不老不死の妙薬を求めていた。その薬の開発に成功した竜司博士は、教団に拉致されてしまう。アトムは薬の平和利用を実現するため、教団に戦いを挑む。

    37 ウランちゃん 1963/09/10 演出:林重

    アトムは誕生日にお茶の水博士から妹をプレゼントされた。妹のウランちゃんはとても可愛い女の子。けれどとってもお転婆で、アトムはウランちゃんの巻き起こす騒ぎにてんてこまい。

    38 狂った小惑星 1963/09/17 演出:杉井儀三郎

    軌道を逸れ、地球に向かって直進してくる小惑星メズーサ。アトムはこの小惑星の衝突から地球を救うため、爆弾のプロである囚人と共に小惑星に向かう。

    39 赤い猫 1963/09/24 演出:白川大作・虫プロ演出部

    進み行く自然破壊を止めようとしない人類に、絶望した四足博士は、動物たちを超短波催眠装置で操り、都市に攻撃を仕掛けてくる。

    40 ネオ・シーザー 1963/10/01 脚本:手塚治虫 演出:柴山達雄

    ロボットたちを支配下において、ローマ帝国の再建を夢見るシーザー。しかし彼は歴史に残るジュリアス・シーザーと同じ運命を辿ることになる。

    41 X爆弾 1963/10/08 演出:手塚治虫・虫プロ演出部

    すべての物質を水に変えてしまうX爆弾が太平洋に墜落した。爆発まで後50時間。回収に向かったアトムは、自分を追ってきていたウランが爆弾と共にクジラに飲み込まれたのを知る。

    42 黄色い馬 1963/10/15 演出:片岡忠三

    アトムは麻薬密輸組織『黄色い馬』の所有する人工衛星に乗り込んだ。そこでは攻撃用ミサイルが密かに作られていたのだ。

    43 デッドクロス殿下 1963/10/22 演出:林重行

    ロボットの大統領ラグは暗殺者に狙われていた。アトムがその犯人を突き止めると、それはラグの生みの親のデッドクロスだった。彼は自分が大統領選に出馬するためにラグを造ったのだが、当選したのがラグだったため、それを恨んでいたのだった。

    44 エジプト陰謀団 1963/10/29 演出:石井元明・虫プロ演出部

    ウランがさらわれた。アトムが持つクレオパトラの首飾りを奪うための人質にされたのだ。その首飾りを手にする者は世界一の大帝国を築くことができると、その陰謀団は信じていた。

    45 クレオパトラの首飾り 1963/11/05 演出:杉井儀三郎

    陰謀団は念願の首飾りを手に入れ、いよいよ世界征服に乗り出す。しかしその首領であるクレオパトラの前にアトムが立ちはだかった。

    46 ロボット宇宙艇 1963/11/12 演出:林重行・虫プロ演出部

    ロボット宇宙艇レバーロボットが盗まれた。取り戻すために派遣されたアトムは、しかし自分もエネルギーを盗まれてしまう。

    47 宇宙ガニ 1963/11/19 演出:坂本雄作

    ハムエッグはポーク星人の持っていた巨大ガニと地球産の豚とを交換した。彼は手に入れた巨大ガニをサーカスの見せ物にして大儲けしようとするのだが・・・。

    48 天馬族 1963/11/26 演出:山本暎一

    モンゴルの山奥から幻の民族、天馬族のヌウがやってきた。人々はヌウを一目でも見ようと押し掛け、街は大混乱になってしまう。さらにギャングの一味がヌウを捕まえるべく暗躍しはじめた。

    49 透明巨人 1963/12/03 演出:杉井儀三郎

    物質電送機を開発した花房博士は、テストのために機械に入った途端、ライバル科学者の手で機械を壊され、透明人間となってしまった。博士を助けようとするアトムは--。

    50 アトム西部へ行く 1963/12/10 演出:林重行

    過去の西部へと旅だったまま戻らないヘックを探すため、アトムとヒゲオヤジもまた過去へと旅立つ。

    51 子象プーラ 1963/12/17 演出:虫プロ演出部

    象のロボット、ゾーラが誤作動を起こし、ジャングルへと逃げ込んでしまう。そのジャングルの中ではアトムが仲間からはぐれた子象のプーラの面倒を見ていた--。

    52 雪ライオン 1963/12/24 脚本:鈴木良武 演出:山本暎一

    リーゲル星から地球にやってきた、その老人は雪ライオンを連れていた。そしてリーゲル星人たちはすべてのエネルギーを吸い取る宇宙雪を降らせはじめる・・・。都市機能が麻痺した地球を救うためアトムは宇宙へ飛び立つ。

    53 さようなら1963年 1963/12/31 脚本:高橋健一 演出:杉井儀三郎

    1963年の大晦日。大掃除をしていたウランは1枚の写真をみつけた。それをきっかけにしてアトムとお茶の水博士の思い出話がはじまる。『鉄腕アトムのフィルムが出来るまで』なども紹介する特別編。

    54 アルプスの決闘 1964/01/04 脚本:本間文幸 演出:林重行

    一度は捨てた自分の「子供」であるアトムを取り戻そうと考える天馬博士は、ギャングのスカンクに協力を求めた。スカンクの一味『まぼろしクラブ』はアトム一家の誘拐に成功するが・・・。

    55 若返りガス 1964/01/18 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三

    宮殿衛星ヨランナの王族は、地球人から「若返りガス」を買った。しかしそれがただの催涙ガスだとわかり、ヨランナは自分たちをだました報復として地球に向けて水爆ミサイルを発射する。

    56 地球防衛隊 1964/01/25 脚本:鈴木良武 演出:高木厚

    地球の知識を吸収しようと企む宇宙人がお茶の水博士を誘拐した。救出に向かったアトムは月の地球防衛基地を訪れるが、そこも宇宙人の攻撃によって破壊されてしまう!(カラー作品)

