ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > 記念館企画展 > 2004/03/01〜2004/06/29 宝塚市立手塚治・・・

記念館企画展

  • 2004/03/01〜2004/06/29
    宝塚市立手塚治虫記念館開館10周年記念 火の鳥〜生命の輝き〜 展

  • (2004/03/01)

  •  

    期間:2004年3月1日(月)〜6月29日(火)
    会場:宝塚市立手塚治虫記念館

     2004年4月、手塚治虫記念館はおかげさまで開館10周年をむかえます。記念すべき10周年の最初を飾る今企画展では、手塚治虫が半生をかけて描き続けた『火の鳥』をとりあげ、手塚が絶えず唱えつづけた「生命の尊厳」を、作品内に登場する人物たちの行き方を通して、感じていただく展覧会といたします。

     『火の鳥』は今から50年前に初めて描かれました。その後も様々な雑誌に連載され、作品の執筆は手塚治虫のライフワークとなりました。人類の歴史を過去と未来から描いてゆき、現代で完結するという構想でしたが、残念ながら「現代編」は、描かれることがありまえんでした。

     『火の鳥』には太古の時代から遠い未来に至るまで、「不死」の血をもつ火の鳥を追い求める人々の姿が描かれています。人々は、権力を守るために、若さを保つために、愛する人を守る為に…、
     それぞれが自分の思う幸せの為に、『火の鳥』を求めます。しかし、そんな彼らの傍らでは、『火の鳥』とは無縁に、自分の生き方を貫き、死んでいく者たちがいます。
     真の幸せとは何なのか? 手塚治虫は『火の鳥』を通じて「生きる事」の意味を読者に問いかけます。

     今展覧会では、手塚治虫自身が描いた直筆原稿を中心に展示いたします。様々な時代に生きた登場人物たちの生き方をご覧下さい。

     また、今年の春から『火の鳥』の新作テレビアニメーションシリーズがNHKで放映されます。手塚治虫のライフワークを忠実に映像化し、ハイビジョンの高クオリティーを備えたアニメーションの映像、そして資料も、あわせて展示させていただきます。
  •  

  • コメント一覧

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース