月を見るの、大好きなんですね。
 街を歩いていて、夕暮れ時に空に月を見つけると、それだけで嬉しくなります。
 車を運転中に前方に月があると見とれてしまうので、ちょっと危険なんですが。
 心理学者は月を女性に、太陽を男性に象徴して見ることがありますが、月と太陽、なかなか良いカップルです。
 人のタイプでも、太陽的なヒトと月的なヒトがいますね。手塚治虫は、もちろん太陽だと思いますよ。みなさんにとって。
 描いてきた漫画も、太陽のように心を明るく照らし、良いエネルギーを与えてくれる。 もちろんたまには月のような漫画にもチャレンジしていましたね。
 『ばるぼら』とか『人間昆虫記』のような作品は、月のイメージ。
 本人の言葉を借りれば「暗い」。
 でもそれは月の涼しげな明るさのようで、ぼくは好きですね。
 ぼくも映画監督をしていますから、十分に太陽っぽいんです。
 何だか、いつも身体の中がカッカッと燃えている感じがするんです。
 熱いんですよ。
 そう見えないかもしれませんが。
 夏なんか、自分が熱くて汗ビッショリになっちゃう。
 だけど、ぼくは父以上に月に憧れていますね。
 だから作品は、自ずと月っぽいんです。正確にいえば、月に憧れた太陽の作った作品、という感じ。本当に感性が月のヒトの作品とは、ちょっと違うかもしれませんね。
 月っぽいのって、どんなのかって?
 言葉にすると誤解があるかもしれませんが、夜や闇のイメージ、神秘的、静的、繊細、アンニュイ、ナーバス、エキセントリック、そして心の内側を覗いたり、そこに入り込んだりする性質のこと。
 手塚治虫は、どちらかといえばそういうのあまり好きではなかったみたいです。
 映画の趣味も、そこで分かれましたね。
 デビッド・リンチ監督の『ブルー・ベルベット』という奇妙な映画があります。ぼくはけっこう好きなんですが、父は「おれ、ああいうの嫌い」ってハッキリいってました。
 デニス・ホッパーが『F××K!』とかって叫びながら、画面からパッと消えてしまうところがあるんですね。消えるといっても、つまり家の中から出かけて行ったということで、車の走り去る音が続くんです。映画の専門用語で「ジャンプカット」っていうんですけど、ぼくがそこが新鮮だったっていうと、父は「安っぽいよ」って。
 きっと学生映画みたいに見えたんじゃないかな。
 太陽のヒトらしい意見でしょ?

ヴィジュアリストとしての手塚眞の活動やエッセイが読めるのはこちらです。
よかったらどうぞ。
http://www.neontetra.co.jp

BACK