ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > イベント/舞台 > osamu moet moso 新宿・マルイワン・・・

イベント/舞台

  • osamu moet moso 新宿・マルイワン

  • (2010/12/10)

  • いよいよ本格始動開始!!

  • 「osamu moet moso」は、秋葉原・東京アニメセンターのプレイベントを経て、いよいよ本格的に巡回を開始いたします。
    記念すべき第1回は、新宿マルイワンでの開催となります。参加クリエイターのサイン会、新商品も予定しておりますのでお楽しみに!!

    開催場所  新宿マルイワン 1Fイベントスペース(展示は別フロアになります) 

    会期  2010年11月1日(月)〜22日(月)

    店舗の営業時間等は、新宿マルイワンHPでご確認下さい。
    http://www.0101.co.jp/stores/guide/store060.html


    今回情報掲載していただいている参加クリエイターHPリンク先↓

    いとうのいぢ先生 公式サイト
    垣野内成美先生公式サイト
    高田明美先生公式サイト 
    吉崎観音先生 公式サイト

  • 限定フィギュア発売情報


  • 新宿マルイワンでの開催に合わせて、お馴染みのソフトビニールフィギュアが数量限定での発売が決定しました。
    丸みを帯びたラインは、萌えの原点でもあるフォルム。made in Japanにこだわったスタンダード版アトム最終バージョン満を持して発売。

    商品名  ソフトビニールフィギュア アトムスタンダード メタリックカラーバージョン

    価格  10.500円(税込)

    限定数量  100体
         新宿マルイワン 限定50体/公式オンラインショップ 限定50体

    発売日  2010年11月1日(公式オンラインショップでは11月3日発売)

    購入に関してのご注意。下記の条項に関して、予めご了承下さい。
    ※数量限定の為、お一人様一点までのご購入とさせていただきます。
    ※不良品以外の交換はいたしません。パッケージの傷や凹み等での交換は出来ません。
    ※掲載画像の転載は禁止しております。
  • 参加クリエイターによるサイン会情報


  • 美樹本晴彦 サイン会

    会期    2010年11月7日(日)
    会場    新宿マルイワン1Fイベントスペース
    時間    15時開始予定

    サイン会参加方法
    開催期間中会場内にて商品を税込3000円以上お買い上げのお客様先着100名に、整理券を進呈。整理券と引き換えで、サイン会会場にて直筆サイン入り色紙を美樹本先生より手渡ししていただきます。

    美樹本晴彦先生のサイン会整理券の配布期間は、11月1日〜7日正午までとなります。また、先着100名様に達した時点で、期間中でも配布は終了となります。予めご了承下さい。

    下記注意点は事前にご確認下さい。
    ※サイン会に参加できない方には色紙はございません。
    ※サイン会の時間は、15時〜17時を予定しております。(先着順に参加時間が決定致しますので、時間に余裕をもってお越しください。)
    ※当日必ずご参加頂ける方のみご予約をお願い致します。
    ※インターネット等のオークションへの出品等目的の方はお断りいたします。また、発見した場合は、サイン会への参加をお断りさせていただきます。
    ※当日のサインは、特製イラスト入り色紙にのみ行います。その他のものへのサインは一切行いませんのでご了承ください。※整理券は、基本1人一枚とします。
    ※サイン会当日は、現地の整理列にお並びになってお待ち下さい。当日不明な点は、現地スタッフにお問い合わせ下さい。


  • 垣野内成美 サイン会

    会期    2010年11月14日(日)
    会場    新宿マルイワン1Fイベントスペース
    時間    15時開始予定

    サイン会参加方法
    開催期間中会場内にて商品を税込3000円以上お買い上げのお客様先着100名に、整理券を進呈。整理券と引き換えで、サイン会会場にて直筆サイン入り色紙を垣野内先生より手渡ししていただきます。

    垣野内成美先生のサイン会整理券の配布期間は、11月8日〜14日正午までとなります。また、先着100名様に達した時点で、期間中でも配布は終了となります。予めご了承下さい。

    下記注意点は事前にご確認下さい。
    ※サイン会に参加できない方には色紙はございません。
    ※サイン会の時間は、15時〜17時を予定しております。(先着順に参加時間が決定致しますので、時間に余裕をもってお越しください。)
    ※当日必ずご参加頂ける方のみご予約をお願い致します。
    ※インターネット等のオークションへの出品等目的の方はお断りいたします。また、発見した場合は、サイン会への参加をお断りさせていただきます。
    ※当日のサインは、特製イラスト入り色紙にのみ行います。その他のものへのサインは一切行いませんのでご了承ください。※整理券は、基本1人一枚とします。
    ※サイン会当日は、現地の整理列にお並びになってお待ち下さい。当日不明な点は、現地スタッフにお問い合わせ下さい。


