アニメ・映像wiki


虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > アニメ・映像wiki > ブラック・ジャック21

ブラック・ジャック21


ストーリー紹介

  • 「ブラック・ジャック」と同じスタッフによる、新シリーズ。新キャラクターが追加され、一話完結だった旧シリーズから、連続性のあるストーリーへとリニューアルされた。ブラック・ジャックは、自分の命を狙う謎の組織の陰謀を解き明かすため、手がかりを求めてピノコとともに世界中を駆け巡る。

プレビュー

キャラクター

UP

スタッフ

  • オープニングテーマ
    「Destiny -太陽の花-」(1〜17話)
    作詞    六ツ見純代
    作曲・編曲 柳沢英樹
    オーケストラアレンジ 曽我大介
    歌     島谷ひとみ
    エンディングテーマ
    「careless breath」
    作詞    Kenn Kato
    作曲    Kazuhito Kikuchi
    編曲    Ken Harada
    歌     EXILE(1〜8話)
    「Silence whispers」
    作詞    Sachico Shimada
    作曲・編曲 Jiro Miyanaga
    歌     TRF(9〜17話)

    声の出演
    ブラック・ジャック…大塚明夫
    ピノコ…………………水谷優子
    間影三…………………小川真司
    間みお…………………兵藤まこ
    蓮花……………………高島雅羅
    紅蜥蜴…………………冬馬由美
    蒼龍……………………梁田清之
    玄武……………………黒田崇矢
    白拍子泰彦……………森田順平
    西川史子………………長沢美樹
    シュタイン博士………野島昭生
    ドクター・ジョルジュ…筈見純
    ドクター・キリコ………速水奨
    ユリ………………………久川綾
    本間丈太郎…………………阪脩

wiki

  • 解説

    (C)手塚プロダクション・読売テレビ

    よみうりテレビ・手塚プロダクション/2006年4月10日〜2006年9月4日 月曜19:00〜19:30 日本テレビ系列放送/25分/17本/カラー 解説の書き込みはこちらから
UP
UP

サブタイトル

  • 1 医師免許が返る日         脚本:手塚眞 演出:吉村文宏

    友引警部は無免許医のブラック・ジャックを逮捕すると言って病院に連行する。そして、友引は1人の患者を手術するようブラック・ジャックに指示。患者を治せたら医師免許を申請するという。その患者とは顔が腫れ上がった獅子面病の青年。ブラック・ジャックは他の医師が聞いた事がない脳手術を行い、3か月が経過する。2人は病院できれいな顔に治った患者と対面。この後、ブラック・ジャックは医師会へ。だが、友引の話とは違い、医師会の会長は国家試験を受けるようブラック・ジャックに忠告する……。

    2 BJ父親との再会         脚本:隅沢克之 演出:桑原智

    ブラック・ジャックを黒男と呼ぶ男がブラック・ジャック邸の留守電に仕事の依頼を残す。その男はある患者を診て欲しいという。この後、ブラック・ジャックは男が待つ高級ホテルの一室へ。そんなブラック・ジャックの行動は紅蜥蜴という美女に監視されていた……。高級ホテルの一室で待っていた電話の主は、ブラック・ジャックの父親の影三だった。影三が診察を依頼したのはブラック・ジャックと母親と別れた後に再婚した妻の蓮花。影三は顔にひどい火傷を負った蓮花を世界一の美女にして欲しいとブラック・ジャックに依頼するが……。

    3 悲しみのピノコ          脚本:隅沢克之 演出:西田正義

    ブラック・ジャック邸で大爆発が起こり、泣き叫ぶピノコ。数日後、友引警部は遺品が見つかったとマスターに明かし、ブラック・ジャックが死んだ事を告げる。だが、ピノコはブラック・ジャックが生きていると信じ、1人で捜索を続ける。友引はブラック・ジャックの頼みを進めるべきだとマスターを促す。それはブラック・ジャックを忘れさせるため、ピノコを養女に出す事。そして、ピノコは病院の院長、佐伯の養女として新しい生活をスタートさせる。そんな折、ピノコはブラック・ジャックに似た人を見かけるが……。組織から命を狙われるブラック・ジャックの衝撃の新展開がスタート!!

    4 北欧の黒い天使          脚本:隅沢克之  演出:竹内啓雄

    ブラック・ジャックは本間先生の知り合いのクロイツェル博士から話を聞くため、ピノコと共に北欧の小国へ。クロイツェルは休暇に出ているという話だったが、デブン副理事から連絡を受け、ブラック・ジャックが病院の地下にある特別病室に行くと、そこにはクロイツェルの姿。彼は交通事故に遭って植物状態になったという。彼が再起不能とわかれば後継者争いになるため、デブンはクロイツェルに変装して翌日行われる公開手術で執刀して欲しいとブラック・ジャックに依頼するが……。

    5 ロボットの腕           脚本:桑原智 演出: 牧野吉高

    ブラック・ジャックとピノコはドイツのシュタイン総合病院へ。ブラック・ジャックはシュタインに話を聞こうとするが追い返されてしまう。この後、ブラック・ジャックは桑田このみと再会。このみは勉強のためにこの病院に来ているという。一方、ブラック・ジャックを待つピノコはリハビリルームでオルガンを弾く14、5歳の少年と知り合う。天才的なピアノの才能を持つ彼はこのみが受け持つ患者のトリトン。3日後にシュタインが彼の右腕にロボットアームをつける手術を行うと聞いたブラック・ジャックは……。

    6 空飛ぶ病院            脚本:加藤陽一  演出:鈴木卓夫

    ブラック・ジャックとピノコはイギリスへ行こうとするが、ドイツの空港で出国許可が下りずに足止め。そこへ知り合いの形成外科医、西川史子が現れる。話を聞いた西川は一緒に出国しようと言いブラック・ジャックらを飛行機に案内する。その飛行機とは最新の医療機能を持つ、白拍子医師が開発したスカイホスピタル。お披露目でイギリスに行くという西川、白拍子と共にブラック・ジャックらも搭乗する。だが、飛行機は離陸して間もなく、テロリスト3人に占拠されてしまう……。

    7 百億円 命の約束         脚本:森田眞由美 演出: 吉村文宏

    中東のレストランでブラック・ジャックとピノコは医療器具の会社に勤める日本人男性と知り合う。店を出た後、ブラック・ジャックは暴行殺人の容疑で警察に逮捕されてしまう。この後、ピノコは先ほどの男を探し出す。男の名は蟻谷で、蟻谷は犯行時刻にブラック・ジャックと一緒にレストランにいたと証言。釈放されたブラック・ジャックはお礼の代わりにケガした時は必ず助けると蟻谷に約束する。この後、蟻谷は電車に轢かれて瀕死の状態に……。話を聞いたブラック・ジャックは蟻谷の入院する病院へ向かうが……。

    8 65年後の目覚め          脚本:手塚眞  演出:桑原智

    ブラック・ジャックとピノコは貨物船でイギリスへ入国する。その頃、古い炭鉱町の病院では、モリーンから安楽死の依頼を受けたドクター・キリコが患者の少年を診察。少年はモリーンの叔父のヒューで、年齢は80歳。65年前の爆発事故から意識が戻らず、年も取らないという。翌日、シュタイン博士らがヒューを研究したいとモリーンを説得。断られると医師団の1人、西川医師は手術して意識を戻す事を提案。西川はブラック・ジャックに患者を診察してもらうが……。

    9 心臓(ハート)の刻印       脚本:隅沢克之 演出: 竹内啓雄

    ニューヨークに降り立ったブラック・ジャックとピノコは、セントラルパークで見かけた車椅子に乗るキャサリンとバート総合病院のナースにドクター・ジョルジュの事を訊ねる。彼は何年か前に病院を辞めたらしく、キャサリンの息子で院長のビルなら行方を知っているかもしれないという。ブラック・ジャックが病院へ向かうと、ビルは彼の居場所を教える代わりに患者を治療して欲しいと条件を出す。そして、その患者が本間血腫だと教えられたブラック・ジャックは……。

    10 紐育(ニューヨーク)の奇跡    脚本:隅沢克之 演出: 吉村文宏

    銃弾が母の形見のペンダントにめり込み、死なずに済んだブラック・ジャックは病院へ行き、ビルと共にキャサリンの手術を行う。だが、ブラック・ジャックはキャサリンの心臓を見て手術を一時中断する。彼女の心臓は高性能な人工心臓で、表面には蛇の刻印と「ヒュドラ-KH0202」の文字。本間血腫は人工心臓に起因する虚血性疾患だったのだ。ブラック・ジャックはペンダントからマイクロフィルムがはみ出ている事に気付く。そして解析を頼むと信じられない事実が明らかに……。

    11 黒い医者の宿命          脚本:隅沢克之 演出: 吉村文宏

    ブラック・ジャックはドクター・ジョルジュに会うため、ピノコとカナダのレイジ・レイク湖畔へ。するとジョルジュの娘、ユリがブラック・ジャックらに発砲して威嚇。兄と勘違いしたらしい。ユリによれば、兄は父を殺そうとしているという。ユリはブラック・ジャックに病気の父を助けて欲しいとお願いする。ブラック・ジャックはジョルジュを診て、気管の穴を塞げば簡単に治る縦隔気胸と診断する。だが、ユリの兄も医者で、縦隔気胸と診断した彼が何度か手術しても穴は見つからなかったという……。

    12 オーロラの彼方に         脚本:竹内啓雄  演出:鈴木卓夫

    ブラック・ジャックとピノコは北極圏に近い山にあるジョルジュの研究施設へ向かう。ブラック・ジャックらは追って来る紅蜥蜴と蒼龍をまいて町に到着。翌朝、ブラック・ジャックらは山の中腹にあるジョルジュの山小屋を目指す。一方、紅蜥蜴と蒼龍は二手に分かれ、スノーモービルでブラック・ジャックの行方を追う。この後、ブラック・ジャックらは紅蜥蜴に見つかってしまう。ブラック・ジャックは反撃し、紅蜥蜴はスノーモービルごと大木に激突してケガを負う。ブラック・ジャックは彼女を放っておけず、背負って山小屋を目指す……。

    13 ピノコ、日本へ帰れ!       脚本:森田眞由美 演出: 西田正義

    アフリカのガボン共和国でブラック・ジャックとピノコは、父親の元に遊びに来ているシャラクと再会。ブラック・ジャックらは父親の家に泊めてもらう事に。この後、ピノコは食料品を配達するアルという少年と仲良くなる。そして翌日、ピノコは街でアルにそっくりの少年を見かける。その少年はヨハンという名前だった。ピノコがその話をすると、アルはヨハンが双子の弟、ニコだと告白。10年前に洪水で両親を亡くし、2人は別々の生活を余儀なくされたというが……。

    14 恐怖のフェニックス病       脚本:桑原智  演出:堀内直樹

    アーノル村にやってきたブラック・ジャックとピノコは村人にドクター・クーマの事を訊ねるが、誰も何も語ろうとしない。だが、村に来る途中で知り合ったマリーがクーマの所へブラック・ジャックらを案内。その直後、マリーの兄、ジルが姿を現し、母親が苦しみ出したと助けを求める。一行はジルの家へ向かい、クーマが母親を診察。母親は動脈血栓症で腸管壊死を起こしていた。ブラック・ジャックは家の中で緊急手術を行うが、終える寸前にめまいに襲われて倒れてしまう……。

    15 BJ父親の真実          脚本:手塚眞 演出:竹内啓雄

    マカオにやってきたブラック・ジャックはピノコをホテルに残して影三の屋敷へ。蓮花によれば、影三は脳卒中で3日前から意識がないという。ブラック・ジャックが手術準備のため、一旦ホテルに戻ると、ピノコが誘拐されていた。残されたメモを頼りに路地裏へ向かったブラック・ジャックは男たちに取り囲まれる。男らはブラック・ジャックをビルに連れ込み、マイクロフィルムを渡せと要求。ピノコは人質として捕らえられている。その時、男らの携帯に影三が亡くなったという連絡が入る……。

    16 破滅への挑戦           脚本:加藤陽一 演出:吉村文宏

    ブラック・ジャックとピノコは空港で警備員に声をかけられて空港ビルへ。そこで待っていたのは白拍子医師と西川医師。2人はブラック・ジャックにフェニックス病の患者を診て欲しいという。そして、スカイホスピタルの機内へ案内されたブラック・ジャックは患者を見て愕然とする。なんと患者は全満徳だった。付き添いの蓮花はブラック・ジャックと白拍子が満徳の治療と病気の研究をする事を依頼する。満徳を憎むブラック・ジャックは一度拒否するが、100億の報酬を条件に依頼を受ける事に……。

    17 命の尊厳             脚本:隅沢克之 演出:吉村文宏

    フェニックス病のウイルスを機内に蔓延させたまま、飛行を続けるスカイホスピタル。ブラック・ジャックは犠牲者が増えないよう、白拍子へ指示して行き先を東京から北極へ変更させる。ブラック・ジャックはクーマから送られたデータを分析し、フェニックス病の原因であるBOPの発電特性をなくせば、病状が治まるという考えに達するが、ついに彼自身にもフェニックス病の症状があらわれ、倒れてしまう。その時、防護服を着た蓮花と蒼龍がスカイホスピタルに現れ、ブラック・ジャックと白拍子に銃口を向ける……。

UP

マンガ