    57 ロボット学校 1964/02/01 脚本:柴山達雄 演出:山本暎一

    人間は美しい物を見て、美しいと感じられるし、感動することもできる。そういう「心」を学びたいと、アトム、ウラン、ララはロボット学校に通いはじめるのだが--。

    58 13の怪神像 1964/02/08 脚本:本間文幸 演出:林重行

    20万年前の古代文字の解読を進めていたアトムとお茶の水博士は、ウェスター島の13個の神像に隠された謎を解けば宇宙の秘密に触れられると知り、島へと向かう。

    59 白熱人間 1964/02/15 脚本:高橋健一 演出:片岡忠三

    宇宙人の円盤からロボットの設計図を盗み出したガストンは、その事実を隠したまま科学省に設計図通りのロボットの建造を依頼する。出来上がったロボット、ブロンは破壊兵器となって暴れはじめた。

    60 ダーマの宮殿 1964/02/22 脚本:本間文幸

    平和な文化国家、超ジンギスカン帝国の皇帝が突如として極悪人と化してしまった。民衆に助けを求められたアトムは、皇帝が巨大蜂に刺され、精神を操られているのだと知る。

    61 宇宙の寄生虫 1964/02/29 演出:山本暎一・虫プロ演出部

    宇宙寄生虫をばらまかれたくなければ、地球を渡せ。ナチス残党にそう脅迫された地球政府はこの脅迫をはねつけた。報復として宇宙寄生虫を乗せた無数の円盤が地球に押し寄せてくる--。

    62 幽霊船 1964/03/07 脚本:柴山達雄 演出:林重行

    自分にも人間のような「心」が欲しい。そう願うアトムは恐怖を感じる心を機械の中に組み込んでもらう。しかしその直後、インド洋に謎の幽霊船が出現。アトムは調査に派遣されるが、恐怖におののき、すくみ上がってしまう。

    63 人工氷山 1964/03/14 脚本:山本・高橋 演出:山本暎一

    ズール博士は、人工氷山に爆弾を仕掛け、洪水を起こそうとする。それを知ったアトムは爆弾の起爆阻止に向かうのだが・・・。

    64 こうもり伯爵 1964/03/21 演出:坂本雄作

    雲仙の山奥で道に守ったチックとタックが一夜の宿を求めた廃屋には、吸血鬼が潜んでいた。吸血鬼(ペダン博士)によってチックは同じ吸血人間に改造されそうになるのだが、そこへアトムが救出にやってくる。

    65 勇敢な脱走者 1964/03/28 脚本:柴山達雄 演出:林重行

    大津波が発生。アトムは津波を止めようと飛び立つが、墜落してしまう。気絶したアトムを助けたのは脱獄してきたロボット、ボギーだった。

    66 スペースバイキング 1964/04/04 脚本:高橋健一 演出:山本暎一

    宇宙海賊を退治するため、アトムは海賊たちの母船を破壊する。しかし海賊たちは人質を取ってアトムに手を引けと迫ってくる。アトムは人質を盾にされて手が出せない--。

    67 夜の勇士達 1964/04/11 脚本:能加平 演出:手塚治虫・虫プロ演出部

    おもちゃ売り場で遊んでいたウランは、おもちゃに人工頭脳をくっつけてしまった。そのせいで知能を得たおもちゃたちの中に、悪い心のおもちゃも混ざっていた。悪い人形たちのイタズラを止めるため、アトムは良いおもちゃたちに協力を求める。

    68 恐龍人の反乱 1964/04/25 脚本:高橋健一 演出:山本暎一

    古代遊園地でベビーシッターをしていたアトムの目の前で、ひとりの幼児が翼竜にさらわれてしまう。恐竜たちは身代金代わりに食料を要求してくる。それに対してアトムは--。

    69 時計塔の秘密 1964/05/02 脚本:片岡忠三 演出:林重行

    殺人光線マシンを完成させたテンプ博士は、科学者会議を潰そうと計画していた。その陰謀を知ったアトムは、テンプ博士に戦いを挑む。

    70 ラフレシア 1964/05/09 脚本:豊田有恒 演出:坂本雄作

    世界最大の花、ラフレシア。それはじつは宇宙からやってきた植物人間だった。放射能を求めるラフレシアは、見た目以上に強く、アトムでさえ太刀打ちできない--。

    71 地球最後の日 1964/05/16 脚本:山本暎一 演出:山本暎一

    地球めがけて迫り来る「赤い星」。その衝突から地球を守ろうとするアトム。その必死な姿を見た高性能爆弾ロボット、ベムは地球とアトムを守るには自分が自爆するしかないと考える。

    72 宇宙の漂流7日間 1964/05/23 脚本:能加平 演出:林重行

    ロケットで逃げ出したギャングたちを追跡したアトムは、避難ステーションに逃げ込んだギャングたちが宇宙人たちから攻撃されているのを発見する。彼らを助けるアトムはしかしステーションが壊れたため、ギャングたちと共に宇宙を漂流する羽目になる。

    73 ビッグタイタン 1964/06/06 脚本:柴山達雄 演出:青木茂

    モヒカン族の血を引くプット博士の娘が何者かにさらわれてしまう。プット博士は娘とそっくりなウランを見て、アトムたちを誘拐犯だと勘違いするのだが--。

    74 地底探険 1964/06/13 脚本:山本暎一 演出:山本暎一

    もしかしたら地底に高度な文明世界があるかもしれない。この仮説を確かめるため、アトムとウランは地底探査に赴いた。そんな彼等に地底人が攻撃を仕掛けてくる。

    75 空とぶ町 1964/06/20 脚本:豊田有恒 演出:林重行

    世界に分散しているインカの秘宝を回収するため、念動力を持つ老人カパックはトンデールに協力を依頼した。しかし黄金の独り占めを企むトンデールは、念動力増幅器で世界を襲いはじめる。

    76 モンスターマシーン 1964/06/27 脚本:豊田有恒 演出:虫プロ演出部

    モールス博士は、地球より文明の進んだパラノイア星との交信に成功する。パラノイア星から送られてきた設計図通りに、博士はアトムの協力を得て不思議な箱を組み立てるのだが・・・。

    77 ケープタウンの子守歌 1964/07/04 脚本:山本暎一 演出:山本暎一

    自分を育ててくれたロボットを母親のように慕っていたルックス少年は、そのロボットが別のロボットによって破壊されてしまって以来、すべてのロボットを憎みはじめた。彼はロボット排斥組織ブラック・ルックスを結成してロボットたちを弾圧しはじめるのだが・・・。

    78 50万年後の世界 1964/07/11 脚本:豊田有恒 演出:青木茂

    ひょんなことから超未来世界へ飛び込んでしまったアトムたち。彼等がそこで目にしたのは、対立する種族を奴隷のように酷使する残忍なペパー族の暴虐ぶりだった。

    79 ドクター脳 1964/07/18 脚本:辻真先 演出:林重行

    金倉博士は世界的な脳外科医イバール博士を事故死に偽装して葬った。しかしそれ以来、彼は謎のロボット、フライデーによって付け狙われる。フライデーはじつはイバールの脳波によって動かされていた--。

    80 ヒューマノイドピル 1964/07/25 脚本:柴山達雄 演出:紺野修司

    アトムは東京郊外の森の中で不思議な生物と出会う。それは科学によって造られたヒューマノイドだった。ヒューマイドのピルは、自分は生物なのか機械なのかわからずに悩んでいた。

    81 夢みる機械 1964/08/01 脚本:片岡忠三・辻真先 演出:片岡忠三

    ロボットはどんな夢を見るのか? アトムはポロン博士が完成させたドリームマシンの実験に参加し、夢を見る最初のロボットとなる。アトムが見た夢、それは人間になる夢だった--。

    82 ロボット競技大会 1964/08/15 脚本:坂本雄作 演出:坂本雄作

    ロボットたちのオリンピックに出場したアトムは、悪質な妨害工作でほかの選手たちを破壊しながら、優勝を目指す一味の存在に気づく。

    83 怪鳥ガルダ 1964/08/22 脚本:豊田有恒 演出:高木厚

    インドの破壊神カーリーを信仰するラジャ博士が造ったロボット怪鳥が日本中空に飛来した。怪鳥ガルダはカーリーへの生け贄としてアトムを要求する・・・。

    84 イルカ文明 1964/08/29 脚本:豊田有恒 演出:勝井千賀雄

    世界中の海底を我が物として、独善的な海底文明を築こうとするホールは、先住文明ドーフィン族を迫害しはじめた。アトムは海底の平和を守るために立ち上がる。

    85 狂ったベルトウェイ 1964/09/05 脚本:辻真先 演出:青木茂

    新都市が誇る最新の交通手段ベルトウェイが完成しようとしていた。しかしその工事の妨害を企むものによって、現場は火の海となってしまう。アトムはベルトウェイを守ろうと飛び立つ。

    86 時間銃 1964/09/12 脚本:豊田有恒 演出:林重行

    科学省の次期長官の椅子を狙うテンポ博士は、被弾した物を過去の世界へ送り込んでしまう時間銃で、邪魔なアトムとお茶の水博士を中世の世界へと送ってしまう。

    87 新かぐや姫 1964/09/19 脚本:能加平 演出:沢わたる

    アトムは星の精と交信し、星の精が求める美しい水を探す探検に出る。その星の精は満月の夜、美しい水の力で繭となって羽化の準備を整えようとするケイオス星の姫君だった。

    88 細菌部隊 1964/09/26 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三

    不時着したロケット・パイロットは奇病に冒されていた。その体内から声が聞こえることに気づいたアトムとヒゲオヤジはミクロに縮小され、パイロットの体内に入り込む。そこで見たのは細菌サイズの宇宙人たちだった。

    89 ゴメスの亡霊 1964/10/03 演出:杉井儀三郎

    スカンボ帝国でロボットの修理を頼まれたお茶の水博士は、それを引き受けた。しかし修理したロボットは帝国の大統領だった。その秘密を知ってしまった博士は命を狙われはじめる。

    90 ロボット砦 1964/10/10 脚本:手塚治虫 演出:手塚治虫

    ロボットの子が人間の子供とケンカをして泣かせてしまった。それを知った人間たちが怒り、人間とロボットとの戦争が始まってしまう--。

    91 ガロン逆襲 1964/10/24 脚本:柴山達雄 演出:勝井千賀雄

    アトムが宇宙へと送り返したガロンが舞い戻ってきた。このガロンに対して苦戦を強いられるアトムを助けるため、地球ロボット軍が団結してガロンに立ち向かう。

    92 ロボット三銃士 1964/10/31 脚本:能加平・上梨満雄 演出:青木茂

    火星で発生した宇宙病の患者を救うため、地球から血清が送られる。しかし、送った血清を積んだ輸送船がことごとく途中で破壊されてしまう。アトムはロボット三銃士たちと共に、最後の血清を守るため宇宙へ飛び立った。

    93 コバルト 1964/11/07 脚本:辻真先 演出:林重行

    科学省の倉庫の大掃除で、ガラクタと一緒に捨てられてしまったロボット。それは天馬博士がアトムを作るさいの試作品として作ったロボットで、名前をコバルトといった。目を覚ましたコバルトは科学省へ帰ろうとするのだが・・・。

    94 アルプスの天使 1964/11/14 脚本:高橋健一 演出:沢わたる

    ベーリング海峡に築きつつあるダムの工事が難問に直面した。これを解決するためには文明嫌いでアルプスの山奥に隠遁しているゼーマン博士の研究資料が必要だ。アトムは博士の協力を頼みに赴くのだが、博士は研究資料を狙う別のロボットの攻撃を受けていた。

    95 魔のパンチカード 1964/11/21 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三・林重行

    すべてをコンピュータで管理するミサイル基地。そのコンピュータが狂い、基地は核攻撃態勢に入ってしまう。それはすべて基地の設計競争に敗れたヤコレフ博士の個人的復讐だった。アトムはコンピュータの分解を開始するのだが・・・。

    96 ロボットヒューチャー 1964/11/28 脚本:新田修介 演出:新田修介

    火星の金塊を狙うアクタ博士に操られるロボットのヒューチャーはアトムの説得で改心する。そしてアトムはヒューチャーとともに金塊と共に逃げたアクタ博士を追跡する。

    97 宇宙の対決 1964/12/05 脚本:豊田有恒 演出:青木茂

    ハイパー星は銀河系でいちばん文明が進んでいる星。ハイパー星は地球とウォー星から人間とロボットの代表を勝手に選び、負けたほうの星を滅ぼすと決めた。地球代表に選ばれたのはアトムと金庫破りのポンコツの哲だ。

    98 ゼオの遺産 1964/12/12 脚本:富野喜幸 演出:高木厚

    トンネル工事現場から巨大ロボットが発掘された。それは100万年前の超古代文明の詳細を後世に伝えるために作られたタイム・カプセルだった--。

    99 小さなコロンブス 1964/12/19 脚本:能加平 演出:林重行

    地底国家チョンボ国の探検家コロンブーブーは新天地を求めて地上へと向かった。コロンブーブーはコバルトと出会い、捕虜として地底へ連れていってしまう--。

    100 ロボットハウス 1964/12/26 脚本:豊田有恒 演出:勝井千賀雄

    クリスマスの夜、お茶の水博士は10年前に亡くなった友人科学者の遺言状を開けてみた。それにはブルル山に発明品を残したと記されている。たまたまその山へ遊びにきていたアトムたちはひとりきりで山に暮らしている少年、明夫と出会い、友達になるのだが・・・。

    101 地図にない世界 1965/01/02 脚本:辻真先 演出:紺野修司

    来日していたカメリア国王子のドリアン殿下が行方不明になった。最新式の四次元探知装置で殿下の行方を負うアトムは、別世界に迷い込んでしまった殿下を発見する。その世界にはさまざまな時代で神隠しにあった人々が暮らしていた。

    102 魔境の女王 1965/01/09 脚本:手塚治虫 演出:手塚治虫

    ウランが映画に出演することになった。ターザン役だ。ジャングルでのロケに向かったウランは、謎の女にさらわれてしまう! その女は男の子の格好をしていたウランを誰も年を取らない魔境の王子にしようとしていた。

    103 宇宙への階段 1965/01/16 脚本:辻真先

    人間たちがある日突然現われた階段に引き寄せられ、雲の中に隠れた宇宙船に向かって歩き始めた。そして人間が誰もいなくなった地球で、ロボットたちはいまこそこの星をロボットの星にしようと話し合う。

    104 悪魔の風船 1965/01/23 脚本:辻真先

    街の上空にアトムの形をした風船が現われた。アトムが大好きな子供たちは、風船を追いかけたまま行方不明になってしまう。そんな事件が頻発する中、アトムは子供たちの敵として恐れられるようになってしまう。

    105 アトム将軍 1965/01/30 脚本:豊田有常

    アトムが撃たれた。それは電子頭脳を狂わせるメーザー銃で、アトムはいっさいの記憶を失って宇宙へ飛ばされてしまう——。

    106 宇宙から来た少年 1965/02/06 脚本:杉井儀三郎

    森の中で不時着した円盤と、宇宙人の子どもをみつけたハム・エッグ。彼はその子ども宇宙人の怪力に目をつけ、レスリング選手として売り出そうと計画する

    107 地球解放 1965/02/13 脚本:辻真先 演出:永島慎二

    ダム建設の爆発事故に巻き込まれたアトムは、その衝撃でパラレル・ワールドに迷い込んでしまった。その世界では天馬博士の息子、飛雄は事故死していなかった。つまりそこはアトムが生まれなかった世界だ。

    108 サターンマン 1965/02/20 演出:片岡忠三

    月面で超能力を身につけてしまった三人の科学者たちが、お茶の水博士に恨みを持つアーデン教授にそそのかされ、攻撃をしかけてくる。お茶の水博士を守るアトムと超能力者たちとの死闘が始まった。

    109 不死鳥 1965/02/27 脚本:辻真先 演出:紺野修司

    ウランと共に遊びに行った小島で、アトムは洞窟の中にあった大きな卵を見つける。何の卵だろうとお茶の水博士に調べてもらうのだが、答えが出ない。ふたたび小島へ戻ったアトムは、そこで暮らす不思議な鳥と出会った。

    110 水星探検 1965/03/06 脚本:豊田有恒 演出:北野英明

    地球に落下してきた超熱爆弾を調べていたアトムは、発射地点を目指して水星へと飛び立った。途中、事故で視力を失ってしまったアトムは、水星人たちの勢力争いに巻きこまれてしまう。

    111 ロボットポリマー 1965/03/13 脚本:豊田有恒 演出:富野喜幸

    自分こそ世界一のロボットだと自惚れた巨大ロボット、ポリマーがアトムの家を襲撃してきた。彼はアトムを倒し、世界一であることを世に示そうとするのだが・・・。

    112 サムソンの髪の毛 1965/03/27 脚本:豊田有恒 演出:出崎統

    お茶の水博士は太陽エネルギーで動くサムソンというロボットの開発に成功する。しかしサムソンは月の光を浴びると、誤作動を起こし狂暴化してしまう--。

    113 笑わぬバック国 1965/04/03 脚本:能加平 演出:青木茂

    世界平和連盟を突然脱退し、国民に発明と笑うことを禁じると発表したバック国。この独裁的な鎖国政策の裏に何があるのかを調べるため、アトムはお茶の水博士とともにバック国を訪れる。

    114 メトロモンスター 1965/04/10 脚本:山野浩一 演出:富野喜幸

    地下鉄構内に巨大ナメクジが出現。その怪物ナメクジは電車を食べはじめた。退治に赴いたアトムだが、ナメクジは神出鬼没で思った以上に手ごわい相手だった。

    115 逃げだした大金庫 1965/04/17 脚本:能加平 演出:高木厚

    毎日働きづめでストレスのたまった造幣局の機械たちに、一日だけ手足をつけてやり休暇を与えることになった。けれど一度動き回れることの自由と喜びを知ってしまった機械たちは、元の職場には戻りたくないと逃げ出してしまう。

    116 史上最大のロボット(前篇) 1965/04/24 脚本:手塚治虫 演出:柴山達雄

    あらゆる物体を破壊する電磁角を持つ最強のロボット、プルートゥは世界の主立った強者ロボットを次々に破壊してゆく。この強大な敵に戦いを挑むアトムの死闘が描かれる。

    117 史上最大のロボット(後篇) 1965/05/01 脚本:石津嵐 演出:上梨満雄

    あらゆる物体を破壊する電磁角を持つ最強のロボット、プルートゥは世界の主立った強者ロボットを次々に破壊してゆく。この強大な敵に戦いを挑むアトムの死闘が描かれる。

    118 ロボットグラビー 1965/05/08 脚本:豊田有恒 演出:青木茂

    ニクラシア国から逃げ出してきたロボットのグラビーは、戦闘用半重力ロボット。兵器として生きるにはやさしすぎるグラビーをアトムは助けようとするのだが--。

    119 空とぶレンズ 1965/05/15 脚本:能加平 演出:杉井儀三郎

    地球に接近した凸レンズ型の惑星M。太陽光を地球に向けて反射するその惑星のせいで地球は灼熱地獄となった。この地球的危機に対し、しかし人間たちは私利私欲で動き、足並みが揃わない--。

    120 タイムハンター 1965/05/22 演出:富野喜幸

    (第11話『タイムマシン』のリメイク)

    121 ガニメート号 1965/05/29 脚本:豊田有恒 演出:富野喜幸

    どの星の引力圏からも離れ、永久に宇宙空間を漂いつづけるだけの宇宙墓場に迷い込んでしまったアトムとお茶の水博士。ふたりは、地球嫌いの地球人ベムスキーに助けられるのだが・・・。

    122 怪獣マントラー 1965/06/05 脚本:手塚治虫 演出:手塚治虫

    大地震が都市を壊滅させた。倒壊したビルの下敷きになったアトムは、町に現われた大怪獣と戦うのだが、アトムは地震の時に故障し、七つの力を失っていた--。

    123 ドッグ隊長 1965/06/19 脚本:鳥海尽三 演出:出崎統

    宇宙から戻ったヒゲオヤジの愛犬ペロはダイヤモンドを持っていた。ペロの記憶をロボット犬、ドッグ隊長のコンピュータに移し変えたフーラ博士は、ダイヤのありかをドッグ隊長に探させる。火星へと向かったそのロボット犬をアトムは追いかけた。

    124 おきみやげ 1965/07/03 脚本:鳥海尽三 演出:富野喜幸

    親善大使として地球にやってきた宇宙人はお茶の水博士にお土産を置いていった。それは高性能ロボットの設計図で、組み立ててみると人間のために最高のサービスを提供するロボットが出来あがる。これで人間は楽になれるとお茶の水博士は喜んだのだが・・・。

    125 細菌をさがせ 1965/07/10 脚本:石津嵐 演出:富野喜幸

    単純なミスで恐ろしい伝染病の病原菌が入ったシャーレが紛失してしまう。バイオ・ハザードの危機から人類を守るため、アトムは細菌を追ってヒマラヤの奥地まで飛んで行く。

    126 ロボイド 1965/07/17 脚本:島海尽三 演出:高木厚

    ロボットに似ているけれど、限りなく生物に近いロボイド軍団が、宇宙から地球に乗り込んでくる。お茶の水博士は地球の全ロボットにロボイド軍を迎え撃たせるのだが、強力なロボイド軍の前にロボットたちは次々に倒されて行く。

    127 実験ロボット 1965/07/24 脚本:石津嵐 演出:西牧秀雄

    お茶の水博士のもとに、「助けてください」と逃げ込んできたロボット。彼の話によるとユマニ国では科学大臣のムーシーの実験でたくさんのロボットたちが破壊されているらしい。お茶の水博士はさっそくアトムと共にユマニ国へ乗り込むのだが・・・。

    128 インカ帝国の宝 1965/07/31 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    アマゾン上空を飛行中の旅客機が墜落した。乗り合わせていたアトムはインカ帝国の秘宝のありかを記した地図を持つ少女ミリーを助ける。しかしその秘宝を求める男たちがミリーを狙っていた--。

    129 アトム対アトム 1965/08/14 脚本:広川和行 演出:広川和行

    20万馬力の偽アトムが現われた。それはアトムのせいでいつもひどい目に遭っている世界のギャングたちが、アトムを倒すために協力して作り上げたロボットだった。

    130 火星の嵐 1965/08/21 脚本:石津嵐 演出:岡崎稔

    火星基地建設現場で改事件が頻発する。ロボットも次々に破壊されているらしい。調査に赴いたアトムたちの前に巨大なアリの軍団が襲いかかってきた。

    131 ムーンチャンピオン 1965/06/28 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    射撃、フェンシング、障害物競走、レスリング。その四種目でムーンチャンピオン決勝リーグに臨んだアトムは順調に勝ち進むのだが、ハム・エッグに操られた戦争用ロボット、ゴーラムがアトムを妨害しはじめる。

    132 ルイ王子 1965/09/04 脚本:石津嵐 演出:出崎統

    スパイ用に開発された新型ロボット、シャドウ2世がルイ王子の母親に奪われた。彼女は自分の息子を最新型のロボットの体に取り替えようとしていたのだ。しかしシャドウ2世号には時限爆弾が搭載されていることを彼女は知らない・・・。

    133 10年目の復讐 1965/09/11 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    何の変哲もないロボットのリボリューが突然凶悪化して、刑務所に服役中のマルス博士たちを逃がした。リボリューには10年のちにマルスを助けるよう、あらかじめプログラムされていたのだった。

    134 脱出作戦 1965/09/18 脚本:坂本雄作 演出:大西清

    高速ロケットエンジンの開発に成功したエリート博士は、娘と共にダーク国に拉致されてしまう。伝書鳩で救助を求められたアトムはダーク国から博士を奪い返そうとするのだが、博士は空を飛ぶことに恐怖心を持っていた。空から逃げることが出来ないアトムたちは別の脱出法を考えなければならない--。

    135 ロボット犬バッキー 1965/09/25 脚本:西牧秀雄 演出:西牧秀雄

    お茶の水博士と共にロボット犬コンクールを見に行ったアトムは、優秀で美しいロボット犬たちの影に、誰にも見向きもされない可愛そうな野良犬ロボットたちがいることを知り、胸を痛める。

    136 ジャガー警部 1965/10/02 脚本:平未修司 演出:西牧秀雄

    ロボットでありながら、唯一、人間の逮捕を許可されているジャガー警部。しかしそんなロボットの存在を人間への侮辱だと考える一味がジャガー警部を罠に陥れる--。

    137 小さいクーリー 1965/10/09 脚本:石津嵐 演出:高木厚

    宇宙基地から逃げ出したロボット姉弟が地球に向かった。ふたりは太陽の近くでも仕事が出来るように特別の工夫を施されていた。ふたりの体が触れ合うと周りの気温を急低下させるのだ。ふたりが地球に来たら、地球は凍り付いてしまう・・・。

    138 長い1日 1965/10/16 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    地球を突然の異常気象が襲った。調べてみるとそれは地球の軌道がズレたせいだとわかる。そしてアトムはこの騒動の背後に地球を破滅させようと企む邪悪な宇宙人の存在を知る。

    139 盗まれたアトム 1965/10/23 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    ロボットがいつまでも成長しないのはおかしい。科学省に迎えられたその博士はそう思い、アトムの電子頭脳を大人の体に移し変える。しかしその間に何者かが子どものアトムの体を盗み出した。

    140 王様とアトム 1965/10/30 脚本:石津嵐 演出:岡崎稔

    南の島のプカプカ島。その王国には南洋の島にいるはずのない白熊がいた。その理由を突き止めるため、アトムたちはプカプカ島に向かう。しかし姿なき敵が妨害して、アトムは島に近づけない。

    141 機関車行進曲 1965/11/06 脚本:能加平 演出:西牧秀雄

    原子力機関車マーチ号は子どもたちから愛されていた。その人気をねたんだゴールドは、別の機関車、馬力号でマーチ号に戦いを挑む。競争に負けたほうが解体される、というルールで試合が始まるが、ゴールドはあの手この手でマーチを妨害する。

    142 ミーニャの星 1965/11/13 脚本:石津嵐 演出:大西清・遠藤政治

    氷の惑星に不時着したまま地球へ帰ることの出来なかった女性兵士の日記を、同じ星に不時着した遊覧ロケットに乗っていたアトムが見つけた。日記に記された二つの大きなダイヤを巡り、人間たちの醜い争いがはじまる。

    143 バードストリート物語 1965/11/20 脚本:石津嵐 演出:出崎統

    20世紀の街路をそのまま残したバードストリートではロボット少年たちと人間の少年たちが対立し、小競り合いを繰り返していた。アトムはロボット少年たちに加勢を頼まれるのだが・・・。

    144 失われた友情 1965/11/27 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三

    悪人に追われていたロボットのミューラーを助けたアトムは、ミューラーとの間に友情を芽生えさせる。アトムやウランと楽しげに遊ぶミューラーだが、実は彼は原子力発電所を破壊するために作られたテロ用ロボットだった。

    145 アトム深海を行く 1965/12/04 脚本:石津嵐 演出:岡崎稔

    お茶の水博士はアトムに新しい任務を依頼してきた。深海に沈んだ水爆搭載機を探し出して、水爆の爆発を阻止してくれ、と。しかしいつも事件のたびに呼び出され、危険な任務ばかり押し付けられているとアトムのママが怒りはじめた。

    146 未来からの報告 1965/12/11 脚本:能加平 演出:大西清

    タイムマシンで明日に行ってきたというムダー博士は「明日、ロボットが反乱する」と報告した。それを聞いた人間たちはロボットをいまのうちに破壊してしまえと暴動を起こし、恐れをなしたロボットたちは砦へと逃げ込む。

    147 空中スクリーン 1965/12/18 脚本:西牧秀雄 演出:西牧秀雄

    空中に映像を映し出す、という新発明。それを奪った映画館の館主は上映用のエネルギーを得るため、機械やロボットのエネルギーを奪い始めた。

    148 ロビオとロビエット 1965/12/25 脚本:杉井儀三郎 演出:杉井儀三郎

    何代にもわたって対立してきたイジオ家とヤニ家。両家の博士に作られたそれぞれのロボットたちも互いにいがみ合っていた。しかし対立するこの両家の間で淡いひとつの恋が芽生え・・・。

    149 カンヅメ狂騒曲 1966/01/01 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    新年を祝うアトムの家に空からパラシュートをつけたカンヅメが落ちてきた。何が入っているのだろう、と開けてみようとするのだが、これがどんなことをしても開かない。一方、別の場所では空から缶切りが落ちてきていた・・・。

    150 マグネットちゃん 1966/01/08 脚本:石津嵐 演出:高木厚

    笑うと体から強力な磁力を発するマグネットちゃん。彼女を開発したテラ博士がギャングに誘拐された。ギャングたちはマグネットちゃんの力を悪用した銀行強盗を計画していた。

    151 ひとりぼっちのアトム 1966/01/15 脚本:小森四郎 演出:虫プロ演出部

    ロボットのパルスはお茶の水博士に催眠術をかけ、人間の脳を支配するラッキーマシーンを開発される。その催眠電波に操られた人々は、アトムを無視しはじめ、アトムはひとりぼっちになってしまう。

    152 ロボット爆弾 1966/01/22 演出:岡崎稔

    人間のために役に立ちたいと願ったロボット爆弾ワイドは、アトムのことを悪いロボットだと勘違いして、アトムを攻撃してしまう--。

    153 赤い木馬 1966/01/29 脚本:西牧秀雄 演出:西牧秀雄

    遊園地で回転木馬に乗っていたウランちゃんが行方不明になった。その回転木馬は10年前に娘と愛馬を亡くした馬月博士が開発した物質電送機だった。

    154 青い鳥物語 1966/02/05 脚本:井上 演出:大西清・遠藤政治

    小鳥の悲鳴を聞くと、建物を壊してでも小鳥を救出するように作られたロボット、青い鳥。青い鳥は原子力発電所に迷い込んだ小鳥を救出しようとするのだが・・・。

    155 狂った国境線 1966/02/12 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三

    常に監視され、命令にそむけば収容所送りになる、というロボットたちにとっての恐怖国家リベア国。そこで虐げられているロボットたちを助けるべく、アトムは収容所に潜入する。

    156 ロボット市長 1966/02/19 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    ロボットが市長を務めている町を訪れたアトムたち。人々から熱烈に支持されるロボット市長の電子頭脳はしかし故障していた。そのことに気づいたアトムはこれ以上市長職を続けるべきじゃないと思うのだが--。

    157 ジプシーの星 1966/03/26 脚本:豊田有恒 演出:遠藤政治

    宇宙を放浪するロボット惑星キピア。その接近を知って地球から調査に飛び立ったアトムは、キピア人たちは地球人との友好を望んでいることを知る。しかしそこへキピアを追って文明破壊ロボット惑星ガロアが現われた。

    158 おかしな道づれ 1966/03/05 脚本:能加平 演出:西牧秀雄

    一度悪人の腕にはめられると、改心するまで絶対に外れない手錠。ひょんなことからその手錠で泥棒とつながれてしまったアトムは、泥棒が改心しようとしないため、彼と共に牢屋へ入らなければならなくなる。

    159 悪魔と天使 1966/03/19 脚本:石津嵐 演出:岡崎稔

    天才的な植物学者リーフ博士によって作られた植物人間のフレールとザボア。天使のように美しいフレールと悪魔のごとき怪物のザボア。ザボアが街で暴れ出したため、アトムとフレールはザボアを制止しに向かう。

    160 黄金のフルート 1966/03/26 脚本:小森四郎 演出:富野喜幸

    そのフルートは演奏する人の感情がそのまま音に変換される、という楽器だった。フルートを持つルュルュは大好きなおじいちゃんを探して日本にやってくるのだが・・・。

    161 夢を売る宇宙人 1966/04/02 脚本:石津嵐 演出:永樹凡人

    すべてのロボットが宇宙からの怪電波によって電子頭脳を狂わされてしまう。困り果てたお茶の水博士はいったんすべてのロボットのエネルギーを止める、というつらい決断をするのだが・・・。

    162 キャンデー作戦 1966/04/09 脚本:石津嵐 演出:遠藤政治

    アトムの友人カールが移住したブラジルで恐ろしい化け物に食べられてしまう。カールの父親から送られたアトムへと遺品の中に、その怪物の卵が紛れ込んでいた。

    163 別世界への道 1966/04/16 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    交通事故で炎上した車が別次元へと吸い込まれるようにして焼失し、あとには古代文明ミュー大陸で使われていた銀貨が残されていた。アトムはミュー大陸の謎に挑むことになる。

    164 宇宙ぐも 1966/04/23 脚本:坂本雄作 演出:坂本雄作

    正体不明の円盤を調査したアトムとお茶の水博士は、その無人の円盤を危険だと判断してミサイル攻撃を加える。だが、地上に降り立っていた同じ円盤から巨大なクモが現われ、人間に襲いかかってくる。

    165 赤ん坊騒動 1966/04/30 脚本:石津嵐 演出:岡崎稔

    ファミリー国の王と王妃は自分たちに赤ん坊ができないことを悲しみ、ロボットの赤ん坊コンテストで優勝したものを養子にしようと考えた。お茶の水博士も自作のロボットでコンテストに参加するのだが・・・。

    166 ジュエルの魔像 1966/05/07 脚本:高木厚 演出:上梨満雄・山本義也

    戦争用の兵器開発を止めようとしない各国の科学省を破壊すべく、ジュゲム博士は宝石を食べると物凄いパワーを発揮する魔像で各国の科学省を破壊しはじめる。

    167 風船がいっぱい 1966/05/14 脚本:能加平 演出:西牧秀雄

    おもちゃ工場で働くポイおじさんは、子ども達のために水素ガスの入った風船を作ってあげていた。しかし機械の故障で無数の風船が空に浮かんでしまう。このまま放置すれば、風船たちは大爆発しかねない--。

    168 おどりあがった島 1966/01/19 脚本:石津嵐 演出:片岡忠三

    突然出現したニュースタ島は、いまでは観光地としてたくさんの観光客を集めていた。アトムたちがその島を訪れた時、大地震が発生する。その島がじつは円盤であることにアトムは気づいた。

    169 未来人の忘れ物 1966/05/28 脚本:西牧秀雄 演出:西牧秀雄

    タイムマシンに乗った未来人の忘れ物。それは太古の地球に生息した恐竜だった。アトムとウランは恐竜を可愛がり、ペットとして飼いはじめるのだが--。

    170 二人の王女 1966/05/04 脚本:石津嵐 演出:上梨満雄

    その国ではふたりの王女が互いに覇権を争っていた。北の館に住む王女から協力を求められたアトムは、北と南の王女たちの争いに巻き込まれてしまう。

    171 永遠のクッチャー 1966/06/11 脚本:能加平 演出:富野喜幸

    電子頭脳の発明者クッチャー博士が亡くなった。残された莫大な遺産を探して人々の大騒動が始まる。そんな中、アトムのもとに死んだはずのクッチャー博士から連絡が入る--。

    172 ヘラルド兄弟 1966/06/25 演出:片岡忠三

    世界中のロボットを征服しようとするヘラルド兄弟。ふたりはロボットに変装したヘラルド博士に操られていた。そしてアトムまでもが博士に捕らえられてしまう。

    173 ロボッティ 1966/07/02 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    豆粒よりも小さなロボットのロボッティは、ひとりぼっちは淋しいとお茶の水博士に仲間を作ってくれと頼んでくる。お茶の水博士は同じ大きさのロボットを作ってあげるのだが--。

    174 海底大運河 1966/07/09 演出:西牧秀雄

    日本海で消息を絶った船が太平洋に出現する、という怪事件が頻発し、お茶の水博士は日本の真下に海底運河があるのかもしれないと考える。それを探すため調査に赴いたアトムは、海底で地底人たちと遭遇した。

    175 ロボット大戦争(前篇) 1966/07/23 脚本:坂本雄作 演出:出崎統

    世界を相手に降伏しなければ南極の氷を溶かして、世界を水没させると脅迫する超電子頭脳ロゴス。この脅迫に対し、アトムたちはロゴス破壊のために出撃する。

    176 ロボット大戦争(後篇) 1966/07/30 演出:山本暎一・虫プロ演出部

    世界を相手に降伏しなければ南極の氷を溶かして、世界を水没させると脅迫する超電子頭脳ロゴス。この脅迫に対し、アトムたちはロゴス破壊のために出撃する。

    177 ばかでかいロボット 1966/08/06 脚本:片岡忠三 演出:片岡忠三

    世界でいちばん大きなロボットを作ろうと考えたヘレニア国では、国家予算のすべてをその巨大ロボット、ゴーレムに注ぎ込んでいた。しかしゴーレムは電子頭脳が不完全だったため、狂暴化してしまう。

    178 チータン夜の冒険 1966/08/20 脚本:加藤靖三 演出:上梨満雄

    赤ん坊ロボットのチータンを言葉の話せるロボットにしてもらおうと、ウランはこっそりチータンをロボット病院に連れて行く。しかしチータンはロボットマシンによって勝手に改造されて巨大化し、街で暴れまわり始める。

    179 青騎士(前篇) 1966/08/27 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    連続殺人ロボット、青騎士を憎み、罪のないロボットまで破壊するブルグ伯爵。ロボットと人間の憎悪の狭間に立つアトムは--。

    180 青騎士(後篇) 1966/09/03 脚本:加藤靖三 演出:富野喜幸

    連続殺人ロボット、青騎士を憎み、罪のないロボットまで破壊するブルグ伯爵。ロボットと人間の憎悪の狭間に立つアトムは--。

    181 幽霊製造機 1966/09/10 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    独裁者ヒラー総統に拉致されたお茶の水博士は、世界征服のための自分のクローンを大量に作れと脅迫される。アトムは博士救出のためボルボア国へ向かった。

    182 狂ったコバルト 1966/09/24 脚本:加藤靖三 演出:斎出光布

    バトラ星の独裁者を倒すために協力を求められたアトムはバトラ星に向かう。しかし独裁者のガンマーはコバルトを誘い出し、自分の意のままに操ることの出来るロボットにしてしまう。アトムは自分の兄と戦うことになった。

    183 宇宙から来た日本人 1966/10/01 脚本:能加平 演出:富野喜幸

    5800万人の日本人そっくりの宇宙人が移住してきたため、日本は深刻な食料危機に見舞われる。宇宙人の科学者ドヒャーは、細胞縮小液で日本人を小さくして日本占領を企む。(第7話『アトム大使』のリメイク)

    184 タイム戦争 1966/10/08 脚本:佐脇徹 演出:上梨満雄

    未来から来た白い血を流す人間と、それを追うロボットのジジル。白い血の人間を救うためには輸血が必要だった。タイムマシンで未来に飛んだアトムとお茶の水博士は、そこが核戦争後の世界だと知る。そこでは人間はすでに死滅し、人工人間とロボットとの戦争が続いていた。

    185 アフリカの星 1966/10/22 脚本:斎出光布・加藤靖三 演出:斎出光布

    飛行機の故障でアフリカをさまよう羽目になったアトムとウランは、洞窟の中で不思議な声を発する十字架をみつける。その十字架は電子頭脳に接続されるとロボットの神となれる力を秘めていた--。

    186 おばけは夜来る 1966/10/29 演出:杉山卓

    ロケットの故障で、アトムは乗客たちと共に未知の小惑星に不時着する。その星は夜になると植物が生え、その植物を食べに来る巨大な怪物の住む星だった。

    187 べーリーの伝説 1966/11/05 演出:秋玲二

    ロボット博物館を訪れたアトムとウラン。アトムはそこで『ベーリー』とだけ記された展示品の何も入っていないケースを見つける。ベーリーという名前に聞き覚えのあったアトムが調べると、ベーリーはアトムにとって大事な恩人だとわかる。

    188 鞍馬の天狗 1966/11/19 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    物質の素材を見分ける能力を持ったロボットのトムソンは、京都にあるほとんどの仏像が偽者だと見抜く。ならば本物はどこだと探すアトムたちは天狗の集団に包囲されてしまった。

    189 撮影所騒動 1966/11/26 演出:坂本雄作

    映画の撮影を見学に行ったアトムとウランは、自分たちにそっくりなスタントロボットと出会い、こっそり入れ替わって撮影に参加する。けれど撮影所ではスタントロボットたちを物扱いして酷使していた。

    190 メソタミアの奇蹟 1966/12/03 脚本:斎出光布 演出:斎出光布

    幻の都メソタミアを探す冒険に出たアトムたちは、砂嵐の中、天空に開いた穴がメソタミアへと通じる道だと知った。メソタミアはどうやら2000年前に地球にやってきた宇宙人たちの築いた文明らしい。

    191 さすらいのロッピ 1966/12/17 脚本:柴山達雄 演出:上梨満雄

    森の奥で宇宙人たちに襲われている少年と老人。ふたりを救ったアトムは少年ロッピと老人もまた宇宙人だと知る。ロッピは「自分は王子で、自分の星から逃げてきた」とアトムに告げる。

    192 メドッサの館 1966/12/24 脚本:富野喜幸 演出:富野喜幸

    不老不死の研究をしていた博士が建てた、メドッサの館。そこを訪れたアトムたちは不老不死の秘密を収めたメドッサの箱をみつけ出し、中を開けてみる。と、そこにはジークフリートと名乗る青年が横たわっていた。

    193 地球最大の冒険 1966/12/31 脚本:手塚治虫 演出:手塚治虫

    太陽黒点の影響で、地球の温度が上がり、人間たちはみんな宇宙へと避難していった。地球に残されたのはロボットだけ。の、はずだった。しかし地球にはこの機会に地球征服を狙う悪人がひとりだけ残っていた--。

UP

マンガ