アニメアニメ

作品紹介

電力会社のPR用スペシャルアニメのコンペに出品した作品ですが、残念ながら採用はされませんでした。なぜコンペで落選したのかというと、理由は明白です。これは資源の枯渇した地球を舞台にした物語だからです。地球の資源を膨大に使用する電力会社にとって、これほど耳の痛い設定もないでしょう。しかも主人公に拾われた女の子のロボットは太陽の光を蓄えてエネルギーに変換する、というロボットなのです。つまり電力会社なんかいらない、というロボット。さらにその可愛い女の子の姿のロボットが宇宙に作られていた太陽発電装置を守るために自爆してしまう、というのだから、コンペで落選しても当然でしょう。電力会社がスポンサーだとわかっていて、敢えてこういう内容の作品を、原案、脚本、作画からナレーションまでこなして作ってしまうのですから、手塚治虫は確信犯です。

クレジット

(C)手塚プロダクション
手塚プロダクション/1987年/6分17秒/カラー

キャスト

ナレーション:手塚治虫

スタッフ

原作、脚本、作画、演出:手塚治虫

こちらもオススメ