TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

虫ん坊 2012年11月号 オススメデゴンス!:「くるします・いぶ」

12月といえば、やっぱりクリスマス。

クリスマスネタで1編、手塚治虫作品でなにかないかなー、と探してみたところ、ちょっとヒネったこの作品がありました!

「クリスマス? 特に予定ない……」という人ほど胸がすく!? ナンセンスギャグマンガです。



解説:

『くるします・いぶ』は、『漫画サンデー』1969年12月31日号に掲載されました。




読みどころ:


虫ん坊 2012年12月号 オススメデゴンス!:「くるします・いぶ」(『フースケ』 所収)

 『くるします・いぶ』は、そのタイトルから察する通り、作品自体がダジャレから発想されたような、まさに肩の力を抜いて楽しめるナンセンス・マンガです。


虫ん坊 2012年12月号 オススメデゴンス!:「くるします・いぶ」(『フースケ』 所収)

 おなじみの主人公・フースケがクリスマスの夜にサンタ(といっても、聖なる大学のゲバ学生サンタ)からもらった馬は、人のツケを追い回す「ツケウマ」でした。最初は閉口していたフースケも、共同生活を続けるうちに、この「ツケウマ」の有効な使い方を思いつきます。それは、競馬に出してツケのある騎手を追わせ、必ず2着になる競馬馬に仕立て上げる、というアイデアでした。


虫ん坊 2012年12月号 オススメデゴンス!:「くるします・いぶ」(『フースケ』 所収)

 『フースケ』シリーズといえば、これといった特徴もない主人公・フースケの日常に、とんでもない非日常が飛び込んでくる、というのがよくあるパターンですが、この「ツケウマ」などは、そもそもクリスマスプレゼントに馬をもらう、という違和感からしてもうナンセンス。そして、どうせなら…とそれをギャンブルの道具にしてひと儲けしようとするフースケの浅ましさなどは、まさに『フースケ』シリーズの笑いどころであると同時に、そのいじましさにどことなく共感を覚えるような、何とも大人向けらしいほろ苦さがきいています。



虫ん坊 2012年12月号 オススメデゴンス!:「くるします・いぶ」(『フースケ』 所収)

 なお、冒頭であえてダジャレについて取り上げたのは、この作品のラストがやはり大ネタのダジャレで締められるからです。よってここは、素直に日本人であることに感謝しつつ、このナンセンス・マンガを楽しんでもらいたいと思います。

 







戻る