ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > 記念館企画展 > 第58回企画展 日本SF作家クラブと手塚治虫・・・

記念館企画展

  • 第58回企画展 日本SF作家クラブと手塚治虫

  • (2013/01/08)

  • 次回(第58回)企画展 開催予定

  • SFWJ 50th anniversary 「日本SF作家クラブと手塚治虫」

    <会 期> 2013年3月1日(金)〜2013年6月24日(月)
    <休館日> 毎週水曜日(ただし、3月20・27日、4月3日、5月1日は開館)

     かつて空想科学と呼ばれたSFは、私たちに未来の姿を見せてくれるエンターテインメント、SFは未来が見えるのぞき穴です。
     手塚治虫は少年時代にSF小説やSF映画から大きな影響を受け、デビュー当時からSF作品を好んで描いてきました。さまざまなジャンルにわたる手塚作品の中でもSFは大きな柱となっています。
     その手塚治虫がマンガ家としては最初の会員となった「日本SF作家クラブ」が2013年3月に創立50周年を迎えます。手塚治虫は忙しい仕事の合間を縫ってクラブのイベントに参加し、虫プロダクション製作のアニメラマ「千夜一夜物語」(1969年)ではクラブのメンバーがモブシーン(群衆シーン)の声でエキストラ出演したこともありました。
     本展では、手塚治虫と日本SF作家クラブのつながり、「ロストワールド」「メトロポリス」「来るべき世界」のSF三部作や、SF作家たちにも影響を与えた「ライオンブックス」シリーズなど手塚SFの名作の秘密、そして、手塚治虫も参加してSFの世界を現実のものとして現出させた1970年の大阪万博(EXPO’70)という3つのテーマで、SFと手塚治虫マンガの魅力に迫ります。


    ※その他の詳細は後日発表します。
  •  

  • コメント一覧
  • Ciao さん  2013/01/09 00:05:25
  • 海野十三を読むとテンポやシーンに於いて20年代手塚作品が浮かんできます。
    その影響たるや多大なものであると想像します。
    手塚先生は漫画の神様でありにSFのプリンスであると思っています。
    めっちゃ楽しみにしてます。
  • 表示件数:
  • 1 

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース