ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > マンガ/出版 > 『親友が語る手塚治虫の少年時代』5/12発売!

マンガ/出版

  • 『親友が語る手塚治虫の少年時代』5/12発売!

  • (2017/05/12)

  • 和泉書院より『親友が語る手塚治虫の少年時代』が発売されました。
    本書は、2003年~2007年に開催された、手塚治虫の弟妹さんや同級生の方々の講演録をまとめたものです。
    弟の手塚浩さん、妹の宇都美奈子さん、池田附属小学校時代の同級生の大森俊祐さん、
    北野中学時代の同級生の林久男さん、岡原進さん、金津博直さん。
    関連コラムとして、手塚プロダクションの小林準治さん、「紙の砦」担当編集者の黒川拓二さん、
    手塚治虫の元サブチーフアシスタントの伴俊男さんのインタビューを収録。

    『親友が語る手塚治虫の少年時代』
    編著:田浦紀子/高坂史章
    A5判184ページ
    定価(税込):1,890円
    発売: 和泉書院(2017年5月12日)
    ISBN : 978-4-7576-0833-7 C0070
  • 紹介
    「僕は耕されていない荒れ地を歩くのが好きなんだ」
    インタビューに応じた手塚治虫は、旧友にそう答えた。
    漫画界のパイオニアは、いかにして育まれたのか。
    あの戦争の時代を共に過ごした同級生たちが語る手塚治虫の少年時代。

    目次
    第1章
    【講演録】手塚治虫の少年時代 大森俊祐(池田附属小学校時代の同級生)・手塚浩(実弟)・宇都美奈子(実妹)
    【コラム】手塚治虫の楠的想像力 小林準治(手塚プロダクション アニメーター)
    第2章
    【講演録】手塚治虫と昆虫 手塚浩・林久男(北野中学時代の同級生)
    【コラム】『昆蟲つれづれ草』について 小林準治
    第3章
    【講演録】写真とアニメで語る手塚治虫 岡原進(北野中学時代の同級生)
    【コラム】「紙の砦」を歩く~仁川の一里山健民修練所跡 田浦紀子(本書著者)
    第4章
    【講演録】紙の砦 手塚治虫と通年動員 金津博直(北野中学時代の同級生)
    【コラム】手塚番の熱い夏の日々 黒川拓二(元少年画報社「紙の砦」担当編集者)
    【コラム】歴史的に語る手塚治虫の少年時代 高坂史章(本書著者)
    第5章
    インタビュー 伴俊男(漫画家/手塚治虫の元アシスタント)

    【和泉書院のホームページの作品詳細】
  •  

  • コメント一覧

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース

UP!