次の虫ん坊虫ん坊:2010年1月号以前の虫ん坊 虫ん坊:2010年1月号

投稿:虫ん坊読者の広場

 あけましておめでとうございます! 今年も「虫ん坊」をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 今月もご投稿、ありがとうございました! まだまだ件数は少ないですが、力作ぞろいで、スタッフ一同、とっても楽しみにしています!

 これからもさまざまなテーマの投稿を募集します。12月号から募集を開始した「手塚プロにリクエスト!」と「手塚川柳」も引き続き募集していますので、冬休み中にひらめいたあなたはぜひ、どんどん投稿してください♪



投稿


特集1:TEZUKA MEETS HAKOSHI 誕生秘話 キッカワケイタさんインタビュー

 手塚治虫は生涯に15万ページもの原稿を描いた、といいますが、その原稿上で活躍しているキャラクターも、ものすごい数になると思います。

 アトム、ブラック・ジャック、レオ…ひとりひとりが個性豊かで、なんとも魅力的。

そんな手塚キャラクターにアツい視線を浴びせているのは、ファンだけではありません。デザイナーや、クリエイターの方も同じように、キャラクターに関心を寄せています。

 最近、手塚キャラクターとコラボレーションし、新たな魅力を引き出そう、という取り組みが盛んですが、今回絵本として発売された『キュービック・アトム』もそんな取り組みのひとつです。

 今回の虫ん坊では、『鉄腕アトム』とのコラボレーション作品『キュービック・アトム』のキッカワケイタさんにお話を伺いました。


特集1


特集2:手塚治虫ファン大会2009 研究発表者インタビュー 研究発表「手塚少女マンガのナゾ」 扇谷正敏さん

11月7日(土)渋谷シダックスホールで開かれた「手塚治虫ファン大会2009」。今年初の試みとして、ファンの方による手塚治虫をテーマにした研究発表が披露されました。

虫ん坊では、研究発表をされたお二人のファンにインタビュー、研究発表後の心境などを聞きました。

1月号では、「手塚少女マンガのナゾ」のタイトルで発表をした扇谷正敏さんのお話を紹介します!



特集2


オススメデゴンス!:2010年1月号「勇者ダン」

 あけましておめでとうございます! 今年は寅年! ということで、オススメデゴンスにも、トラのダンくんにご登場いただくことにしました。

 このダン、性格は結構「男だぜ」という感じですが、見かけがかわいいー! 目が大きくて、ふさふさしていて、思わず触りたくなるかわいさです。

 年男…いやいや干支男のダンが気になった方はぜひ、『勇者ダン』を読んでみてね!


 

(手塚治虫 講談社刊 手塚治虫漫画全集『勇者ダン』あとがき より)

  ぼくには動物を主人公にした物語がやたらにあります。「ジャングル大帝」のライオンをはじめ、犬、猫、ネズミ、兎、狐、象、イルカ、鳥、魚、虫にいたるまで。トラはこの「勇者ダン」と「タイガーランド」。それにテレビの「プルルくん」。
  トラは陸上の猛獣ではいちばん強いのだそうです。インドにはかつてライオンが群棲していたのが、トラのために絶滅においやられたのだという説があります。トラは大好きですが、あの絵をかくのがやっかいなために、漫画、ことにアニメでは、あまり登場はしておりません。
  「勇者ダン」はまた、アイヌを主人公にした物語です。ぼくはアイヌをきわめてロマンチックに北方の果敢勇壮な民族としてあこがれていたのです。しかし、あとで悲惨な歴史と現状を知り、深く反省をしました。だけどコロポックルをはじめとして、アイヌの神話や伝承は大好きです。
  「勇者ダン」は、「白いパイロット」に続いて、「少年サンデー」に載ったのですが、最初から読者の反響が悪く、しかも締め切りが遅れっぱなしで、ついにこの作品のあと、しばらく干されるハメになりました。
  ぼくは、何度も仕事のうえで好調のときとドン底のときとをくり返していますが、「勇者ダン」の頃はやはり全体に低調で、自分でも方向を模索していた時期です。その原因は、やはりラジカルな劇画の台頭のためでしょう。








オススメデゴンス!


コラム:手塚マンガあの日あの時 黒沢哲哉 第8回:地上最大のロボットとアトム貯金箱

手塚治虫先生と、手塚マンガにゆかりのある地をぶらりお散歩。どんな出会いと発見があるでしょうか…。

連載期間17年! その間、ずっと人気トップを走り続けた『鉄腕アトム』。その『アトム』の歴史の中に、史上最高のお正月があったって知ってた!? 今回は、そんな、あるお正月の、あの日あの時をお送りします!!



コラム


編集後記:今月のひとこと

あけましておめでとうございます! ハッピー2010!
虫ん坊1月号、いかがでしたでしょうか?

昨年(といって、書いているいまはまだ12月ですが)大掃除をしたところ、
会社から未開封・製品版VHSが大量に出現しました。
キレイにダンボールに入っていたようですが、しまうところがない!
ただ捨てちゃうのは非常にもったいない・・・!

ちょっとばかしレアな作品もあるのですが、ほしい方はいらっしゃいますか?
もちろん、全部手塚アニメ。
英語版のOVA版「ブラック・ジャック」や「鉄腕アトム」などの珍しいものもあります。

いまやDVDの全盛時代ですが、VHSも味があっていいですよね・・・。

興味がある! という方は、ぜひ、虫ん坊あてに、送付に必要な以下の情報をメールで送ってください。

 

メールのあて先は:tezukaosamu-net-guide@tezuka.co.jp

●お名前
●ご住所
●お電話番号
●ほしいタイトル (複数選択可)


なお、希望が多い作品は抽選になります。その場合、当選連絡は発送をもって替えさせていただきます。


こんな作品が発掘されました・・・

日本未発売! 英語版VHS☆

  • ブラック・ジャック(OVA) 英語版(日本未発売!) 1~6巻セット
    (OVA版 ブラック・ジャックの、カルテ1~6がみられます)
  • 交響詩ジャングル大帝 英語版(日本未発売!) 1巻
      (音楽と映像でジャングル大帝の世界をつづった作品。ナレーション部分が英語)
  • 鉄腕アトム(ASTRO BOY) 英語版(日本未発売!) TAPE1  1巻
      (虫プロ版アトムの抜粋のようです。2エピソード入り)
  • 鉄腕アトム(ASTRO BOY) 英語版(日本未発売!) TAPE2  1巻
     (虫プロ版アトムの抜粋のようです。2エピソード入り)


DVDで見られないものも?!☆

  • ブラック・ジャック(劇場版)
     (OVA版ブラック・ジャックの劇場公開エピソード。アトランタオリンピックの時事ネタに絡めた、見ごたえのあるストーリーです)
  • ブラック・ジャック(実写 本木雅弘版) 1・2巻セット
      (一番新しいブラック・ジャックの実写作品です。オリジナルストーリーもあり、なによりもっくんのB・Jはかっこいい!)
  • ブラック・ジャック(実写 隆大介版) 全1~3巻セット
      (激レア!? DVD化されていないけど人気作品! 特に草刈正雄演じるキリコ登場のパート3は必見です!)
  • 陽だまりの樹 全1~9巻セット
      (マッドハウスによる「陽だまりの樹」のアニメ化作品。原作にかなり忠実な絵柄が必見の逸品)
  • 陽だまりの樹 1~6巻セット
      (同上、ですが6巻までしかない!)
  • フィルムは生きている 手塚治虫伝 マンガ篇
     (手塚治虫の生涯を作品の名場面とともにつづった作品。先生ご本人の映像ももちろん、入っています)
  • ふしぎなメルモ(リニューアル) 全13巻
      (WOWOW向けに音声をリニューアルしたバージョンの、メルモの全話パック。DVDもBOXでそろえると結構しますヨ!)
  • マグマ大使(OVA) 5巻のみ
     (OVAの「マグマ大使」。なんとマグマの毛(本物)が付いてくる! ただし5巻だけ)
  • アニメヒロインベストコレクション (CD)1巻
     (こちらのみ音楽CD。「リボンの騎士」や「ふしぎなメルモ」の主題歌が収録されています。他社作品の歌も入っています。カラオケ大会の資料にいかが?)
  • イーコミックス版 ブラック・ジャック (CDロム) 1・2巻
      (パソコン版のCDロムで「ブラック・ジャック」が読めます。マンガです)


ご応募お待ちしております!


担当:いとう

バックナンバー

2010年 1月号(94)          
2009年 12月号(93) 11月号(92)        
バックナンバーは掲載当時の情報のため、過去の情報については保障致しかねます。あらかじめご了承ください。