キャラクターキャラクター

大のクラシック好きだった手塚が、思い入れ深いベートーヴェンの向こう見ずな青年時代を、マンガ的奔放さで描いた注目すべき遺作の主人公、ルードウィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。幼少期から音楽の英才教育を受け、6歳で演奏を新聞に賞賛されたさいフランツに殴られ以後後遺症に苦しみ聴覚の喪失を恐怖。なおドイツ読みでは「ルートヴィヒ」なのだが、わが国での通称に従ってこの表記を用いたという。


主な出演作品

TAG