ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > ミテ☆ミテ > 【ブラック・ジャック40周年記念特別企画】原案使用企画 選考・・・

ミテ☆ミテ

  • 【ブラック・ジャック40周年記念特別企画】原案使用企画 選考結果発表! 

  • (2012/07/27)

  • 【ブラック・ジャック40周年記念特別企画】ブラック・ジャック原案使用 感動の医療体験談 選考結果発表!

  • 「ブラック・ジャック 原案使用 感動に医療体験談募集」に沢山のご応募を頂き、大変ありがとうございました!厳正なる審査の結果、以下の6作品が優秀作品として選出されました。

    ・「黒スーツの人命救助」 山田新 (医療機器メーカー社員・福島県)
    元・医者志望の医療機器メーカー営業マンは、薄れゆく医療への志に戸惑っていた。そんな中、東日本大震災が発生する。 混乱を極める福島県の避難所で心臓発作の患者を前に、青年は初任給で買った自社製AED(自動体外式除細動器)を取り出す。

    ・「死者の入れ歯」 國分善政 (歯科医師・千葉県)
    「死んだ主人の入れ歯を作って欲しい。」深夜に歯科医院を訪れた老婆が言った。葬式は明朝。夫があの世で好きなカツ丼を食べられるように入れ歯を作って欲しいという老婆の願いを受けて、歯科医師は死者の入れ歯作りに挑む。

    ・「まもりたいもの」 武井和也 (医師・東京都)
    若い外科医が出会った老夫婦。妻は末期の肝臓がんで二人は寄り添い最後のときを過ごす。「余命1週間」と医師は夫に伝え口止めするが、夫はそれを妻に伝えてしまう。抗議する医師を夫は「お前に何が分かる!」と一喝する。

    ・「少年の選択」 長尾成敏 (医師・岐阜県)
    10歳の少年を蝕む食道がん。抗がん剤治療が功を奏して、生存への一縷の望みを見出したものの、少年は残酷な選択を迫られる。食道切除による小さな体か、放射線により背骨の湾曲か。両親にも選べない決断を少年は下す。

    ・「私の感動体験」 才木舞 (看護婦・兵庫県)
    若手看護師が緊急の帝王切開手術に携わる。無事元気な男児を出産した妊婦は偶然にも、数年前に看護師がその臨終に立ち会った男性の娘だった。一つの家族をめぐる生命の最後と生命の誕生、受け継がれる命の目撃談。

    ・「嵐の中の緊急手術」 町田宏 (医師・佐賀県)
    未熟児で生まれた赤ちゃんの容態が急変。至急、大病院での手術が必要だが、そこは大都市から遠く海を隔てた離島だった。生憎の台風で空路が遮断された中、若き医師と医療従事者たちは、小さな命を救うため手術に挑む。

    選ばれた皆さんには賞金10万円を進呈!また特典として受賞作品を新たなる「ブラック・ジャック」として漫画化致します!!

    ※漫画化作品は週刊少年チャンピオン又は別冊少年チャンピオン誌上に掲載され、のちに単行本化されます。受賞者には掲載誌と単行本を進呈いたします。
    ※なお、今回ご応募いただいた方には記念品を進呈いたします。

    誌上への掲載は、今年の冬以降を予定しています。
    作品が掲載されるのをどうぞお楽しみに!!


    主催:株式会社手爛廛蹈瀬ション/株式会社秋田書店
    共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
  •  

  • コメント一覧
  • ふゆみ さん  2012/07/29 16:47:48
  • ブラックジャックの新しい作品がこのようにして読める機会ができて、とてもうれしく思います。

    選ばれた6人の経験談をぜひともブラックジャックの漫画で拝見できることを楽しみにしています。

    素敵な企画をありがとうございます。
  • 表示件数:
  • 1 

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース