ひろば

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ひろば > 【虫ん坊投稿】イチオシ手塚作品

弐九 さん
【虫ん坊投稿】イチオシ手塚作品
2010-04-18 17:42:56

イチオシ手塚作品は「処刑は3時におわった」です。
空気の底シリーズのなかの1話で、初めて読んだときの衝撃が忘れられません。
ラストも鳥肌もので、これ以上のタイトルが見当たらないです。

先生の大人向け短編は好きなのが多いです。

コメント 15 件

鉄腕トシ さん
2010-04-24 18:31:21
みなさん、すごい!

こなな さん
2010-04-29 14:45:06
弐九さん、私も秋田文庫で読んだので、てっきりシリーズに入っているんだと思っていました。さっきニュースのコーナーで確認したら、「処刑は3時に終わった」には「空気の底」と表記されていませんでした。「聖女壊妊」も秋田文庫に収録されているのに空気の底シリーズではないようです。

鉄腕トシさん、読み返してみたら名前らしきものが見つかったので、レーバー中尉というのではと勝手に推測しました。違ってたらすみません!
「ふたりは空気の底に」は突っ込みたくなる(?)ところもありますが、ラストのシーンがとてもきれいで。
ぜひあのシーンを描いてみたいのですが、なかなか時間がとれません(^_^;)
もし描けたら、投稿します(^。^)


鉄腕トシ さん
2010-04-29 18:14:32
ごめんなさい、その作品は、今は持っていないのではっきりとした場面は思い出せませんが、二人の体が重なり合うような?温かい場面のように記憶しています。こななさんの作品は温かいので、私の希望の意味が込められているのかもしれません。楽しみです!

こなな さん
2010-05-01 22:49:17
「ふたりは空気の底に」のラストシーンは、背景や、みどりのかぶっているベール(?)のようなものがなびいているところがお気に入りです(マニアックだな〜)。
最終話ということもあってシリーズのなかでは、一番「空気の底」というイメージが強いです。


鉄腕トシ さん
2010-05-02 16:36:54
ずいぶん前に読んで、二人が重なり合う?シーン(ラストの)ほんとに「空気の底」空気なのに冷たい、かなり悲しい世界があのシーンには、感じられました。
※コメントを入力するにはログインして下さい。

 さん