  • 村田蓮爾 サイン会

    会期    2010年11月21日(日)
    会場    新宿マルイワン1Fイベントスペース
    時間    15時開始予定

    サイン会参加方法
    開催期間中会場内にて商品を税込3000円以上お買い上げのお客様先着100名に、整理券を進呈。整理券と引き換えで、サイン会会場にて直筆サイン入り色紙を村田先生より手渡ししていただきます。

    村田蓮爾先生のサイン会整理券の配布期間は、11月15日〜21日正午までとなります。また、先着100名様に達した時点で、期間中でも配布は終了となります。予めご了承下さい。

    下記注意点は事前にご確認下さい。
    ※サイン会に参加できない方には色紙はございません。
    ※サイン会の時間は、15時〜17時を予定しております。(先着順に参加時間が決定致しますので、時間に余裕をもってお越しください。)
    ※当日必ずご参加頂ける方のみご予約をお願い致します。
    ※インターネット等のオークションへの出品等目的の方はお断りいたします。また、発見した場合は、サイン会への参加をお断りさせていただきます。
    ※当日のサインは、特製イラスト入り色紙にのみ行います。その他のものへのサインは一切行いませんのでご了承ください。※整理券は、基本1人一枚とします。
    ※サイン会当日は、現地の整理列にお並びになってお待ち下さい。当日不明な点は、現地スタッフにお問い合わせ下さい。

  • 新商品情報 20101022


  • ありそうでなかったポストカードとクリアファイルが、新宿マルイワンで発売になります。

    11月1日発売

    ・osamu moet moso ポストカード (12種)    各157円(税込)
    ・osamu moet moso ポストカードセット(5枚セット) 吉崎観音スペシャル    525円(税込)

    11月5日発売予定

    ・osamu moet moso クリアファイル(12種)    各367円

    ポストカードセットの吉崎観音スペシャルには、このセットで初めて目にするビジュアルが!!
    Tシャツ、ランチバッグも発売予定ですので、お楽しみに!!

    ※ クリアファイルに関しては発売日が若干遅れる可能性がございます。

  • 美樹本晴彦先生 サイン会 特別枠 情報!!


  • 現在新宿マルイワンで開催中の「osamu moet moso」から、東京アニメセンターオフィシャルショップに特別プレゼント企画!!

    新宿マルイワン「osamu moet moso」開催記念 美樹本晴彦サイン会
    アニメセンターオフィシャルショップ特別枠が確保できました。しかも何と、先着50名様!!

    参加条件は下記の条項をお読みの上、ご来店下さい。

    《美樹本晴彦サイン会 参加条件》

    ・アニメセンターオフィシャルショップにて、11月3日〜7日正午までにレジにて3000円以上のお買い物をしていただいたお客様に整理券をお渡しします。
    ・整理券はお一人様一枚になります。
    ・サイン会は、新宿マルイワンにて、11月7日15時から開催します。
    開始時間までに現地の整理列にお並びください。番号順に並んでいただきます。

  • イベント会場風景

  • 新宿マルイワンのDMは4種類あるんです!


  • 無茶をしました4種類。
    会期毎に増えたりすることはあるんですかねぇ・・・。
  • これが吉崎観音スペシャルだ!


  • 新宿マルイワンから発売になったポストカードですが、「吉崎観音スペシャル」ってなんぞや?と思った方もいらっしゃると思いましたので、携帯シャメでパシャリ。
    画像荒くて申し訳ないですが、単体のアトムくん5枚セットになっております。5枚・・・5枚?単体売りは4種のアトムでしたが、スペシャルには、特別にもう1枚イラストが封入されています!
    実にいやらしく隠していますが、実物は新宿マルイワンでお確かめ下さい。

  • 垣野内成美先生 サイン会 アニメセンター特別枠確定!


  • 新宿マルイワンで開催中の「osamu moet moso」から、東京アニメセンターオフィシャルショップに特別プレゼント企画第2弾!!

    新宿マルイワン「osamu moet moso」開催記念 垣野内成美サイン会
    アニメセンターオフィシャルショップ特別枠が確保できました。しかも今回も何と、先着50名様!!

    参加条件は下記の条項をお読みの上、ご来店下さい。

    《サイン会 参加条件》

    ・アニメセンターオフィシャルショップにて、11月11日〜14日正午までにレジにて3000円以上のお買い物をしていただいたお客様に整理券をお渡しします。
    ・整理券はお一人様一枚になります。
    ・サイン会は、新宿マルイワンにて、11月14日15時から開催します。
    開始時間までに現地の整理列にお並びください。番号順に並んでいただきます。

  •  

  • コメント一覧
  • ゆうきますみ さん   2010/12/02 21:33:31
  • >Nickyさん。反応の文面をありがとうございます。
    「大変失礼な行為をしてしまったかな」と不安になっていたので安心しました。

    ・・・う〜〜ん。コラボレーション自体が非常に難しいのは承知なのですがこの企画は、
    原作ファンというよりは、執筆クリエイターのファンがターゲットになってしまっています。

    明らかに原作の手塚先生がおいてきぼりにされており、主旨が本末転倒しているのと、「サイン会実施」まで・・・は疑問になりましたし、この企画で痛感したのは「表現の自由やパロディの難しさについて」です。「原作を意識しつつどこまで良い方向に裏切る描写ができるのか」という、一見矛盾する行為ですが、これが「他者の作品を扱うこと・同人活動」の難しさと楽しさの特徴なんです。
    あんまり原作すぎても「妄想する」意味がなくなり、
    かけ離れすぎてもイメージ崩壊、となり、さじ加減が非常に難しいんですね。

    私は他人の作品を扱う場合、著者が意識した「源」を知ることから始めています。
    ですが、ここまでやっても他人からは「この絵は違う!」となるか、「原作に忠実すぎて面白くない!」のどちらかに分かれます。たぶん「虫ん坊」の私のイラストも、上のどちらかにしかなっていないと思います。

    なので、こういったものはもう「邦楽・洋楽の名曲カバー」と同じようなものと受け取り、
    カバーはカバーとして割り切って鑑賞すべき概要かもしれません?

    長くなりましたが、私も各参加クリエイター様には敬意を払いたい概要は、ご理解下さい。
    こちらも原作ファンゆえに公式様へ厳しい文面となってしまったこと、ご容赦頂けると幸いです。


    追伸:海外の音楽事情は少し知っています。
    私は洋楽でも、ダンスミュージック(ユーロ・テクノ)系を聴いていて、普段はリスナー派ですが、アーティスト来日のイベントに参加したこともあり、オーディエンス側との両者でクラブ自体が作られ、盛り上がってゆく仕様で、両者の距離が非常に近く、楽曲がオーディエンス(リスナー・踊り手)側からのアイデアで良い方向へ発展が広がる、という音楽も珍しいので、以前からずっと好きです。
    このような概要が一番理想的ですが、Nickyさんのとおり「手塚先生が故人となってしまっている」ので、難しいのは承知ですが、参考にして頂きたい文面で、すごく共感しました。
  • Nicky さん   2010/12/01 18:13:49
  • ゆうすうーさんは大変恐縮されていたみたいですが、私もご意見に同感です。やはり手塚先生のオリジナルにひきつけられたいちファンとしては、もう少し原作にもとづいた企画・商品制作をお願いしたいのです。もちろんこのイベントに参加された漫画家の先生がたには敬意を払いたいと思います。それでも最近の公式の企画には、ときとして首をかしげてしまうものがあります。あまり商業主義に走ると、逆にオリジナルの魅力をファン以外に伝えていく際の障害になってしまうのではないでしょうか。コラボレーションにしても、手塚先生の持つ精神、たとえば風刺性などと相入れない(単に有名な音楽会社と組んだだけなど)のものにはがっかりさせられてしまいます。
    私個人は洋楽好きなのですが、ミュージシャンの中には自分たちでアートワークや経営・グッズ制作などを厳格に管理している人たちが結構います(イギリスのレディオヘッドなど)。一方でそうしたミュージシャンはファンへの発信やファンの参加(たとえばプロモーションヴィデオの募集)を活発にすすめています。手塚先生がすでに故人であることを考えると、安易に比較するのは勝手かもしれませんが、いくらか参考にしてくれたらと思います。そうでなけば、公式のかたがたに対してファンは尊敬の感情をもてなくなります。こちらとしては、手塚作品に強い影響を受けたので、ついつい厳しい意見になってしまいましたが、なにとぞご容赦ください。
  • ゆうきますみ さん   2010/11/30 18:33:30
  • この企画について単刀直入な印象の文面になりますが、
    各クリエイターさんの独特さは素晴らしいですし、これはこれでとても貴重な創作物ですが、正直、手塚先生の描写を読んだあとや、公式のOVAやアニメ、手塚治虫記念館の展示物を観たあとで、この企画を観ると、「原作のイメージが少し崩壊してしまった」・・・というのが厳しい感想です。

    大変申し訳無いです(><。)

    現代風の描写系・各プロの作家様風にアレンジされている点はすごく良いのですが、こういう概要は、原作イメージ崩壊と紙一重な危険性もあるので、企画発動の時点で「う〜〜〜ん;」となっていて、「妄想する企画」よりも「公式で原作イラスト使用のグッズを沢山作って欲しい」というのが、個人的な本音です。

    ですが、良い部分も沢山あって、たぶん、「現代の子供・大人にとっつきやすく、かつ、原作を読む機会が多くなるため」という公式様の意図もあるだろうし、実際に現代の未成年者〜成人者は、読む人が少ない・知らない。とか、手塚先生作品で同人活動をされている人が少ない(ほぼいない)ので、そういう概要から企画が発動されたのだろう、というのは理解できます。

    多々、厳しい意見を書きましたが、楽しめる人は沢山いらっしゃると思うので、
    あくまで「一般人の個人から見た印象の文面」として解釈して頂けると幸いです。
    大変失礼いたしました。
  • 表示件数:
  • 1 

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース