ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > 手塚治虫記念館 > 阪急宝塚駅の出発合図音がかわります・・・

手塚治虫記念館

  • 阪急宝塚駅の出発合図音がかわります

  • (2014/03/08)

  • 宝塚線は「すみれの花咲くころ」に、今津線は「鉄腕アトム」に!

  • 阪急電鉄では、宝塚歌劇100周年を記念して、3月21日(金・祝)初発より、宝塚駅の出発合図音が宝塚線(梅田方面)は「すみれの花咲くころ」に、今津線(西宮北口方面)は「鉄腕アトム」にそれぞれ変更となります。
    阪急電鉄の駅では“出発メロディー”の採用は初めてになります。

    「すみれの花咲くころ」は、宝塚歌劇団の演出家・白井鐵造氏が訳詞をした、宝塚歌劇を代表する楽曲のひとつです。
    「鉄腕アトム」は言わずと知れた曲ですが、宝塚に記念館があり、手塚本人も歌劇が好きだったこともあって、今回出発メロディーに採用されました。

    また同じく宝塚歌劇100周年記念として「宝塚歌劇トレイン」の運行も始まりますが、その出発式を3月21日に、宝塚駅にて行います。
    当日は宝塚歌劇団花組の芹香斗亜(せりか・とあ)さんが、宝塚駅の1日駅長に任命され、宝塚市観光大使サファイアとアトムもお祝いに行きます。

    ○1日駅長任命式
    3月21日(金・祝) 12時50分〜
    阪急宝塚駅1階コンコース「G/コレクション阪急宝塚」前 広場
    ○「歌劇トレイン」出発式
    3月21日(金・祝) 13時20分頃〜
    阪急宝塚駅 3号線・4号線ホーム(梅田方面寄り)


    なお、詳細は阪急電鉄のホームページをご覧下さい。
  •  

  • コメント一覧

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース